FC2ブログ
03.27
Thu
kuzu.jpg


先日國栖を舞った。國栖は天皇制がまだ脆弱な時代の物語。
人の心の本質を題材にした作品を好んで舞って来たが今回は自分にとっては異色の作品だ。
舞おうと思ったきっかけは二つ。一つは題材が壬申の乱であり、古代のロマンを感じるから。
もう一つはシテが蔵王権現であり、蔵王権現は修験道の主尊と聞いたから。
いやいやそれもあろうが、小学一年の孫に初舞台を踏ませたかったのが正直なところかも。
友人に修験道の道者がいた。彼の話が面白かった。
修験道は日本古来の山岳信仰を元に自然との一体化を目指す日本で生まれた仏教の一派だそうだ。
(熊野三山と天台仏教との習合とも)山の中での修行で呪力を得ることを目的としたという。仏教は人の欲望から生まれる迷い、苦しみを救う教えだという。
修験道、仏教は異質に見えるが、凡夫故か。
でもでもミステックな修験道は魅力的だ。
“自然と一体”がいい。

さてさてこの能は先ずシテが登場してツレの婆さんに「姥や給え(婆さん見てご覧)」と云う。
古代を感じるのだ。古い言い回しかどうかは知らないがこの曲には幾つか例がある。
単なる短縮形とも思えない。
謡い方に意を用いるべきだろうか?などと考えたり。
先日或る能評を読んでいたら或る能の非論理的、非現実的な箇所を指摘したと思われる文章に出会った。
なるほど!を越えて衝撃的だった。能の中で起こる事象を何の疑いもなくごく自然に受け入れてきたからだ。
「鮎の段」、まさにその通りだ。
シテの爺さんが焼いた鮎を生きかえらせようと川に投げ込もうとすると、ツレの婆さんが「すじなきことな宣いそ。
放いたればとて生き返るべきことにもなし」という。
婆さんさえ生き返るなんて信じてないのだ!
能「山姥」では、遊女一行が深山越えしようとすると急に暗くなり山姥が現れる。
山姥は遊女一行を泊めるため「日を暮れさせた」のだという。
この非論理的な事を信じる人は今の世にはいないだろう。
然らば我々演者は意識の外で疑いながら演じているのだろうか?
信じているのと、いないのとでは演技上、大きな違いが出る事は当然だ。
こうした奇瑞を何の抵抗もなく信じた昔の人との差は大きいと思うと慄然!

 
杉並能楽堂

先日能楽師仲間の社中の会に呼ばれた。会場は杉並能楽堂。
静閑な住宅街にある歴史的な、大げさに云えば国宝級の古い能楽堂だ。建てたのは初代山本東次朗。
我が師、奥野達也の刎頸の友だ。
東京金剛会は多摩川から染井に拠を移したがここも時代の波に呑まれてしまい一時この杉並能楽堂で例会を催した思い出の能楽堂だ。
大先輩、水野武夫が「石橋」の子獅子を舞ったとき勢い余って橋懸の板を踏み抜いた、その修理後が残っていて懐かしかった。
東京金剛会はこの能楽堂の例会から観客が増えだした。
感謝、カンシャの能楽堂なのだ。
本題に戻ろう!我々プロの楽師に真似のできない衝撃的演技二つ。
仕舞「鞍馬天狗」と「玉ノ段」四十歳位と高校生。二人とも女性。
舞台いっぱいに自分自身を表現!これぞこの道の醍醐味だ!
彼女達の師いわく、「教えていないことを舞うから地謡は難しい」
プロは決められた「型」を習得するのに長い年月をかける。
この呪縛から解放され、自分自身の思いが舞えるのは芸域が進んでからだ。
いい勉強をした至福の一日だった。謝謝!!!しかし残念なこと一つ。高校生の彼女。
大学受験でしばらく「この道」はお休みとか。ああ勿体なや、もったいなや!
comment 1
back-to-top