FC2ブログ
11.30
Sun

野菊 キク科

カテゴリ:野菊
IMG_0383.jpghei="299" />
ノコンギク 2014年9月27日 東京都調布市 都立野川公園で写す

IMG_0450.jpg
ノコンギク 2014年10月25日 東京都調布市 都立野川公園で写す

IMG_0459.jpg
ハマギク 2014年10月30日 茨城県高萩海岸で写す

この花が咲き始めると伊藤左千夫の「野菊の墓」を読んで熱い涙を流した少年の頃を思い出す。
野菊。広辞苑にノコンギク、ノジギクなど。またヨメナの別称。日葡辞書の引用とある。
つまり野山に咲く野生の菊と云うことだろう。
ふつうには野菊というとノコンギク、ヨメナ、ユウガギクを指す。これらは「万葉集」の時代にも親しまれた、道ばたにもあるごく身近な山菜だ。秋には真っ白や薄紫のきれいな、やさしい花をさかせる。
「野菊の墓」の民子が愛したのもノコンギク、ヨメナ、ユウガギクの花だろうか。この三つは姿も花もそっくりで区別がつかない。花が終わり種になると簡単に見分けられるというがそれは学者に任せよう。やはり区別なく「野菊」の呼び名が優しくていい。

日葡辞書は日本語、ポルトガル語の辞書。日本イエズス会が1603長崎学林で刊行したという。もう既にこの頃から「野菊」の呼び名で親しまれていたのだろうか。

菊は櫻と共に日本人に最も愛されて来た花。共に国花。殊に菊は天皇家の紋章だ。
一般に何々菊と呼ばれる、いわゆるキク属は50種、キクの仲間、キク科に至っては、よく知られている,
タンポポ、アザミ、ハルジオン、セイタカアワダチソウ、フジバカマ、ハハコグサ、オケラなどの種類、350種、植物の種の中で一番の多さだそうだ。

野菊が終わりに近づくと野山はしだいに寂しくなる。
能「野宮」(ののみや)では「秋の花みな衰えて虫の声も枯れがれに、松吹く風の響きまでも、淋しき道すがら秋の悲しみも果なし」と謡う。光源氏が傷心の六条御息所を野々宮に訪ねた晩秋の嵯峨野の情景だ。

源氏物語には数々の可哀想な女性が登場する。
六条御息所は可哀想を越えて悲惨だと思う。
御息所は皇太子妃だった。夫を失い、どん底に落ちるのだ。昔は身分のある人も主を失えば経済的にも窮屈だったらしい。そこへ光源氏が通ってくる。御息所の源氏への愛は尋常ではなかった。御息所の嫉妬の炎は「車争い」の恨みも重なって生き霊となり源氏の正妻、「葵上」を取り殺す。高貴な身分の、「後妻打ち(うわなりうち)」の、はしたない所行に思い悩むが、御息所の生き霊は、思いとは裏腹に勝手に身体から出て行って「後妻打ち」に及んでしまう。共感身につまされる。

能「野宮」は源氏との愛に苦しむ、六条御息所を作った作品。
御息所は、「事件」の後、源氏との愛を諦め、心に葛藤を抱いたまま、斎宮となる娘に付き添い伊勢に下る決心をし、娘と精進潔斎のため野々宮に籠もる。さすがに源氏は御息所の心境を思い野々宮に御息所を尋ねる。御息所は死後もこの時の源氏の面影を忘れかね、その面影をもとめて思い出の野々宮の旧跡に、あの世から立ち返るのだ。
終曲では「また車にうち乗りて火宅の門を出でぬらん。火宅の門を」と結ぶ。やりきれない終末だ。「火宅」は苦しみに満ちた現世の例え。御息所の霊は車に乗って出て行ったが、この苦界を出、苦しみを乗り越え成仏出来ただろうか、というのだ。「火宅の門を」と止め「出ぬらん」が省略されているのは「疑問」だということだろう。

斎宮は天皇の名代に神に仕える未婚の女性。皇族の中から選ばれた。伊勢神宮は斎宮、加茂神社は斉院。 

能「野々宮」の詳しい解説はは、能曲目の解説をご覧下さい。
comment 0
back-to-top