FC2ブログ
04.27
Sun

カタクリ

カテゴリ:カタクリ
IMGP1210_2.jpg


 カタクリ ユリ科 関東以北に多い。九州、四国は極少ないらしい。
櫻が咲き始めると何もかもさて置いてこの女王様に会いに行く。
自宅に近い深大寺近くの都立農業高校の実習園か、瑞穂町にある神社の裏山。
両方ともかなりの群落だ。監視員が目を光らして入るので採るのは不可。
少々遠出だったら秩父。ここは珍しい山草の宝庫だがここ十年ほど里山は荒れ放題。大事な山草が少なくなった。
例えばセツブンソウなど絶滅寸前。数種の固有種もある武甲山も石灰岩の採掘で消滅寸前。
秩父の至る所の山裾や土手までカタクリの大群落が見られたが近年めっきり少なくなった。
カタクリは美味しい野草として有名だが、成長した葉は少々硬い。花は茹でても綺麗で軟らかくほんのり甘い。
根、いわゆる鱗茎は文句なく美味しい。
しかし珍味程度程度にしておこう。これらは沢山食べ過ぎると女王さまのバチが当たってお腹をこわすからご注意。
昔は鱗茎から片栗粉を造ったそうだが今はジャガイモのデンプン。庭に植えようと思っても無駄。
先ず鱗茎が地中深く潜っていて掘るのに一苦労だ。植えても1,2年の寿命。
ほとんどがカナブンか、蝉の幼虫の餌食だ。
カタクリは古名カタカゴ。
「もののふの、八十娘子(やそおとめ)らが汲みまごう寺井の上のカタカゴの花」
万葉集、大伴家持の歌だそうだ。昔友人に教わった歌だが古い記憶で少々怪しいが。
井戸端会議の少女達の明るい笑い声、カタクリの花、美しい情景が目に浮かぶ。
この美しさはまるで三好達治の「甃(いし)のうえ」の世界。
家持も達治も乙女達をジット見ていたのだろうか。
以前、ある出版社の友人が山草の本を出すのでカタクリを書くようにと頼まれた。
カタクリの根、鱗茎の形、色合いを楊貴妃の「足の小指の爪」と書いた。
今にして思えば気恥ずかしいがカタクリにぞっこんだったのだ。

能に「楊貴妃」がある。
案録山の乱で犠牲になった楊貴妃の魂は、仙宮、蓬莱宮にあって玄宗皇帝との愛の日々を想い、嘆き暮らしている。
世界一の美女の嘆きを作った美しい能だ。
詞章もこの上なく美しい。王朝文学に大きな影響を与えたという白楽天の詩「長恨歌」をちりばめた大作。
昔からこの曲は、結構な面、装束を着けて舞うというほど大事な三番目、女能第一の曲だという。
蛇足ながら蓬莱宮は日本にあったとも。
「楊貴妃」の詳しい解説は「曲目の解説」ご覧ください。
comment 0
back-to-top