FC2ブログ
01.25
Sun
150125_3.jpg

150125_1.jpg

150125_2.jpg
2015年1月23日館山市沖ノ島で写す

美しい花だ。すっきりと伸びた葉と花茎。花茎の頂に白い花。花弁の真ん中に黄色い杯。神様の芸術。清らかな香りも一級品。水仙とは水中の仙人。仙女のような姿だ。

水仙は地中海沿岸が原産地。遥か昔シルクロードを経て渡って来たという。室町時代の国語辞書「下学集」に漢名、水仙華。和名、雪中華とあると云うから、かなり昔から親しまれて来た証しだろう。和名、雪中華は寒い時期に咲くから。いつの間にか和名は使われなくなり、漢名水仙になってしまった。暖かい海岸に自生している。交配種も多い。伊豆半島では手厚く保護されている。房総半島では海岸近くの道路端、藪などまで、ふんだんに見られる。球根はヒガンバナのように毒があるそうだ。

写真を撮った場所、沖ノ島は房総半島の突端、東京湾の出口にある周囲1キロ程の小島。砂が堆積していて歩いて渡れる。
島の真ん中に広場がありトイレもある。釣りや海水浴の人が多いのだろう。砂浜にたき火の跡があった。キャンプができるのだろうか。小さな神社があった。酒の空き瓶に水仙が一本供えてあった。花はすでに散り青い実になっていた。葉も花茎も青々と、この花の生命力を思わせた。

水に住む妖精といえば「猩々」。酒を好み人の言葉を喋る。もともと中国の妖精だが日本では河童以下に扱われた。水仙のイメージとはほど遠い。この可哀想な「猩々」を水仙のイメージに近づけた能がある。「猩々」だ。まず姿がいい。赤い頭髪、笑みを浮かべた赤い面、女の着る唐織を着、赤い袴をはく。美しい少年の姿だ。能の面で笑みを浮かべた面はこの猩々だけ。赤は酔いを表すが、又赤はお祝いの色でもある。
この水中の妖精、猩々が浮きやかに酔態の舞を舞う。祝言の曲だ。「舞」を見せる能でストーリーは単純。「親孝行の男が孝行の褒美に霊夢を授かる。夢に従い市で酒を売ると毎日猩々が現れ酒を飲み、男に汲めども尽きない酒壺を与えた。男は裕福になった」
この能の特殊演出に「乱(みだれ)」がある。波の上の酔態の舞を強調する。かなり難度の高い舞で能楽師が一人前と認められる前に通る三つの関門の一つ。

雪は水の結晶。雪の精も水の精でいいのでは。雪の精の能に「雪」がある。小品ながら味わいのある美しい能だ。儚く消えていく雪の、短い命の運命を主題にする。後を託す僧に報恩の舞を見せる。月下の雪原に舞う、水仙のような仙女の清らかなイメージがひろがる。
装束は白が基調。袴は浅黄にする事が多い。浅黄は水の色、氷の色。白とのコントラストを考慮して。日本人の色彩感覚だ。

comment 0
back-to-top