FC2ブログ
04.25
Sat
IMG_0880.jpg
IMG_0885.jpg
アセビ 4月12日仙石原で写す

四月の中旬、金時山に登った。十日ほど前に捻挫した足を包帯でぎゅうぎゅう固定して。春の花見たさに。この辺りは珍しい花があると聞いていたので。残念ながら不自由な足では見つけられなかった。

アセビ、白く釣り鐘のような花が可愛い。山の尾根筋など乾いた所が好きらしい。庭や垣に植えているので知っている人は多いと思う。万葉の昔から庭園を飾ったという。
「馬酔木」と書く。馬が食べると足が痺れて動けなくなると云うことらしい。呼吸中枢をやられるという。
だが馬は毒のある草や木は食べない。馬の大きい唇に秘密があるのだ。唇をくっ付けあってお互いの気持ちを確かめ合うには理想的な唇だ。しかし“くっ付けあい”は人間だけ。
馬や牛の食堂でもある、道端や野原、牧場にはウマノアシガタやスズランなど毒草が多い。牛や馬はあの大きな唇で、毒草と食べられる草を上手に選別して食べる。そのための唇なのだ。草や木の葉を上手にまとめ上げて食べるための機能もある。
十数年前、中国のウイグル自治区ウルムチを旅した。ここは四月末から五月始めが早春、砂漠に生えている紅柳という灌木の芽立ちをラクダが食べていた。大きな唇が血だらけだった。この木には鋭いトゲがあるのだ。「食べ物は命なのだ」その衝撃は未だ消えない。
この紅柳はピンクの綺麗な小花をつけていた。ラクダも花も命を守ろうと。感動だった。
アセビは一名ウジ殺し。数十年前、山小屋ではトイレにアセビの枝を投げ込んで殺虫剤にした。若い世代はウジを知らない人が多いと思う。今では中々お目に掛からないから。ウジは金蠅の幼虫。腐ったものに集まり、トイレの主。
登山道の外れに不心得者が“大”の用を足し、それに金蠅が集った。山男達は、あっ“シナノキンバイ(金蠅)だと洒落た。シナノキンバイは「信濃金梅」。キンポウゲ科の高山植物。黄色い大きな花を綺麗に咲かせる。山男達は優しいのだ。その人がその所行に及んだ経緯に心を巡らすのだ。

数十年前は農業や林業など牛馬の動力が頼りだった。牛馬は草を食べさせてさえいれば文句も云わず働く。今の石油動力は高価な上に深刻な公害をまき散らす。
戦国時代以前、戦いの機動力は馬だった。能でも馬に乗った武将が活躍する。中でも十六歳で、いたいけな命を散らした「平敦盛」は哀れだ。敦盛は平清盛の甥。一ノ谷の合戦で関東の荒武者、熊谷次郎直実に討たれた。平氏は武家の集団だが中身は公達だった。
味噌やチーズを食べ、鍛えた屈強な関東武士に敵う訳がない。

能「敦盛」勇壮な戦いを描いた作品ではない。幼顔の残る雅な公達の最後を主題にした作品。
敦盛を討った熊谷直実は悔悛の念に出家、敦盛の最期の地、一ノ谷を訪れ敦盛を弔う。
敦盛の亡霊が草刈り男で現れる。草刈り男が謡う、笛を主題にした「草刈り歌」が面白い。敦盛は笛の名手だったのだ。
後場、クセに滅び行く平家の悲哀と須磨の浦の悲惨な暮らしが語られ涙を誘う。
終曲は直実に討たれる場面を再現する。討った本人、直実を前にしての再現。直実の懺悔心如何ばかりかと迫力だ。
 面は幼顔の残る「十六」敦盛は十六歳、今の中3か高校一年。戦いを描いた「修羅物」では敦盛を主人公にした曲だけ「中の舞」系統の舞を優雅に舞う。雅な少年武士だから。
能「敦盛」の詳しいは解説は「能曲目の解説」をご覧ください。
comment 0
back-to-top