FC2ブログ
10.27
Sun
DSC01833.jpg
多摩川是政橋の残照



 眠っているのか覚めているのか。もう五、六年にもなろうか桂馬の寝覚めだ。
静かな朝だった。そろそろ出かけますよ。いつものカバンだけでいいのよ。そうそう財布忘れないでね。
静かな温子の声が聞こえる。
 部屋の隅に渡した竹竿に吊したジーパン、ポロシャツを着て玄関を出た。駅までは十分程だが朦朧として歩は進まない。早朝の電車は空いていた。
利き過ぎる冷房に桂馬の頭の霧が晴れかかった。アアそうだ温子は居ないのだ、卒業証書を渡したのだ、そうなのだ。無理に自分に言い聞かせるように首を上下に振りつぶやいた。
 桂馬はこのところの身体の変化を漠然とだが感じていた。さっきの温子は夢だったのだろうか?
温子が云っていた車山に行こう。桂馬は立川駅であずさ号に乗りかえた。
このごろ桂馬はどこででも、うとうと居眠りをする。近くの席ではしゃいでいるカップルに諏訪の駅で起こしくれるよう頼んで桂馬は早速居眠りを始めた。
 二人に起こされた桂馬の頭は割とクリアであった。以前、温子と来たときに行った上諏訪神社、与謝野晶子に鉄幹を取られたという鈴木?某子の生家を訪ねた。あのとき何か言って温子をからかったかもしれないと、懐かしかった。息を切らして坂をのぼりオルゴール館にたどり着きオルゴールは見ずにコーヒーをのんだ。温子と見たときのイメージが壊れるのだといいながら少しづつコーヒーをすすった。
 受付の女性に白樺湖行きのバス停を聞いたら茅野駅からだという。仕方なく茅野駅まで引き返しバスに乗った。バスには地元の人らしい年配の女性が一人だけ乗っていた。
一時間程たっただろうか「白樺湖ですよ」運転手の声に桂馬は目を覚ました。
 桂馬は歩き始めた。辺りの景色も見えず頭の中は空白だった。桂馬は空腹をおぼえた。
今朝からコーヒー一杯だけ、何も食べていない。
 桂馬はソバ屋の暖簾を緩慢に分け中に入った。テーブル四個と縦長の畳三枚の席の小さな店であった。
椅子にソロリと腰を下ろし、テーブルに両手をのせ奥に向かって「ざる蕎麦一枚、天ぷら蕎麦一つ」と物憂げに云った。
奥の暖簾の中から中年の店主らしき男が「いらっしゃい、何にしますか」といいながら近づき桂馬をまじまじ見つめた。「ざる蕎麦一枚、天ぷら蕎麦一つ」と桂馬は答えた。
奥に入った店主はすぐ引き返し暖簾の中から首だけを出し「お客さん、お一人で召し上がるンですか?当店の蕎麦は量が多いですよ」と笑いながら云った。「いや、ザルは女房のです」と桂馬が答えると「奥さんの蕎麦は見えてからにしましょうか?」と云った。桂馬は「いやトイレだからすぐ来る」とトイレの方に顎をしゃくった。店主は「誰も入ってませんけどね」と小声で言いながら首をかしげ奥へ消えた。
 出来上がった蕎麦を持ってきた店主は「こちらにお泊まりですか?」と聞いた。桂馬は天ぷらを端によせ蕎麦をつまみ上げ、すすりながら「えエ、車山に夕日を見に来たんですよ。後の残照がいいんですよ」と答えた。「あいにく今日は曇りでね」と店主は奥へ入っていった。
桂馬は箸を置いてうつむき、ゆっくり顔を上げながら、あ、そうだった温子はいないのだ、卒業証書を渡したのだと呟いた。
「お召し上がり中すみませんね。息子がちょうど夏休みで帰って来てましてね。案内させますよ」暖簾から首を出し店主はそういって微笑み奥へ消えた。
桂馬は味わうこともなくそそくさと天ぷら蕎麦をたべた。
息子の両肩に手をのせ押すようにして桂馬の前に立った店主は「息子です。そろそろ行きましょう。奥さんがみえたらここで待ってもらいますから」と微笑みかけた。桂馬は店主の親切が何なのか考えながら「有り難う」といって頭を下げたが無表情だった。
後部座席の桂馬に「車山の中腹辺にレストランがあって駐車場からの眺めがいいんですよ」と息子が桂馬に話しかけた。「あ、そう」話はそれで途切れてしまった。息子は音楽をながしはじめた。たぶん曰くありげな自分を慰めるためだろうと桂馬は思った。車は十分ほどで駐車場に着いた。
柵の下は切り立った崖をなし谷底から遥か遠くまで唐松の梢の三角形が続く。日の入りは近いはずだが西の空の雲は厚く暗かった。
桂馬は時々一、二歩左右に歩を移しながら西の一点を見つめていた。重なり合った黒い雲の形が温子の顔に似てきたりした。
「父からケイタイに電話がありましてね、今日はもう遅いので泊まった方がいいのではといってますが」背後から息子が呼びかけた。二人は車に向かいかけたが「ちょっと待って」と桂馬は息子に声をかけ柵に向かった。掌をメガホンにして「おー、おー」西の雲に向かって声をかぎりに叫んだ。放心したようにただ一点を見つめてしばらく立ち尽くした。
 ホテルは以前、温子と来たときのホテルのようでもあり違うようでもあり記憶は曖昧であった。
食事もそこそこに部屋に入り、風呂も、歯も磨かず、夏がけ布団を頭からかぶってうずくまり「おー、おー」と、うめき声をあげた。車山での温子との思い出がどうしても思い出せない苛立ちだった。フウーと吐息をつきながら布団から顔をだし「寂しいな」と呟いた。胸の奥から熱い固まりがこみ上げてきた。(つづく)


comment 0
10.12
Sat
DSC01804.jpg

芙蓉 アオイ科 九州、沖縄の暖地に自生。(2013年8月武蔵野市植栽)                                    

暑くなりだすと、あちこちの庭にこの花が咲きだす。白やピンクの大型の花は美しく妖艶だ。中には朝、白く咲きはじめ、夕方にはピンクに変わるものがある。酔芙蓉だ。花が酒を飲むわけはないが,しかしよくも名付けたものだ。残念ながら、芙蓉の花は一日花。朝は妖艶な美女、明け方には皺くちゃのお婆さんだ。もともとこの木は1m程の低木だが、種子島の河口付近の土手で樹高3m程の木に黄色い花が咲いているのを見た。幹や葉、花の形が芙蓉によく似ていたが別種だろうか。
もともと芙蓉は蓮の花の名であったという。今の芙蓉は木に咲く蓮の花で木芙蓉と云った。
いつの間にか母屋を乗取ったと云うわけだ。
 能に「楊貴妃」がある。楊貴妃の美貌を喩えて「太液の芙蓉の紅」と謡う。(太液は漢の宮殿にあった池)この能「楊貴妃」は唐の詩聖、白楽天の詩「長恨歌」の詩句を巧みに駆使した名文の、女能の第一と云われている能の大作。
「長恨歌」は案録山の乱で蜀に逃げる途中殺された唐の玄宗皇帝の寵姫、楊貴妃を悼む白楽天の傑作。
玄宗皇帝は楊貴妃のことが忘れられず道士に仙界、蓬莱宮に貴妃を訪ねさせる。楊貴妃は道士に玄宗皇帝との愛の日々の思い出や、誓いの言葉を語る。これがこの能のストーリーだ。
蓬莱山は中国の伝説上の仙郷。一説に日本にあったとも。昔から日本は憧れの國だったのだ。あーよかった、この国に生まれて。外国に行っても自信がもてるかも。
楊貴妃は並外れた才女だったと云う。世界の三美女、楊貴妃、クレオパトラ、小野小町。いずれも才女。美女の条件は美貌だけではダメのようだ。それにしても欧米の美女の名がないのはどうしてだろう?ビーナスは神様だしモナリザは絵のなかの人のようだし?

comment 0
10.06
Sun
yugao.jpg

源氏物語、夕顔の巻の脚色。同じ夕顔の巻からの作品に「半蔀」があります。
半蔀は光源氏と夕顔の上との愛だけに焦点を絞って描いた作品。
源氏物語、夕顔の巻では夕顔の上を無邪気な子供っぽい女とし帚木の巻、雨夜の品定めでは弱々しく内気な女としています。
「半蔀」はこうした夕顔の上の人となりを描いていて分かりやすく演ずる側の感情移入が容易だといいます。
「夕顔」は前場に荒涼と荒れ果てた「某の院」の暗闇の中で嫉妬に狂う生霊に襲われ息絶える夕顔の上を描きます。
シテは舞いません。地謡に頼りますが存在感を示さなければなりません。
能の特異な表現方法でまた難しさも別格です。
 後場は出典、源氏物語にはないこの能の作者の世界です。
「序ノ舞」(解説参照)の前に「心の水は濁江に、引かれてかかる身となれども」(清い心の水は恋という濁水となってこのような身になったけれども)とあり、また前場のシテの登場歌サシ、下歌、上歌に(シテの心情述べる歌)「色をも香をも捨てざりし。
涙の雨は後の世の障りとなれば」(思い切って色香を捨てることができなかった事が後の障りとなって成仏できない)と、人の心の迷いと懺悔を謡い仏の救いを求めます。深い仏への帰依です。この曲の主題でしょう。
この曲の舞、序ノ舞から終曲まできわめて静かに運びます。静かな法悦の世界を現しています。
能のシテは演出者でもあります。曲に対する自分なりの理解を型附の範囲内で自分なりに演出するのです。
例えば怒りや悲しみを表現するとき急激に身体を動かすか又は静かに動かすかその人の理解によって違います。
同じ曲でも演ずる人によって趣が異なるのです。
comment 0
back-to-top