FC2ブログ
05.24
Sat
ムサシノキスゲ
   都立浅間山公園 2014年5月23日写す。

府中市の北外れにある多磨墓地。その西に隣接する都立浅間山公園。ムサシノキスゲの唯一の生育地、つまりここにしかない花だとカンバンに書いてある。ニッコウキスゲの変種だそうだ。キスゲやカンゾウの仲間はふつう群生するが、ここのは群生にはほど遠く、雑草に混じって、あちらにぽつり、こちらにぽつりと咲いている。浅間山は切り通しで二分、橋が架かっている。その名はキスゲ橋。欄干に銅製のムサシノキスゲの立派なレリーフがはめ込まれている。自慢の花だからだろうが、それにしては手入れがお粗末だ。
キスゲやカンゾウの仲間は真夏の花だがムサシノキスゲは初夏に咲く。うっかり忘れていて慌てて駆けつけた。真っ盛りで迎えてくれた。ニコニコ笑って迎えてくれた。嬉しかった。
ムサシノキスゲのキスゲとは黄菅。黄は花の色、菅は葉の形がカヤツリグサ科の菅の葉に似ているから。昔は、菅は生活に切っても切れない縁があった。この菅の葉で蓑や笠を作った。スゲ蓑、スゲ笠だ。現代人は、笠は分かるだろうが蓑は知らない人が多いかも知れない。昔の雨合羽、レインコート。笠はフードだ。昔と云っても昭和初期まで使っていたのだ。

笠を巧みに演出に取り入れた能が二曲ある。「芦刈」と「善知鳥」。
「芦刈」は夫婦の情愛と遊狂を見せる曲。シテは落ちぶれた元武士の男。妻と離別し、旅人に芸を見せてアシ(お金)を得て細々生きている情けない男だが、その芸が面白いのだ。笠を使い、昔の俗謡を取り入れた歌で舞う。妻はさる大名の子の乳母。裕福な生活だが昔の夫が忘れられない。二人は難波の浦の、夫の小屋で巡り会うがお互い恥ずかしい。二人は小屋の内と外で、互いに歌を詠み交わし愛を確かめ合う。歌垣だ。
妻は「妻や重ねし難波人」と呼びかける。「新しい嫁さん貰ったの?」という意味らしいが「妻」は「褄」にも通じ、「褄や重ねし」でかなりきわどく聞こえるが、昔の詩歌や能の世界では珍しい事ではない。

「善知鳥」は殺生戒を犯して地獄に落ちた猟師の物語。彼は善知鳥という鳥を捕っていた。善知鳥は砂の上で子を育てる。その子を狙う臨場感たっぷりのカケリがいいのだ。この曲だけの舞だ。子を捕られた親鳥は空から血の雨を降らせる。猟師は蓑を着、笠を傾けて逃げ惑う。倒れて笠は空に舞い、血の色の赤い橋のように弧を描く。その有様をシテの猟師は笠を舞台の天井めがけ放り投げる。思い切った、変わった演出がたまらない。
 
来月六月二十八日「善知鳥」を上演します。会場 国立能楽堂 シテ山田純夫 ワキ宝生閑 他に「殺生石」 シテ山田夏樹 ワキ殿田謙吉

comment 0
back-to-top