FC2ブログ
02.25
Sat
IMG_3844.jpg
戸定邸 2017年2月2日写す。以下同じ 

千葉県の松戸に謡曲と仕舞の、同好がいて通っている。ひょんな切っ掛けで戸定邸を知った。松戸は上野から常磐線で15分少々、首都のベットタウンと云ってもいい距離。
失礼な言い様だが、こんな処にこんな素敵な庭園、建物があるとは思いもよらなかった。
戸定邸は最後の徳川将軍、徳川慶喜の弟、最後の水戸藩主、徳川昭武の住まいに建てられたそうだ。昭武は慶喜の名代でパリ博覧会に派遣された程の文化人、戸定邸の庭園も洋風を取り入れた庭園だという。昭武の長男の代に松戸市に寄贈されたそうだ。

IMG_3839.jpg
紅梅 バラ科

戸定邸を造ったのは水戸藩主。水戸と云えば偕楽園。偕楽園は梅の名所。戸定邸に梅が植えられているのは当たり前だろう。真っ盛りだった。
水戸偕楽園には好文亭と名付けられた休憩所兼土産物屋がある。さすが偕楽園、と感じ入った記憶がある。というのも能「東北」を思い出したからだ。「東北」は王朝の恋多き歌人として知られる和泉式部を、恋の色を一切排し気品、優雅一辺倒に描いた能。式部が愛した梅を「梅の名は好文木又は鶯宿梅などとこそ申すべけれ」と謡う。好文木は中国の故事による梅の異称でもあるそうだ。

IMG_3835.jpg
ロウバイ ロウバイ科

極寒の花の少ない時期に戸定邸を訪れたのはこの花が目当てだった。ある筈だと見当をつけて行ってみたが見当たらなかった。ガッカリして帰る途中、門のすぐ下の民家の垣根に咲いていた。人の幸せは何でもない所にもあるもだと、少々大げさだが。
ロウソクの蠟で作った梅の花のようだとか旧暦の12月の異称、臘月に咲くからとかが名の由来らしい。
花は虫や鳥に花粉を運んでもらうためにきれいな花を咲かせるのだと思っていたが、虫のいない時期に咲くとはヘソ曲がりの花だと思ったり。花にヘソがあるかどうか知らないが。

IMG_3826.jpg
与謝野晶子の歌碑。「くれないの、形の外の目にみえぬ、愛欲の火の昇るひなげし」 

ヒナゲシは虞美人草とも。虞美人は楚王、項羽の寵姫。清らかに可憐な花だと思うが、さすが与謝野晶子、“愛欲の火”と歌うとは。
松戸の知人がヒナゲシを贈った返礼にヒナゲシの歌数首を贈ったそうだ。
与謝野晶子は源氏物語の現代語訳を書いた。晶子の歌は源氏物語に登場する人達を彷彿とさせる。
源氏物語は千年も前、世界の何処にもなかった大恋愛長編小説。能の格好の題材であり数々の名曲が作られた。だが作者、紫式部を主人公にした能は一曲だけしか知らない「源氏供養」だ。

架空の物語の類は人の心を迷わす狂言綺語であり、作者は勿論、読者までも妄語戒を犯したとして地獄に落ちるとされた。
だが源氏物語の魅力には勝てなかった。地獄覚悟で読んだ。
平安末期から室町に懸けて妄語戒を犯して地獄に落ちたであろう源氏物語の作者と読者を供養する「源氏供養」が流行った。
源氏供養のための表白文の傑作が安居院法印聖覚の「源氏物語表白」。桐壺の巻から夢の浮橋まで巻名を織り込んだ傑作。

genjikuyo.jpg

能「源氏供養」はこの表白文をクセに作り紫式部に舞わせ、供養の場を再現して見せ「紫式部が後の世をたすけ給えと諸共に、鐘打ち鳴らして回向も既に終わりぬ」と留める。
箒木の巻から末摘む花の巻までは表白文をほぼそのまま、紅葉の賀から最後の夢の浮橋までを表白文を巧みに取り入れ作者の創意で作られた美文。聞き応え充分。
クセは源氏54帖の内26帖が謡われる。三番目物にはつきものの序ノ舞や中ノ舞などの舞はない。クセの舞は思い入れなど、情感表現はしないという口伝がある。いずれも表白としての趣を損なわないためだろうか。ワキは安居院法印と洒落ている。
能「源氏供養」の詳しい解説はこちら、「東北」の解説はこちら

comment 1
back-to-top