FC2ブログ
08.20
Sat
IMG_2967.jpg
けらま荘
写真は以下2016年8月2日~5日、渡嘉敷島で写した。

八月1日から五日まで渡嘉敷島に行った。那覇の泊港から高速船で30数分、以前から行きたかったが台風に阻まれて行けなかったところ。渡嘉敷島は国立公園、慶良間諸島の一つ。阿波連という部落の民宿「けらま荘」に泊まった。食事は沖縄料理をアレンジしてとても美味しかった。泡盛の無料飲み放題が嬉しかった。三人のきれいな娘さんにお世話になった。渡嘉敷は人が作った娯楽施設が少なく自然を満喫、毎日シュノーケリングで、きれいな魚たちに遊んでもらった。
沖縄はいい、自然も人も明るい。朝と昼と夕方、時刻を知らせるチャイムがスピーカーから流れる。音程が狂っていた。自他共に許す音痴が笑ったくらいだ。沖縄の人のユーモアの面目躍如。

IMG_3052.jpg
ハナリ島
阿波連の海水浴場の沖合に浮かぶ島。バナナボートで渡った。

ハナリ島 砲弾一個
砲弾。無造作に砂浜に転がっていた。

ハナリ島、積み上げた弾
観光客が積み上げたのだろう。どんな想いで積み上げたのだろう。

ハナリ島散乱した薬きょう
散乱した砲弾の薬きょう。悪夢も時が消してくれるのだろうか。石ころと見間違えるほどに朽ちていた。

ハナリ島の人の行かない砂浜や石ころの磯に砲弾や薬きょうが散乱していた。驚いた。二次大戦が終わって71年、原爆の日や終戦の日に話題に上るだけで日本人の記憶から遠い戦争。日本の何処にもない戦争の痕跡がここに残っていた。アメリカ軍が上陸、大きな犠牲があったという。犠牲者の冥福を祈るのも思い付かず、ただ茫然と見つめるだけだった。

IMG_3058.jpg
ハイビスカス アオイ科
生け垣など、いたるところに植えてあった。空き地にまで勝手に咲いていて色々の品種が夏の華を競っていた。ハイビスカスと云えばハワイのフラダンスの娘さんが頭に挿して踊っている絵や写真が浮かぶ。ここ沖縄では真夏の太陽が強烈に照りつけ、ハイビスカスの色も強烈だった。
「閻王の口や牡丹を吐かんとす」蕪村の句だそうだ。エンマ大王の口は大げさだが蕪村が生きていたら、この花を見せたいものだ。
沖縄の芸能に「エイサー」がある。太鼓を打ち鳴らし勇壮に踊る。躍る若者の頭に真っ赤なハイビスカスを盛大に挿してあげたい。

IMG_2980.jpg
アダン タコノキ科
パイナップルにそっくり。美味しそうだったのでかじってみたが硬くて食べられなかった。海岸近く生えていた。防潮林にしているという。

IMG_2982.jpg
名前は分からない。ヒルガオ科?
葉っぱは葉柄に5枚くっついていた。紫色の濃淡が、いかにも自然の色と云わんばかりに鮮やかできれいだった。地面一面に這い、また大木にも這い上って盛大に咲かせていた。

IMG_3077.jpg
ハマアズキ マメ科
グンバイヒルガオに混じって咲いていた。オヤ?グンバイヒルガオの黄花?まさか?かき分けてみたらグンバイヒルガオの大きな葉っぱのかげから茎と葉が現れた。初めて見た。
屋久島以南の花だそうだ。

IMG_3033.jpg
ハマボウ? アオイ科
ムクゲやハイビスカス、芙蓉の仲間。鮮やかな黄色が目を引く。アオイ科の仲間では珍しい黄色。ハマボウは奄美大島が南限だという。違う種類だろうか。

IMG_2970.jpg
ヤドカリ 
何というヤドカリか忘れたが国の天然記念物だそうだ。大きなヤドカリだった。陸ヤドカリだそうだが何処でマイホームの貝殻を見つけるのだろう?辺りにはマイホームになるような巻貝は見当たらなかった。

IMG_2956.jpg
ハスノハギリ ハスノギリ科
樹は大木だが花は小さく玩具のように可愛くまるでイヤリング。
初めて見る樹。宿のご主人に名前をおしえてもらった。温かい地方の木だそうだ。葉が蓮の葉に似ているからという。材も桐に似て軟らかく下駄や丸木舟を作ったとか。
宿に着くなり目に付いた。盛大に枝葉を茂らせ威風堂々とした姿だ。能に登場する人物に例えればさしずめ大盗賊、熊坂長範だろうか。蓮の葉桐は材も桐に似て軟らかいというから案外、脆弱かもかもしれない。熊坂長範も少年の牛若丸に散々に切られ「次第しだいに重手は負いぬ、猛き心、力も弱り」とあえなく命を落した。

160820_1.jpg
長刀ではかなわないと組打ちを狙うが牛若の電光の早業に茫然と立つばかりの熊坂

能「熊坂」は奥州の藤原氏の間者も兼ねた豪商金売吉次が、牛若、後の源義経を藤原氏に伴う途中、熊坂長範に襲われるという話。
前場は僧姿の長範の亡霊が本物の僧に回向を頼むという変わった場面をみせる。それといった動きはないが底知れぬ不気味さがただよう。
後場は“蓮の葉桐”の葉を重ねたような長範頭巾に専用面、長霊べし見の異様な、恐ろしげな姿で現れ牛若との激闘を見せる。牛若は登場せず長範の一人芝居。牛若は俊敏で、まるで虚空を飛んでいて人には見えないという設定だ。熊坂が目で追うその先に牛若がいる。長範は矢継ぎ早に長刀を繰り出し牛若を追う。変わった型を交え、迫力満点。終曲の長範の最後が哀れだ。大盗賊の最後であっても舞台に漂う哀愁に同情を禁じ得ない。
能「熊坂」の詳しい解説はこちら

comment 0
back-to-top