FC2ブログ
06.24
Tue
hotarubukuro.jpg
26年6月18日写す。

町を出ると原っぱや、道ばたにまで咲く。花の色合いはさほど美しいとは云えないが姿形がこの上なく魅力てきだ。富士山の三合目辺りの火山礫に大群落があった。瘦せて背も低く、花も一つか二つ。その姿がこの上なく可愛かった。蛍袋。山小菜の名も。「火垂る」は提灯のことだという。下向きに垂れ下がって咲く姿が、提灯に似てからだそうだ。子供が蛍を入れて遊ぶからとも。蛍を入れて遊ぶには少々小さいがイメージに合う、そう思っている人が多いのでは。
山小菜は若芽を野菜として普通にたべるから。馴染み深い山菜だ。

「能」に登場する草花を取り上げようとの試みであったが、能では花はあまり登場しない。秋の七草など、限られている。いきおい、こじつけになり不自然このうえもない。野の花好き、能好きには、こじつけ、また楽しからずや、にしておこう。

能「葵上」で「水暗き沢辺の蛍のかげよりも、光君とぞ契らん」と謡う。愛する男を恋敵から奪い返そうと、悲痛な心情を謡う。
「葵上」は源氏物語、葵の巻から。高貴な女性、二条御息所の嫉妬を描いた作品。御息所は高貴な身分というプライドをもってしても押さえ切れず、生き霊となって病床に伏す光源氏の正妻、葵上を襲う。言い知れぬ哀れさがひしひしと胸をうつ。上演回数、一、二を争う名曲。一般の興味は鬼となって現れた御息所の怨霊と調伏の僧との激闘だが、また、恨みの生き霊となった理由を述べる心情の吐露が心を打つ。身に多少の覚えがあるからだろうか。続く「後妻打ち」(うわなりうち、室町時代にあった風習。恋敵を妬んで打つこと)の「枕の段」が迫力満点。見所だ。

comment 0
back-to-top