FC2ブログ
11.28
Sat
IMG_1843.jpg
太宰治も愛したというJR三鷹駅西の陸橋から見る富士山の残照
2015年11月27日写す

次第
砂内桂馬。団塊の世代。
爽やかな秋風が立つ。
微かに揺らぐケヤキの梢を、見るともなく桂馬は眺め続ける。
一つまた一つと拡散していった過去の記憶が、揺らぐケヤキの梢から一つの塊となって桂馬に蘇る。
それは次第に輝きを増して、大きく輝き、そして静かに消えて行く。それは残照だった。

前回のあらすじ、
桂馬は亡くなった先輩の法事の後、高尾山の登山口辺りを散策した。
鳥の奇声に驚いている桂馬の前に、森田が女性を連れて現れた。
森田は会社の先輩だった。
森田は、今は会社を辞めていたが、桂馬とは会社時代に深い因縁があった。子供会のハイキングに子ども達を引率して来たのだった。
連れの女性、温子は桂馬の顔を見るなり、アッと口を抑えて目を剥いた。
温子は前年の夏の終わり、中央線の車中で桂馬に会ったのだ。
その時、桂馬は温子の目の前の座席で眠っていた。その姿、雰囲気は異様だった。
異様な桂馬の姿に温子の冒険心がうごめいた。
温子は新宿駅で降りた桂馬を追跡した。桂馬が辿りついた先はショットバーだった。
温子も続いた。まったくの未知の世界に飛び込んだ温子は、バーの不思議な雰囲気に飲み込まれ、いたたまれなくなった。
その桂馬に温子は再び巡り逢ったのだ。驚きのあまり温子は自らを失ってしまった。 

温子の胸の鼓動は帰りの電車に乗っても治まらなかった。
森田にこのことを話して胸を鎮めたかったが森田は車中で騒ぐ子供達を静めるのに躍起だった。
子供たちが落ち着いたのは立川駅を過ぎてからだった。
森田はホッとしたかのように温子の隣に腰かけ大きく吐息をついた。
「桂馬に会ったンだって?」
「そうです。去年の夏の終わり頃」
「それで恥ずかしそうにしてたの?温子さんらしくないなと思ったンだ。それにしても桂馬の奴、素ぶりにも見せなかったナ」
「それはそうです。ずっと寝ていたンですから」
「新宿の駅で目を覚ましても私には目もくれず、さっさと降りたンです。折角落とした聖書、拾ってあげたのに」
温子の体験談は下車駅の荻窪まで続いた。温子は時々、身振り手ぶりもまじえた。
森田には今までに聞いたこともない想像の外の新鮮さだった。
温子の話の前へ前へと想像を飛ばして聞き入った。
何がこうまで温子を動かしたのだろう。
桂馬の中から何かが放射され、それは温子だけが受け取れる物だったのかもしれない、森田はバスの中でも考え続けた。
「森田さん、どう思う?不思議な人だと思わない?」
「うん」森田は生返事を返し考え続けた。
森田は我に返り
「その男、ほんとに桂馬だった?信じられないナ~」
「そうです。間違いありません。今日の身なりはあの時とまったく違うけど、オデコの真ん中に仏様のホクロがありました」
「ハッハッハ。だったら間違いない、奴だ。桂馬の奴、あのホクロが恥ずかしいと、時々叔母さんのファンデーションを塗ってたナ」
「聖書とネット帽子、ウンあり得る。時々考えられない事をする奴だったから」誠実の塊の森田に悪戯心がわいた。
「よし、この二人を又、会せてやろう。桂馬の奴は仲間から女嫌いで通っているし、温子は自称、男嫌いだというから。面白い展開になるのは必定。楽しみだ」森田は、ほくそ笑んだ。
「森田さん、今度、またあの人に会ったら今日の話、絶対、内緒ですからネ」
「どうして?いいじゃないか。桂馬もきっと面白がると思うよ」
「駄目、絶対ダメです。約束して下さい!」
「そうか、じゃあ約束しよう」
「約束違反したら、もう森田さんのお手伝いはできませんから」
「ハイハイ、違反いたしません」森田はニヤリと笑って答えた。
「どうも怪しいわネ」温子は頬を膨らませて見せた。
森田は策をめぐらした。
「次のハイキングは山梨の乙女高原にしよう。近くの金峰牧場。友達の牧場なんだ。牛もたくさんいるし、子供たちもきっと喜ぶと思う。夏休みの終わり頃がいいかな」
「あら、いいわね!牛さんの牧場!四葉のクローバー探そうかナ」
「桂馬も誘ったよ。忙しいらしいが。たまには息抜きをしないと、と誘った。奴、山が好きだからきっと来るよ」
森田が高尾で桂馬と会ったのは温子も一緒だった。約束などしてなかったのだ。温子は気が付かないほど動転していたのだろう、
「エッあの人も、ですか?」
「困るわ。だって、あの人を探偵したのよ。恥ずかしいし、恐いわ」温子の顔は今にも泣きだしそうな顔だった。
「しかし桂馬は気が付いてないのだろう?だったら問題ないじゃあないか」
「でも困るわ」
温子は電車を降り、バスに乗っても釈然としないといった面持で帰っていった。
森田が家にたどり着き、靴を脱ぎかけている矢先、温子から電話があった。
「森田さん、朗報です。夏のハイキング、私、行けないの!」
森田が受話器を取るやいなや、温子の大きな声が飛び出した。
「エッ」
「先生が選挙区に帰ります。私もお供で田舎に帰ります。アア天の神様、仏さま。助けて頂いて有難うございます」温子が受話器を顎で挟んで、大げさに両手こすり合わせ、上目使いにニヤリと笑って、天井を見上げているだろう情景がありありと浮かんだ。
「ほんと?」
「正真正銘のホント。私、動転して忘れてたの」
「そうか、ガッカリだな。いいアイデアだと思ったのにナ」
「エ?アイデア?」
「いやいやいいンだ。桂馬と二人で子供たちの面倒を見るよ。お土産、梅が枝餅、頼むよ」森田は計画が温子に気づかれたかと慌てた。

桂馬は子供との付き合いが、ほとんどなかった。
森田の誘いに少し迷ったが、仕事に占領された頭の中を出来るだけクリアにしたかったし、会社では見なかった森田の生きいきとした姿を、また見たかった。
荻窪駅前の焼鳥屋の前が集合場所だった。
荻窪北口前の、この焼鳥屋は、よく知られた、異様に存在感のある店だった。
簡単なテント張りに長い板の椅子、いま時こん店が、と思うほど粗末な店に、昼間から大繁盛だった。
 桂馬は約束の時間前に着いた。早朝の駅前はさすがに静かだった。
焼鳥屋の前は掃き残りの割り箸や、串が散乱、こぼれた汁の乾いた跡が、昨夜の賑わいを示していた。

森田が二十人近い子供を連れて現れた。
「牧場が気に入ったのか、子供の数が若干増えてね」森田の穏やかな顔が嬉しそうだった。
森田は子供を並ばせ、
「今日はこのお兄ちゃんが、みんなと一緒に行きます。名前は桂馬さんです」
桂馬は帽子をつまんで「将棋の桂馬です」と、ぺこりと頭をさげた。
子供に馴れない桂馬にはどうにも座りの悪い場であった。
「オンコ姉ちゃんがいないと、つまらない」子供たちが口々に騒ぎたてた。
「オンコではないでしょう、アツコ姉さんでしょう」
「だって、オンコと呼んでってお姉ちゃんが云ったよ」
“オンコ”は学生の時見た「能」で、ワキの僧が鬼を調伏する呪文「オンコロコロセンダリマトオギ」を友達が面白がって奉った、あだ名だった。

塩山から西沢渓谷行のバスに乗り、恵林寺で降りた。
牧場の車が此処に迎えに来る約束だった。
森田は子供たちを集め
「三年生までは此処から牧場の車に乗って牧場まで行きます。四年生からは次のバスで途中まで行って、バスを降りて歩きます。山道だから気を付けてください。桂馬さんが一緒に登ります。私は三年以下の組と車で行きます」
森田は腕の時計をのぞき込みながら
「少し時間があるので、このお寺を見学しましょう。ここは昔、甲斐の国と云いました。武田信玄、知ってる人」
「知ってます」二、三人の子供が答えた。
「甲斐の国は武田信玄の領地でした。このお寺に武田信玄のお墓があります。ついて来てください」
森田が先頭に立った。桂馬は子供たちの後に続いた。
夏の朝は早々と活気が目覚め、人影もちらほらと見え始めていた。杉木立までも居丈高に見えた。
土産物屋や食堂も開店の準備を始めていた。
森田が案内板の前に子供を集めた。
「ハイ、この案内板を見てください。“心頭を滅却すれば火もまた涼し”と書いてあります。
昔、このお寺は、敵に攻められて焼かれました。その時、このお寺の偉いお坊さん、快川という人が火の中で唱えた、お経の言葉です。意味は、一生懸命、仏さまを信じていれれば、火だって熱くなくて平気だという意味です。何をやるにも一生懸命やりなさいという諺になりました。分かりましたか?」
「は~い」子供たちは手を挙げていっせいに叫んだ。
「でもやっぱり火は熱いヨ!」だれかが即座に叫んだ。子供たちの笑いが華やかに起こった。

牧場への山道は両側から木々に覆われていたが、時々木々の途切れから強烈な夏の太陽が照りつけた。
子供達は、登り始めは、はしゃぎながら登っていたが、はしゃぎはやがて不平に変わっていった。
そんな子ども達を桂馬は話題を色々変えながら励ました。
桂馬は、しだいに苦手な子供達との距離が縮まっていくのを感じた。
桂馬の励ましも限界に来た頃、先行の牧場の車が引き返してきた。
子供たちは歓声をあげて乗り込んだ。

牧場はさほど大きくはなかったが、なだらかな斜面に広がる緑の海は子供たちの歓声を誘った。青く霞んだ山々の上に富士山が浮かんでいた。
先発の子供たちが何か熱心に探していた。
「何を探してるの?」
「四つ葉のクローバー。オンコ姉ちゃんにあげるの。お姉ちゃんが欲しいって、森田先生がいってたから。でも中々見つからない」
高原の牧場も、昼近くの草いきれが激しさを増した。
桂馬は大きなダケカンバが4,5本生え木陰に子ども達を移動させた。

「お弁当の時間だよ~」向こうから森田の声が聞こえた。子供たちは四葉のクローバーに未練などなかったかのように駆けていった。
弁当の時間は賑やかだった。お互い見せ合いながら大はしゃぎだった。
「あそこの木の下に寝そべっている牛もお昼ご飯食べてるネ。だけどずーっと口をもぐもぐして中々食べ終わらないけど、どうしてだと思う?」森田が指をさした。
子供たちの視線は一斉に牛に向けられた。
「草が硬いンだよ」
「草が硬い訳ないジャン」
「分かった。ガム」
子供たちの爆笑が木霊を作った。
「牛は食べた草を飲み込んで、また口に戻して、もぐもぐ食べて、何度も“おいしい”を繰り返すんだよ」
「えエ、気持ち悪い」「行儀わるいよ」
「でも人間はどんな美味しいものでも、飲み込んでしまったら、おしまいだヨ。牛が羨ましくないか?」
「ところで四つ葉のクローバー、見つかった?」森田が子供達を見回した。
「見つからない」子供たちが一斉に答えた。
「あの牛が食べたんだよ。四つ葉のクローバーは美味しいんだよ、きっと。だからもぐもぐしてるんだと思う」女の子が指さす彼方に牛は、もぐもぐを続けていた。
「オンコお姉ちゃんに、四つ葉のクローバー、なかったって手紙書きます」
「それがいいですね。では此処でみんなで書きましょう。何かいい紙ないかナ~」子ども達が一斉にリュックを開けて、のぞき込んだ。
「先生、これは?お母さんがオニギリ包んでくれたお菓子の包み紙、皺くちゃだけど」
「これは?スケッチブック」
「では、お菓子の包み紙に手紙を書きましょう。スケッチブックで封筒を作ります」
子ども達はワイワイ、ガヤガヤ、縦に斜めに横に、思い思いに書いた。小一時間、席を外して帰った桂馬に森田は、君も一筆、頼むよと包み紙を桂馬に押しやった。
「では、これも同封してください」桂馬が森田にティッシュの小さい包みを渡した。

田舎に帰った温子は毎日がソワソワだった。金峰牧場のハイキングが気になったからだ。
子供たちが?森田が?まさか桂馬が、気になる?自問自答を繰り返した。
手紙が届いたのは、まさにその時だった。
金峰牧場にて、とあった。封筒は大きく膨らんでいた。
急いで封を切り逆さまにして、掌の上でトントンと上下に叩いた。
ティッシュの小さな包みが落ちた。恐る恐る丁寧に開いた。
四つ葉のクローバーだった。
つづく

comment 0
back-to-top