FC2ブログ
09.23
Tue
teikakazura_2.jpg
teikakazura_1.jpg
テイカカカズラ キョウチクトウ科 平成26年9月21日写す 武蔵野市境南町 植栽

rukousou_1.jpg
rukousou_2.jpg
ルコウソウ   ヒルガオ科    平成26年9月23日写す 武蔵野市境南町 植栽 

テイカカズラ キョウチクトウ科
きれいな花とは言い難いが魅力の或る花だ。肉厚の花弁は扇風機の羽のように捩れていても何か気品を感じる。ジャスミン、クチナシのような上品な香りを辺りにふりまく。観賞用に垣根などに植えられるのもうなずける。暖地に生える木らしい。木といったのは、昔から植物は草木、つまり草と木を区別してきた。正式には草本、木本と呼ぶらしい。テイカカズラは蔓性の木で、気根を出し他の木や岩石にくっつき這い上がる。幹の太さは10センチにもなるという。夏の花だが写真は9月中半の残り咲き。香りもほのかだった。
テイカカズラはキョウチクトウ科(夾竹桃科)だという。夾竹桃はインド原産。どうして“科”の名にしたの?テイカカズラは国産、テイカカズラ科が妥当ではないの?と言いたい。花も姿も夾竹桃にほど遠い。夾竹桃の花色はインドの色、花弁はちぢれ異国調。盛大に華やかだ。公害に強く強靱。毒がある。適量なら強心、利尿に効くとか。薬と毒は同じものという見本。素人にも分かる共通点、白い乳のような汁が出る。テイカカズラに毒があるかどうか試してないから分からない。

テイカカズラの名は鎌倉時代を代表する歌人、藤原定家にまつわる説話から付いた名。後白河天皇の皇女、式子内親王に恋をした定家が死後、その執心は葛となって内親王の墓石に絡みついた。能に「定家」がある。説話は能を元に出来たのか、説話を元に能が出来たのか分からないというが、いずれにせよ室町時代にはテイカカズラの名があった。

能「定家」は口伝、秘伝の多い、重く扱われる曲。僧の前に現れた式子内親王の霊は死して石塔となっても定家葛に縛られて苦しいと僧に訴える。僧の弔いに葛は解け、霊は感謝の舞を舞い墓石に入る。葛は再び墓石に絡みつく。耐え難い胸の圧迫が襲う結末だ。この能は「葛」がキーワード。葛は何かを象徴しているのではと考えさせられる。能は物語性、ドラマ性が薄い。人間の心の奥底に潜む本質を引きずり出すことに重きを置いているからだろう。

能「定家」の詳しい解説はホームページ「能曲目の解説」をご覧下さい。

ルコウソウ(縷紅草)
今回は余りに地味な花だったので、真っ赤な可憐な花を花に添えようと。
メキシコ原産。葉も花も小さく可愛い。細い蔓を伸ばして屋根までも這い上がる。テイカカズラのように気根がないので蔓を他の草や木に時計回りに巻きつけ這い上がる。墓石に巻き付くのは無理だが、こんな可愛い花なら巻き付いてもらいたいものだ。
外来種には興味が薄いが荻窪の友人を訪ねた帰り道、この花に出会った。初めて出会ったので多分外来種だと思ったがあまりの可愛さに種を頂いて自宅の庭にまいた。すっかり忘れていたが三年後の昨年から咲きだした。昨年は数本だったが沢山の種から今年は困る程増えた。縷紅草の縷は糸すじという意味だそうだ。命名した学者の学識に感服。
 

comment 0
back-to-top