FC2ブログ
08.26
Sat
IMG_4732.jpg
玉川上水 2017年8月5日写す。以下同じ

玉川上水は江戸初期に開削された江戸の人達のための用水路。
多摩川の上流、羽村から江戸まで標高差100m。測量器具も工事機器も技術も
乏しい時代に、この難工事を成し遂げたのには今の専門家も驚くという。
用を終えた玉川上水は空堀となっていたが、昔を懐かしむ人達の熱望で、
数十年前、再び水が流され今も水量は少ないが流は絶えない。
春は両岸に町には珍しい花が咲く。
遊歩道もあってこの頃リックを背負ったハイカーが増えた。
今夏訪ねたが夏草に覆われていたのかも知れないが
これと云った珍しい花は見つからなかった。
だが見慣れた花でもよくよくみれば面白い特徴があった。

IMG_4709.jpg
ヘクソカズラ(屁糞蔓) アカネ科

確かにひどい悪臭だが屁だけでは足りずに糞とはひどい。
万葉人もこう呼んでいたという。万葉人は意地悪か。
「憶良らは今は罷らむ子泣くらむ、それその母も我を待つらむぞ」
と詠んだほど心優しい山上憶良も“屁糞蔓”と呼んだのだろうか。
釣鐘型の花が可愛い。別名、早乙女の笠に見立てて早乙女蔓。
お灸のモグサに見立ててヤイト花。
この名の方がぴったり。可哀そうと思った心優しい人が付けたのだろうが、
この名を呼ぶ人はほとんどいない。現代人らしい意地悪。

IMG_4694.jpg
ヤブガラシ(藪枯し) ブドウ科

藪さえも枯らすほどの生命力。貧乏蔓の名もあるという。
こうも人に嫌がれるヤブガラシが北京の街中の川岸に植えてあった。
土止めに植えたのだという。
豊かな自然を持つ国に生まれた幸せを思った。
今までしげしげと見ることはなかったが小花が集まって手の平状に咲く形が、
他の花には希なひし形で面白い。花が散った後には実らしきものはなく
実の場所がオレンジ色。これがアクセントになっていた。
葉っぱを揉んで嗅ぐと嫌な匂いがする。
春の若芽は少しぬめりがあってピリリと辛く美味しいそうだが、
どうにも食べる気になれない。

IMG_4730.jpg
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) ナス科

唯一山に咲く花を見つけた。秋、赤くみのる実をヒヨドリが好んで食べる
と云うのが名の由来だそうだ。
上戸は吞兵衛のことだ。ヒヨドリの頬っぺの赤茶色の毛は、
酔っぱらった赤ら顔と云うのだろか。
ヒヨドリは左に卑しい、右に鳥と書く。鵯。可哀そうな名。
ヒヨドリに恨みはないが鵯は悪食。何でも食べる。
蒔いた種も目ざとく探し出してたべる。

IMG_4721.jpg
センニンソウ(仙人草)キンポーゲ科

草や木に覆いかぶさって咲く純白の花が豪華。
花が終わると実は白い毛に覆われる。仙人のヒゲに見立てた名だという。
自ら花爺と名乗る野草好きと知り合った。庭に仙人草が植えてあった。
珍しくもないものを植えるとはと呆れたが花爺曰く珍しくはないが、
きれいなものはきれいだと。
花爺はあの世の人だが、その言葉が胸に生き残っている。

仙人草は純白の清楚な花が仙人に豹変する。
道教では、仙人は不老不死、神通力を持つ神的な人だとするという。
仏教では外道を極め神通力を持つ悪魔的な人。
まるで能「殺生石」の玉藻の前。
玉藻の前は神出鬼没の妖怪。西域の王の后となり悪行の限りを尽くし、
後に周の国に生まれ変わりここでも悪行を尽した。
死後日本に出生して近衛院の寵姫となった。

170916-270x198.jpg
石を割って現れた狐の精

僧、玄翁主従が那須の殺生石に辿り着く。
突然、空飛ぶ鳥が大石の上に落ちて来ると従者が騒ぎ立てる。
やがて微かに女の声が聞こえてくる。
「のうのう御僧その石のほとりへな立ち寄らせ給ひそ」
押し殺した女の声に戦慄が走る。
玄翁の前に現れた女は荒涼とした物凄まじい夕べの那須野の原を背に、
大石の謂れを語る。

大石は妖婦、玉藻の前の執心が石となったのだという。
玉藻の前は王法を傾けようと帝の命を狙ったが露見して妖狐の姿となり、
空を飛びこの那須に逃げ込んだ。
勅命により妖狐狩りの修練を積んだ武士二人は那須に妖狐を追つめ殺した。
妖狐の魂は大石となり近づく鳥、獣、人までその命を奪った。

女は舞台の真ん中に座ったまま、時折、ワキの反応を見るかのようにワキに向くだけで、
この恐ろしい事件を物語る。
女の面は気品と高貴を表す「増(ぞう)」
語りが高潮に向かうにつれ面は妖艶を増し、聞き人の背筋が硬直する。
語り終えた女は僧を見据えて立ち、大石のなかに消える。玉藻の前の霊魂だったのだ。

玄翁は石に向かって必死に祈る。
石の中から辺りを圧して妖しげな声が聞こえ、石は二つ割れ妖狐が姿を現す。
シテは妖狐と妖狐退治の武士を演ずる。
身の軽い妖狐と騎乗の武士との闘争、弛みが微塵もなく体力の限界と能の型の限りを
尽して舞う。

能「殺生石」の詳しい解説はこちら
comment 0
back-to-top