FC2ブログ
02.16
Sat

IMG_6419.jpg
城ケ崎門脇灯台 2018年1月18日写す。以下同じ

IMG_6429.jpg
門脇つり橋

宿から近い城ケ崎海岸の遊歩道を歩いた。この辺りは国立公園だそうだ。
絶景が続いた。

伊豆高原にあるIHI という会社の健康保険組合経営の保養所に泊った。
時偶あちこちの安宿を探して泊まり歩くが、温泉などの楽しみを期待して
泊る訳ではなくその土地の四方の景色を求めるのが目的だとして
安宿を探すのが常。(本当はビンボウだから)まして会社の保養所、
期待などある訳がない。ところが驚いた。部屋は広くきれいでホテル並み、
食事も豪華、そのうえ安いのにビックリ。
IHI従業員向けの保養所だが一般の人も泊まれるというので伝を頼りに泊った。

IMG_6410.jpg
アロエ ユリ科

俗に“医者いらず”一時アロエブームがあった。健康には自信があったが
やはりテレビには弱い。テレビの強制的にも聞こえるアロエ効果の力説に
アロエを食べなければ明日にでも病気になるのではないかと不安に駆られ、
鉢植えを数鉢買って来て毎日食べた。
猛烈に苦かった。我慢を重ね一ケ月程は続いただろうか、あまりの苦さに
断念してしまった。我が意志の薄弱さに情けなく思ったのだろう止める
口実を考えた。
“我慢して食べたが体には特に変化はなかった。マスコミは実に無責任だ。
物事を誇大に報道し責任はうやむや。今に日本人はマスコミの餌食になる”
アロエの苦さに負け、食べるのを止めた口実にしては大袈裟だナと後で苦笑。


IMG_6411.jpg
ツルソバ(蔓蕎麦)タデ科

暖かい海岸近くに生える草だという。花が蕎麦の花に似ていて蔓のように
延びるので蔓蕎麦と名が付いたらしい。
暖かい地方では海からかなり離れた土手などにも生えている。 
春の若芽が美味しい。酸っぱくてスカンポのような味だがスカンポより
味が繊細で渋みが少ない。漬物にすると更に美味しい。
春の七草に入ってないのが不思議。昔の人は酸っぱいものが苦手だったのだろうか。
現代版“春の八草”にしたい!(笑)
同じ仲間のヒマラヤ山麓渡来の姫ツルソバは花がピンクで小型だがよく似ていて
可愛くてきれい。庭に植えられ石垣などに這っているのでお馴染みだが、蔓蕎麦
は植えているのを見たことがない、不思議。

IMG_6420.jpg
マサキ(正木) ニシキ科

ピンクの果皮が割れてミカン色の種が顔をだし可愛かった。
大袈裟だがよく目にするルネッサンス時代の絵、ビーナスの誕生を彷彿とさせる。
生け垣にヒイラギなどといっしょに植えてありよく見る木。
何の変哲もなく誰の目を引くこともない生け垣の木にこんな実がなるとは驚き。
関心がなかったのかも知れないが花も実も見たことがないような気がする。
名も知らなかった。家の近くの野川公園の係の人に教えてもらった。
海岸に生える木だったのだと始めて知った。

何かが割れて中から思い掛けないものが現れる、感動の極み。
例えば期待していなかったスイカ。割ってみたら真っ赤なジューシーな果肉。
桃太郎は桃から現れた。爺さん婆さんの驚きと嬉しそうな顔は挿絵でお馴染み。
能「殺生石」では真っ黒な溶岩が二つに割れ恐ろしい狐の妖怪が現れる。

能「殺生石」は五番目物と称する能。昔は能の会は五番立てだった。
五番立ては興行としては時間的に無理で今は能楽協会主催の式能だけになった。
一番目は天下泰平、国土安穏、五穀豊穣を祈願する神の能
二番目は男をシテにした能。武人の活躍と死後に落ちる地獄、修羅道の苦しみを
描く能が多い。
三番目「女能」、優艶に幽玄に女を描く。能の中心に置かれる。
我が国の思想では女は中心的存在。男は破壊し女は生む。男尊女卑の思想は仏教思想。
四番目物、分類しにくい能。狂い物、怨霊物、遊狂物などがあり人の苦しみの
根源を見せるものが多い。
五番目、能会の最後に演ぜられる。痛快にエンタメ的要素の勝った能が多い。
能の二番目から四番目には人の心の深淵を主題にしたものが多い。
観る方は己の経験を増幅させて観、心の負担は大きい。
五番目は心の負担からの解放を狙って作られたかのように思える。

人間は恐怖心を娯楽にしてしまうおかしな動物。
能「殺生石」は数ある恐ろしい能の代表格。
シテの怪物はその昔、西域の王の后になり王にすすめて千人の命を取り、
死して周王の后に生まれ変わり国を滅ぼした女。
我が国に生まれ変わり鳥羽の院の后、玉藻の前となり帝の命を狙う。

後見が大きな石の作り物を舞台正面に据える。
殺された玉藻の前の執心が石となったのだ。
所は噴煙が立ち昇り巨大な噴石が立つ荒涼とした那須野ガ原。
高僧、玄翁が通りかかる。いきなり能力が騒ぎ出す。空飛ぶ鳥が落ちて来るという。
見事な舞台設定に感じ入る間もなく“その石に近寄るな”と気味わるい女の声が
彼方から聞こえ、底気味悪い美女が姿を現わす。
女は石の前で、帝の命を狙うが露見、空を飛び那須野に逃げた顛末を語る。
女の語りは居クセと云い舞は無いが気味悪さが真に迫る。
小書き「女体」では舞クセでいっそう凄さが増す。
中入りに女は石の中に身を隠す。
玄翁の必死の祈りに、いきなり大きな石が二つに割れ妖狐が現れる。
見慣れていてもド肝を抜かれる場面。女は妖狐の化身だった。
妖狐はこの那須野ガ原で朝廷の追手に殺される様子を見せる。
隙間なく型が連続し、ある時は追手の武士に又は妖狐にこの曲だけの
型を交え舞う。その過激な舞に圧倒される。
小書き「女体」では緋の長袴姿で大半の過激な型を床几に掛かって舞う。
妖狐の恐ろしさに艶やかさが加わる不思議な美しさ。

殺生石

能「殺生石」の詳しい解説はこちら



≪能を観に行きませんか?≫

葵上3
能 葵上(あおいのうえ)

東京金剛会例会
平成31年3月16日(土)午後1時30分開演
会場 国立能楽堂 お問い合わせ TEL 0422-32-2796 山田

能 東北(とうぼく) シテ 金剛永謹
平安中期を飾った歌人、和泉式部を重厚にえがいた曲、王朝絵巻、 
幽玄能の第一

能 葵上(あおいのうえ)シテ 山田純夫
女の業と悲しみを描く名作

comment 0
02.09
Sat

IMG_6405.jpg
大室山 1月17日写す。以下同じ

宿に早く着き所在なさに名所を聞き大室山を教えてもらった。
首を傾げ疑いながら行った。大室山などとは聞いたことがなかったから。
ビックリ、まさに“一見に如かず”だった。
国指定天然記念物だと教えられ、なるほどと幾度も首を上下。
急峻な山頂を見上げたら足がムズムズ。リフトの係員に登山道を聞いたらないという。
天然記念物だから歩いての登山禁止、見つかったら手が後ろに廻ると脅された。
仕方なくリフトで登った。

IMG_6402.jpg
五智如来地蔵尊

ビックリお地蔵さんに出会った。大室山の火口の縁に鎮座ましましていた。
なんと九歳の少女の安産のお礼に建てたと書いてあった。
江戸初期、足柄岩村の網元の九歳の娘が懐妊、浅間神社に安産祈願、無事安産。
お礼にとお地蔵さんを真鶴石で作り強力兄弟が大室山の山頂に背負い上げた。
お地蔵さんの顔を見ていると、ほんとに九歳で?なんどの疑いなど湧かなかった。
今では縁結び、安産祈願で人気だとか。
真鶴石は貴重な石だったのだろう、真鶴の海岸には江戸城の石垣にも使われた
石切り場の跡が今でも威容を見せている。

IMG_6382.jpg
イソギク(磯菊)

花ビラがないおかしな花。花ビラは色華やかに虫を誘い受粉を助けて貰うものだと
思うが、12月が花盛りのイソギク、虫は既にサナギになって冬眠中なのにこれも変。
海岸の崖に群生していたが枯れ花の中に咲き残りがあった。
静岡県から千葉県の海岸だけに咲く地域限定の珍しい花だそうだ。

IMG_6388.jpg
ソテツ(蘇鉄)ソテツ科

幹や葉、花、実はまるでお伽の國の木か恐竜時代の木のよう。
実は怪獣の手のような綿毛の生えたふにゃふにゃに包まれている。
日本の木とは思えないが暖かい海岸近くや南西諸島に多いそうだ。
赤い実にはデンプンが豊富に含まれているが毒も含まれている。

南西諸島、奄美大島では水に晒して毒を抜き食べる。飢餓時代の名残だろう。
奄美大島は田んぼが少なくサツマイモに頼っていた。
サツマイモ好きの害虫がいた。害虫の寄生したサツマイモは苦くて食べられない。
農薬で駆除したが駆除できなかった。
サツマイモは朝顔科、ヒルガオや浜ヒルガオなどのヒルガオ科の植物にも
寄生して駆除できなかった。
天才は必要な時に現れる。寄生虫のオスに放射線を当て生殖能力を無くした放した。
人々は笑った。島中に飛び回っている数知れぬ害虫を見て見ろと。
数年後、害虫は姿を消した。

去年のNHK大河ドラマ「しぇごドン」に奄美大島に流された西郷さんのシーンがあった。
余談だが鹿児島では“せ”を“しぇ”と発音する、“先生”は“しぇんしぇい”
奄美は昔から砂糖の産地、薩摩藩は徹底的に島民を搾取した。
西郷さんはこの島で“愛加那”と結婚した。NHKドラマで島の娘姿の女優が当時の
姿を彷彿と可愛かった。

♪かなしゃるちゅうに、なちかさや。奄美娘が芭蕉の陰で、泣いて内地のカナを
カナを偲ぶ♪“カナは恋しい人、可愛い人の意だろう。
内地は島の遠く鹿児島や大阪、などを指す。
奄美出身の音楽家の作詞だそうだ。姉が歌っていたのを聞いて目を擦ったのを思い出す。
数十年前、縁あって初めて奄美を訪ねた。苦難の歴史を耐えた人々は優しかった。

IMG_6389.jpg
ツワブキ(石蕗)キク科

艶々した丸い大きな葉が目を引く。欧米の人達が珍しがるそうだ。
花期が過ぎて咲き残りを見つけた。やはりきれい。
畑で栽培している蕗は葉っぱがザラザラ。艶のある蕗、艶蕗が訛った名だという。
淡泊な味の蕗とは反対にコクがあっておいしい。
ぽっちゃりの花茎にぽっちゃりの大きい花が微笑む姿はぽっちゃり美人。
今の美人は痩せる技を求めて奔走するが昔の美人は“ぽっちゃり”が必須条件だった。
高松塚古墳の美人画もぽっちゃり美人。同じ頃の人、唐の玄宗皇帝の寵妃楊貴妃も
ぽっちゃり美人だっただろう。

安碌山の乱で長安の都を離れ逃れる途中、玄宗皇帝は兵士の不満の噴出を抑え切れず
寵妃楊貴妃の処刑を命じた。
安碌山の乱は楊貴妃の身内の楊国忠が横暴を極めたのを理由に起こした反乱だった。
兵士達は貴妃の身内をことごとく殺し玄宗に貴妃の処刑を迫った。

能「楊貴妃」では玄宗への恨みは寸分も語られず白居易の長恨歌を交え玄宗と楊貴妃の
愛の日々を歌い上げる。幽玄、優艶至上の名曲。
この能に玄宗皇帝は登場しない。楊貴妃を失った悲しみはワキの方士が語る。
方士は神仙の術を使う者で冥界も出入り自在。
貴妃の魂の在処を尋ねるよう玄宗に命じられた方士は蓬莱宮に貴妃の魂を訊ね当てる。
ワキの蓬莱宮への旅の様子の道行の謡、アイ狂言の蓬莱の者との問答を聞いて行くうちにいかな無信心でも神仙が住む蓬莱山の住人になってしまい、貴妃の麗姿を目の当たりに見て、貴妃の嘆き、玄宗との思い出を語る姿が真に迫ってくる。
生きている者、誰しもが行った事もない冥界に展開するドラマは途轍もなく壮大、
感動も桁違い。

楊貴妃
玄宗皇帝との愛の日々の思い出を語り、訪ねた証拠の簪を方士に与える楊貴妃

能「楊貴妃」の詳しい解説はこちら

comment 0
02.02
Sat
冬、戸外で咲く花は極々少ない。我が家のネズミの額は見るも哀れな有様。
♪庭の千草も、虫の音も枯れて寂しくなりにけり♪
そのいにしえ、姉が歌っていた唱歌を思い出す。
能「葵上」で「昨日の花は今日の夢と」と謡う。人の世の無常の例えらしいが
夢の在りし日の花の甦りを試みた。昔は写真などというものが無かったから
全くの夢だっただろうが今の世は映像が残せる。
然しこれも唯の映像で実物ではなく夢に変わりはない。

IMG_5973.jpg
モミジアオイ(紅葉葵)アオイ科 2018年7月30日写す

燃えるような赤い色に魅せられて頂いた。数十年咲いている。
頂いた自称、花爺はゴジカで午時花と書くと云った。名前が気に入ったと云った。
正午の燃える太陽と競うように咲くというのが名の由来だと云った。
どうもゴジカではないようだが自信たっぷりの顔が浮かぶので聞く人には
ゴジカだと答えている。別に詐欺を働いているわけではないし、爺さんの
顔を立てずにはいられないから。

IMG_5979.jpg
タカサゴユリ(高砂百合)和歌山県産 2018年8月6日写す

5,6年前、お伊勢参りを敢行した。敢行というのは穏やかではないが、
お伊勢参りは日本人の義務であるし寿命が延びるとお伊勢さん信奉者
でもある親しい先輩から勧められていた。暇ができるとどうしても足は
大好きな東北に向いてしまう。しきりの先輩の勧告に思い切って敢行した。
行ってよかった。いい処だった。景色はいいし、イセエビの刺身まで食べられた。
意外にも東北並みの安宿があったのは有難かった。
ついでに能によく登場する熊野三山にお参りした。伊勢神宮に近いと信じていた。
全くの大外れでとんでもなく遠かった。伊勢神宮は三重県、熊野は和歌山県だと
笑われた。熊野本宮近くの温泉宿に泊まった。昔、三熊野行幸の宿所だった
らしいが今は寂びれていた。宿近くでユリを発見、お目当てのササユリに違いない
と頂いて来た。過酷な条件にも耐え活着、花が咲いてビックリ、タカサゴユリだった。
悔しいが引っこ抜かないでいる。想い出だから。

高砂百合は鉄砲ユリに似ていてきれいだが、外来種で種でもはびこり在来種を追い払う
嫌われ者。駆除を奨励されている哀れな奴。
ササユリ(笹百合)は関西から西に咲くユリで自然のものは見たことがない
憧れの花。6月17日奈良、率川神社(いさかわじんじゃ)祭礼で4人の巫女が
頭に挿し、手にして舞うというゆかしい百合。

IMG_5838.jpg
ユウスゲ(夕菅) ユリ科 岐阜県産 

ヒノキを植えるために掘り返して今にも枯れそうだった。
多分、日光キスゲだろう珍しくもないが可哀そうだから持ち帰って
植えて置いた。ユウスゲだった。野草は強い、生き返って毎年花を咲かせる。
ユウスゲは夕方開花する不思議な花。
昔、夕菅は蝶々に失恋してその恨みに蝶々が活躍する昼間は咲かないのでは
ないだろうかと冗談を言ったら下手な冗談と馬鹿にされた(笑)。

里の土手などに咲くノカンゾウ、ヤブカンゾウ、海岸のハマカンゾウ、
山に咲く日光キスゲ、ユウスゲなどよく似ている。
花も若芽も美味しく味も似ている。花は酢の物がきれいで美味しい。
若芽は、おひたし、和え物、天ぷらが絶品。

IMG_5989.jpg
ギボウシ(擬宝珠)ユリ科 長野県産 2018年8月7日写す

かなり以前、盆栽に凝ったことがあった。木の盆栽は手を入れて形を作る。
センスが不可欠だ。我がセンスの無さに絶望、止めってしまった。
今は野山の草花を鉢植えにしている。植えっぱなしで手は入れない。
下手に手を入れると枯れてしまう。
自然、放任植栽だが味な姿を見せることがある。山に行くと珍しくもない花だが
貴婦人の姿に変身する。

東北ではウルイと呼ぶ主要な山菜。クセがなくアクもなくぬめりがあり美味しい。
ギボウシの名の由来は蕾が橋の欄干の擬宝珠に似ているからだそうだ。
開いた花も優雅で美しい。

源義経と武蔵坊弁慶が主従の契りを結んだのも擬宝珠に飾られた欄干が縁だった。
義経の一代記「義経記」、童話集風の「御伽草紙」をもとに作られた能「橋弁慶」
が面白い。
幼時の義経の名は牛若丸。化生のように神変奇特な牛若は夜更け京の五条の橋に出没、
欄干を駆け回り飛び回り、つわ者共を襲うという。
天下の豪傑、弁慶がこれを聞いて退治しようと五条の橋に行く。
少女に変装にて獲物を待つ牛若が可愛い。
弁慶は少女と思い込み心を許し通り過ぎる。いきなり牛若は弁慶の長刀を蹴上げ
挑発する。ビックリの弁慶の仕草に思わず吹き出してしまう。
牛若は子方が演ずるが、シテ弁慶と互角の活躍。
牛若は千人切りの殺人犯だがやはり判官贔屓、牛若に声援を送る。
子方牛若の奮闘がかわいいのだ。
能にもこうした童話風の、大人も子供も楽しめる能がある。

橋弁慶
“裾を払えば、躍り上がって足もためず、宙を払えば頭を地につけ、
千々に戦う大長刀” 弁慶の牛若の激闘

能「橋弁慶」の詳しい解説はこちら

comment 0
01.26
Sat

ネコの額と云いたいところだが、みすぼらしい狭い庭だから猫に申し訳ない。
だが色々な花が咲く。結構珍しい花も咲く。園芸種は好みではないが誰か
捨て行くので可哀そうだから植えている。

IMG_6334.jpg
ホトトギス(杜鵑草)ユリ科 奥多摩産 2018年11月27日写す

遅く山から帰り仮に鉢に放り込んで庭の片隅に埋めて置いた。
気が付くと茎がにゅうーと伸び蕾を持っていた。悪くないと掘り起こした。
ホトトギスは普通、花を2,3個、茎の先っぽにつけるが一個だけだった。
一個というのも又いい。千利休の朝顔並みの風流な奴だ。
ホトトギスの仲間には姿かたちがよく、綺麗な花の咲かせる種がある。

神奈川県の丹沢の沢にサガミジョウロウホトトギス(相模上臈杜鵑)が咲く。
おっかない沢登りなどして散々探したが終に会えなかった。
東京湾でマグロを探すようなものだと諦めた。昔は東京湾沖にマグロが泳いでいた。
だから江戸前寿司にマグロがあるのだというが今は遥か水平線の彼方の産。
江戸の前は太平洋、マグロ漁場に続いている。遥か彼方ではあるが江戸前に
間違いないと云われて、ウンと頷くしかないだろう。
もし東京湾でマグロが発見されたらゴーンさん騒ぎはそっちのけだろう。
そうしたらまた丹沢探しを再開するかも知れない。
変な話に横滑りだが気になっていたので。

ホトトギスの名は花の模様が鳥の杜鵑の胸毛に似ているからだという。
イギリスではヒキガエル花とよぶそうだ。ヒキガエルの胸の模様に似て気持ち悪いから。時鳥は日本では歌や詩に詠まれた名鳥だが。所変われば品変わるを,地で行く、ですね。
美味しい山菜でもある。ほんのりとキュウリの味がする。キュウリ草とも。

IMG_6199.jpg
ヤマラッキョウ(山辣韭) ユリ科 山梨産 2018年10月22日写す

畑のラッキョウと全く同じに見えるから山ラッキョウだろうが、
出来たら別のきれいな名を付けて欲しい花だ。
毎年目を楽しませてくれる。水やりを忘れてもへこたれず元気だ。
頂いた経緯はすっかり忘れてしまったが5、6年前から毎年花を咲かせる。
山菜でもある。臭みも辛みも淡泊だそうだ。食べたかとはない可哀そうだから。
畑のラッキョウで我慢しておくことにしている。

IMG_6109.jpg
ダイモンジソウ(大文字草) ユキノシタ科 新潟産 2018年10月7日写す

水気の好きな花。かなり前、山梨の西沢渓谷で滝壺にせり出していた岩の上に
咲いていたのを採ろうとして滝壺に落ちた。
バチが当たったのだと散々揶揄われた。「人生は思い出を作る作業だ、
これも大きな思い出の一つ」と変梃りんに応じた恨みの花。だが恨めない。
恨むには清楚できれいすぎる。

花の形が“大”の字に咲くから大文字草だそうだ。
大文字と云えば京都の大文字焼。この花の名付け親は大文字焼を意識して
いたのかも知れないと勝手に思う。“大”の字は仏教の教理を表わす字の
一つらしいが難しくて解るわけがない。大の字に燃える炎を見ていると
字の大事さを教えているように見える。
文字は無くてはならない大事な意志伝達道具。迂闊に文字を書いて
大失敗を仕出かした人がいた。能「草紙洗」の大友黒主。

「草紙洗」は小野小町、紀貫之、壬生忠岑、河内躬恒などの宮廷歌人、帝、官女
など八人の豪華キャストが居並び、さながら宮廷絵巻をみるような華やかな能。
この能の狙いでもあるのかも知れない。話は掘り下げられずに美しさを保ち展開する。

宮中の歌合せにために準備した小野小町の歌を、歌合せに勝ちたい一心の大友黒主が
盗み万葉集の草紙に入れ筆して証拠とし小町の歌は万葉集の盗作だと訴える。
悲しむ小町。美人の悲しみが美しい。だが小町の知性は鋭い。
「文字の墨付き違がいたり」と入れ筆を見抜いてしまう。
草紙の字は古く紙になじんでいる。小町は草紙を洗ってみたいと帝に訴え出る。
洗ってみると草紙の古い歌はそのまま、入れ筆の歌は跡形もなく流れ去る。
面目丸つぶれの黒主は自害しようと立ち上がる。
「道を嗜む志、誰もこうこそあるべけれ」と小町、帝にも許され二人は和解。
小町が舞う喜びの舞が美しい。

1月12日に宮中での歌会初めがテレビで放映された。
「草紙洗」の時代の装束での歌会始だったら世界の人達が羨むだろうなと思ったりした。
「草紙洗」は平安前期の物語。400百年続いた平安時代時代は戦争もなく平和で文化が栄えたという。
平安時代のような世は世界の何処の国になかったし今からもないだろうと思うので。

草子洗

能「草紙洗」の詳しい解説はこちら



comment 0
01.20
Sun

IMG_6344.jpg
保津峡 2018年11月30日写す。以下同じ

この5月保津峡右岸の林道を歩いた。JR山陰線、保津峡駅から亀岡駅まで。
今回は左岸のトロッコ電車の線路沿いを目指し馬堀駅で降りた。目当ては野菊。
キクタニギクのような珍しい野菊が咲いているかもしれないと。
地元の小父さんに道を聞いたら、獣の踏み跡のような道はあるらしいが
通ったことはないという。何時もの無茶は止めるようにと念を押されていたし、
獣道では時間が心配で断念、5月歩いた林道を目指した。

IMG_6339.jpg
馬堀駅

駅のすぐ前に河川敷が広がり彼方に紅葉の山、清澄な風、
思わず両手を突き上げ大あくびをしてしまった。

馬堀駅近くの保津川には橋がなかった。橋は2キロ程上流だという。
途中で引き返し、馬堀駅から保津峡駅まで電車、駅から歩いて嵐山を目指した。
引き返しは大当たりだった。5月に歩いた林道は今夏の台風で数か所が崖崩れ、
通行禁止だったと後で聞いた。

IMG_6348.jpg
保津峡、清滝川合流点付近

保津峡から嵐山への道は全くの無案内、当てずっぽうで歩いた。
途中でオートバイのお兄ちゃんに聞いて確かめた。
お兄さんは超親切に教えてくれた。やはり日本人は優しい。
日本に生まれてよかったと何時もの口癖を繰り返した。

IMG_6352.jpg
愛宕神社の大鳥居?

数十年来、年に1,2回京都に通っているが京都の地理が全く分からない。
陰気な杉の林を抜けてやっと人家が見えたとホッとしたらいきなり赤い大きな
鳥居にド肝を抜かれた。てっきり鞍馬寺だと思い込んでしまった。
以前お参りした鞍馬寺とは辺りの景色が全く違っていたのに。
人の記憶は曖昧、今まで見た色々の景色がこんがらかって記憶されて
いるからだと思い込んでしまった。
大鳥居にも何の疑問もなかった。東京の高尾山の寺にも大鳥居があるし、
お寺には必ず小さいながら神社が祭られている。
よく知られているのに清水寺の地主権現がある。

神社は日本本来の神、元々は現世利益を離れ唯、恐れ敬う神。
日本人の心の中に潜在的に住みついている。
お寺では拝観料を奉納するが、神社はお賽銭だけ。
お寺は仏事のお布施だけでは運営できないからだ。
神社は確然とした支援者に事欠かないのだろう。
仏教は人とは何かを教える哲学、神道は人が縋る心の支え。
などと訳の分からない珍説をブツブツ、人が聞いたら、
“お前、右翼の支援者か?”と云うだろうなとニヤリ。

この六月に、白頭の「鞍馬天狗」を舞った。
能「鞍馬天狗」は鞍馬山の天狗が牛若丸に兵法を教える豪快な能。
お礼参りに好都合と登り始めたが下山する人に聞いたらかなりの時間が
かるというので止めた。これにも助けられた。全くの見当違いて鞍馬寺ではなかった。
鳥居の額に愛宕山と書いてあるのを後で気が付いた。
愛宕神社かも知れないと勝手に思っているが確信はない。

鞍馬天狗
牛若丸に兵法の奥義を授ける鞍馬山の大天狗

IMG_6355.jpg
野宮神社

新宿の雑踏の上をいく混雑にビックリ仰天。
チンプンカンプンの言葉が溢れていた。
その昔、光源氏は六条御息所が精進潔斎している野宮を訪ね
忌垣の内に訪ねた印の榊の枝を挿した。
源氏の霊魂が今の野宮を訪ねたら右往左往だろうと心配だった。
能「野宮」ではその時の野宮のひっそりと静まり返った佇まいを
「末枯れの草葉に荒るる野宮の」と謡う。

「野宮」は悲しい女の性を、それも元皇太子妃という高貴な女性、
六条御息所を通して描いた名作。能「葵上」の後日談のような能。
「葵上」では御息所の嫉妬は並外れていて恋敵を襲う。
高貴故、嫉妬心を押さえに抑えるが嫉妬は無意識の内に生霊となり恋敵を襲い取り殺す。
「野宮」はその後の御息所を描く。
生霊は無意識のうちに迷い出るが、御息所は次第に気づき初め悩み抜いた末、
源氏との愛を諦め、斎宮にあがる娘に付き添い伊勢神宮に下向を決意する。
斎宮としての精進潔斎のため野宮に入る娘に付き添い御息所も野宮に籠る。
光源氏は野宮を訪ねる。諦めていた恋には衝撃であった。
死後、源氏が野宮を訪ねた事は御息所の拭い難い執心となった。
御息所の霊は源氏が野宮を訪ねた日、野宮に甦りあの世とこの世を行き来する。
能「野宮」の主題でもある。
斎宮は伊勢神宮に奉仕する皇族の未婚の女性。
作者、世阿弥特有の名文で描くこの曲は世阿弥の代表作でもあるとする。

葵上 (2)
「葵上」嫉妬の鬼となって光源氏の正妻、葵上を襲う御息所の怨霊

野宮
伊勢神宮の鳥居を出入りする姿を象徴的に見せ生死、源氏との執心を見せる。

能「野宮」の詳しい解説はこちら
「葵上」はこちら
「鞍馬天狗」はこちら.


comment 0
back-to-top