FC2ブログ
08.26
Tue
oniyuri_1.jpg
オニユリ(ユリ科) 平成26年8月1日 新潟県糸魚川市で写す

 

oniyuri_2.jpg
コオニユリ(ユリ科) 平成26年8月17日14日長野県小淵沢で写す

ダイダイ色の鮮やかな美しい花だ。この花に鬼の名を付けたのは誰だろう。心無しとしか言いようがない。葉の付け根に黒く丸いムカゴがつく。このムカゴを鬼の牙に見立てたのだろうか?これが美しい姿に少しキズかも知れない。
ムカゴは地に落ち芽をだす。ムカゴは赤ん坊だ。綺麗なお母さん花に免じて目をつぶってほしいところ。
畑の周りや田んぼの畦、土手などでよく見かける。
一名テンガイユリというそうだ。テンガイとは天蓋だろうか。お寺の本堂にぶら下がっている笠のような飾り物。天人の冠も天蓋の類だそうだ。豪華な花の姿からだろうか。こちらの名を本名にしたい。 
オニユリは確証は無いが中国辺りから渡来した疑いがあると、ものの本にある。二次大戦後の日本人は外国に対して自信がないように見える。いい物は渡来品だと言うし、果ては日本人そのものがシベリヤ経由でこの國に住みついたという。何彼かににつけて外国を崇拝する。世界に誇れる文化持つ國なのに、自分の國に自信が持てない。政治家にもその気配が見えないだろうか。外国の実力者の前で小さくなっているように見える気がする。少なくともオニユリは日本のものだ!といいたい。

コオニユリはオニユリより一回りキャシャで小ぶり。ムカゴがなく貴婦人の姿。オニユリの根は少々苦味があるがコオニユリにはない。共に食用。

この花をダシに鬼の能を紹介するのは気がひけるが「許してたもれ」と頭を下げるばかり。
鬼の能に二種類ある。「葵上」など、心の葛藤から鬼になる四番目物、殺されて当然の人間性の無い鬼の五番目物。
四番目は人の心の中にひそむ本質をえぐり出す深刻な題材をあつかったものが多い。この種の能を見て、心身共に疲れた肩をほぐすのが五番目。あ~痛快、面白かったと帰っていただく。
「大江山」は五番目だが、ひと味違う能。大江山に住む鬼、酒呑童子の話。酒呑童子とは酒をこよなく愛する故に付いた名。
もともと童子は比叡山にすんでいたが、伝教大師最澄が比叡山に根本中堂を建て拠点にして童子は追い払われ、大江山に移り住んだ。源頼光が退治に向かう。頼光一行は山伏に変装して童子を騙す。山伏だという頼光一行に、童子は安心して、暖かく迎え酒宴してもてなす。夜半、頼光一行は酔い伏した童子を襲い退治する。

ただの鬼退治の話にしないのがこの能。前シテは可愛い面を付けた少年。酒宴で舞う舞が見応えがある。頼光が召し使う強力と、童子の洗濯女、アイ狂言二人が活躍する。
童話の香りのする能だともいえる。一説に童子の一族は反体制の一族ではないかとの説も。
 能に登場する悪い鬼は男の鬼だ。女の鬼は人間性過多の可哀想な鬼。能の世界では女性ガ重きをなす。首を傾げたくなるが、まァ納得としておこう。

「大江山」の詳しい解説潤星会ホームページ能曲目解説をご覧下さい。
comment 0
back-to-top