FC2ブログ
07.20
Sun
140720_1.jpg
2014年6月19日写す 植栽 (咲き始め)

140720_2.jpg
2014年7月6日写す (満開)

色々種類があるらしいが、北海道から沖縄まで全国にある。土手や原っぱに。かなり高い高原でも見かける。イネ科の植物が好きなのだろうか、芝生の中に咲いているのをよくみる。緑一色の芝生の中にポツリと鮮やかなピンクの美しい花を咲かせているのを見つけるとオヤと嬉しくなる。群生しないでポツリポツリと咲くのもまたいい。
ネジ花が本名でモジズリは別名だというが、モジズリが本名であってほしいところ。歌枕、信夫が連想され床しい。
ネジ花の名は小さい花が、ねじれ模様に並んで咲くから。モジズリはねじれ模様を「信夫捩摺」(しのぶもじずり)に例えた名だという。信夫摺はその昔、信夫郡(福島県南部の地)の名産。捩れ模様を摺り摺り込んだものだったという。伊勢物語に「この男、信夫摺の狩衣をなん着たりける」とあるそうだ。捩れ模様のある石に布を当て摺ったのもあった。江戸時代には廃れたようで芭蕉の「奥の細道」に「しのぶもじ摺の石をたずねた。石は半ば土に埋もれていた。昔は山の上にあったが見物人が麦を踏み荒らすので谷底に突き落としたと里の子供が教えた」とあるそうだ。

「信夫もじずり」は能にも登場する。信夫は行くに困難な憧れの地であったからでもあろうか。能、「采女」(うねめ)のクセの冒頭で「葛城の大君。勅に従い陸奥の、しのぶ捩摺」と謡う。能「采女」は帝の寵愛を失った采女が猿沢池に身を投げるという悲恋ものがたりだが、そればかりではない盛りだくさんの能。奈良朝の雅を美しく見せる。
クセ以降に、身分の低い采女ながら、宮中の宴を取り持った誉れを語り、御代を言祝ぎ締めくくる。悲恋物語で終わらないのはこの類の曲で、この曲だけかもしれない。前場のはじめでは、春日の森の由来を語る。今でも春日の社は原生林の中だ。わが故郷の鎮守の神も森の中。言いようのない懐かしさがこみあげる。

采女は地方官僚の娘で、容姿に優れた者を選んで出仕させた後宮の女官の役職名。身分は低かったという。平安前期には廃止しされ名だけ残り、色々な身の上の人の呼び名となった。
猿沢池は奈良、興福寺南門近くにある。池の辺には采女を祀った祠や身を投げた時、衣を懸けたという「きぬかけの柳」の碑がある。
「采女」の詳しい解説は潤星会ホームページ、「曲目の解説」をご覧下さい。
comment 0
back-to-top