FC2ブログ
08.27
Sat
IMG_2933.jpg
沖縄の海の幸 2016年8月1日、那覇、牧志公設市場で写す。

八月一日から五日まで、沖縄、渡嘉敷島に行った。午後一時出港に間があったので那覇の國際通りを入った牧志公設市場を見に行った。市場はその地方の人達の生活が見えるようで興味深く大好きだ。中でも目を引いたのが海の幸。魚もエビも赤、青、黄色とカラフルで美しい。味も食べ馴れた北の魚と風味が少々違い、歯応えもあってシコシコと美味しい。
 写真の貝は貝殻でボタンなど装飾品を作る夜光貝、青い魚は大好きなイラブッチャー。

IMG_3065.jpg
集団自決跡地の碑 撮影日時2016年8月1日~5日 渡嘉敷島で写す。以下同じ

渡嘉敷の最後の日、島内一周しこの地を訪れた。米軍の猛攻に敗戦の辱めを受けるよりはと、軍の指導もあって村民が集団で自決した跡。その悲惨を語る碑文を読むうち、耐えられず中ほどまでしか読めなかった。二次大戦では日本のほとんどの町が焦土と化し、東京大空襲では10万の人が死に27万の家が焼失した。戦争の悲惨はここだけではない。しかし我が住む村、町が戦場とされ蹂躙され、軍人でもない住民が自決を強いられた悲惨は沖縄以外にない。少年少女、幼い子供もいたという。
戦争に正義などない。戦争は狂気だ。二次大戦後、戦争責任の罪のなすり合いをした。立場が違えば誰でも狂気になる。誰と名指して恨んでも仕方がない。日本人は敗戦後71年の間、懺悔を続けてきた。この優しい可哀そうな日本人につけ込む国もあるように思う。世界には狂気の芽が噴き出しているように見えるこの頃だ。人間、誰しもが持つ狂気の芽、どのように摘んだらいいのだろう。

IMG_2989.jpg
シマバナナ バショウ科 
島バナナとよんでいる。通称で本名は違うだろう。あちこちに植えてあり勝手に生えているようなのもあった。あ~沖縄だと胸が騒いだ。普通市販されているものより小ぶりだが、程よい酸味とぬめりがあり味は抜群。

IMG_3079.jpg
グンバイヒルガオ ヒルガオ科
薄い紫がかったピンクの花が美しい。浜辺いっぱいに広がり壮観。温かい地方、四国、九州以南に咲く。名前は葉っぱの形が軍配に似ているからだそうだ。軍配は昔の武将が戦いの指揮に使った軍配団扇。今は大相撲の行司が持っている。

IMG_3006.jpg
ギンネム マメ科
よく目にするネムの花は、淡いピンク色の細い糸状の花びらが、実は雄しべだそうだが傘のように広がって咲く。ギンネムは女性の化粧道具のように、ふんわり柔らかそうな球形。
米軍が沖縄に上陸し、焦土と化した土地に米軍が飛行機でギンネムの種を蒔いたと聞いたことがある。古い記憶で少々怪しいが。ギンネムは中央アメリカが原産地。
「象潟や、雨に西施が、ねぶの花」芭蕉の奥の細道の句だそうだ。象潟は秋田県にある景勝地だったが今は田んぼ。西施は中国、春秋時代の美女。一国の王が国を傾けた程の美女だったそうだ。芭蕉の頃はネムを“ねぶ”と呼んだのだろうか。最大級のお褒めにあずかり、このネム、ピンクの笑顔を更に大きくしたに違いない。

IMG_2958.jpg
名前は分からない。
横に茂った低木。初めて見る花。木の姿や葉っぱは山アジサイに似ていたが花はアジサイ属とは全く違っていた。所の人に聞いてみたが、雑木だヨと云った。

IMG_2979.jpg
クサトベラの仲間 クサトベラ科
海岸沿いや海の近くに咲いていた。低木で、枝は腫れぼったく、むくんだ指のようだった。葉はトベラによく似ていた。小さな花で目立たないが、咲き方が面白かった。
花びらは普通、囲い込むように円を描いてつくが、この花は扇を開いたように、5弁の花びらが半円形に咲いていた。

IMG_3075_2.jpg
ハマユウ ヒガンバナ科
漢字で浜木綿。神事に神主が打ち振る、榊の枝に結びつけた白いコウゾの繊維、これを木綿と云うそうだ。長く垂れ下がった花弁を木綿(ゆう)見立てたのだろうか。万葉の昔から親しまれた花という。三重県、宮崎県の県花。温かい海岸がお好みで南限は千葉海岸というがここではめったに見られない。南に下がるほど多い。
丸く垂れ下がって咲く様が老人やライオンが髪を振り乱しているようだ。能にも百獣の王、ライオンが登場する。「石橋(しゃっきょう)」。ライオンとはいっても能では獅子。獅子はライオンをモデルにした架空の霊獣。能の獅子は髪を振り乱し舞台狭しと暴れまわる。能の中でも、他の芸能をも含めてもダントツの激しさだ。

EPSON957.jpg
“獅子、団乱旋(ししとらでん)の舞楽の砌。牡丹の花房匂い満ち満ち大筋力の獅子頭”
(剛筋力の獅子が、獅子、団乱旋の舞を舞えば咲き乱れる牡丹の香が匂って来て、、、)

能「石橋」、所は中国、清涼山。その山中に架かる橋、石橋(しゃっきょう)。幅30センチ足らず。谷底まで三千メートル余り、そのうえ苔むして滑る。生半可の法力では渡れない。橋の向こうは文殊菩薩の住む浄土。日本からここを訪ねた寂昭法師。この橋を渡ろうとする。
寂昭は出家前の名を大江定基。死んだ愛人を葬るに忍びず添い寝して過ごした。定元が愛しい愛人の口を吸った。「おぞましき香」。彼は発心、出家した。どこかで読んだこの話を、酒を御馳走になった師匠に話したら大目玉だった。邪推は無益と。その頃が懐かしい。
寂昭の前に少年が現れ渡橋を諫め暫く待ちなさい、やがて奇特が現れるだろうと云い立ち去る。
深々と静まり返る石橋。突然獅子が姿を現し、咲きほこる牡丹の花に戯れる。
この舞を「獅子」と呼び古来秘曲とされ、楽師が通らなければならない三つの関門の一つ。
 小書き(異演出)では小獅子が出る。獅子三匹もある。作り物の牡丹の立木も増え、舞台は一層華やかになる。親獅子は白ずくめ、子獅子は赤。子獅子を親獅子が谷底に蹴落とす型など舞は激しさを増す。激しさの中にも品位と幽艶がある。現在では小書きが一般的。
獅子の出現は、前奏曲ともいうべき「乱序」で始まり、中程の深山幽谷を表す「露ノ拍子」では小鼓と大鼓が露の滴りを擬し、間をはかり交互に打ち深山幽谷を現出する。能ならではの演出だ。突然囃子は急調に、獅子が躍り出る。
能「石橋」の詳しい解説はこちら

comment 0
08.20
Sat
IMG_2967.jpg
けらま荘
写真は以下2016年8月2日~5日、渡嘉敷島で写した。

八月1日から五日まで渡嘉敷島に行った。那覇の泊港から高速船で30数分、以前から行きたかったが台風に阻まれて行けなかったところ。渡嘉敷島は国立公園、慶良間諸島の一つ。阿波連という部落の民宿「けらま荘」に泊まった。食事は沖縄料理をアレンジしてとても美味しかった。泡盛の無料飲み放題が嬉しかった。三人のきれいな娘さんにお世話になった。渡嘉敷は人が作った娯楽施設が少なく自然を満喫、毎日シュノーケリングで、きれいな魚たちに遊んでもらった。
沖縄はいい、自然も人も明るい。朝と昼と夕方、時刻を知らせるチャイムがスピーカーから流れる。音程が狂っていた。自他共に許す音痴が笑ったくらいだ。沖縄の人のユーモアの面目躍如。

IMG_3052.jpg
ハナリ島
阿波連の海水浴場の沖合に浮かぶ島。バナナボートで渡った。

ハナリ島 砲弾一個
砲弾。無造作に砂浜に転がっていた。

ハナリ島、積み上げた弾
観光客が積み上げたのだろう。どんな想いで積み上げたのだろう。

ハナリ島散乱した薬きょう
散乱した砲弾の薬きょう。悪夢も時が消してくれるのだろうか。石ころと見間違えるほどに朽ちていた。

ハナリ島の人の行かない砂浜や石ころの磯に砲弾や薬きょうが散乱していた。驚いた。二次大戦が終わって71年、原爆の日や終戦の日に話題に上るだけで日本人の記憶から遠い戦争。日本の何処にもない戦争の痕跡がここに残っていた。アメリカ軍が上陸、大きな犠牲があったという。犠牲者の冥福を祈るのも思い付かず、ただ茫然と見つめるだけだった。

IMG_3058.jpg
ハイビスカス アオイ科
生け垣など、いたるところに植えてあった。空き地にまで勝手に咲いていて色々の品種が夏の華を競っていた。ハイビスカスと云えばハワイのフラダンスの娘さんが頭に挿して踊っている絵や写真が浮かぶ。ここ沖縄では真夏の太陽が強烈に照りつけ、ハイビスカスの色も強烈だった。
「閻王の口や牡丹を吐かんとす」蕪村の句だそうだ。エンマ大王の口は大げさだが蕪村が生きていたら、この花を見せたいものだ。
沖縄の芸能に「エイサー」がある。太鼓を打ち鳴らし勇壮に踊る。躍る若者の頭に真っ赤なハイビスカスを盛大に挿してあげたい。

IMG_2980.jpg
アダン タコノキ科
パイナップルにそっくり。美味しそうだったのでかじってみたが硬くて食べられなかった。海岸近く生えていた。防潮林にしているという。

IMG_2982.jpg
名前は分からない。ヒルガオ科?
葉っぱは葉柄に5枚くっついていた。紫色の濃淡が、いかにも自然の色と云わんばかりに鮮やかできれいだった。地面一面に這い、また大木にも這い上って盛大に咲かせていた。

IMG_3077.jpg
ハマアズキ マメ科
グンバイヒルガオに混じって咲いていた。オヤ?グンバイヒルガオの黄花?まさか?かき分けてみたらグンバイヒルガオの大きな葉っぱのかげから茎と葉が現れた。初めて見た。
屋久島以南の花だそうだ。

IMG_3033.jpg
ハマボウ? アオイ科
ムクゲやハイビスカス、芙蓉の仲間。鮮やかな黄色が目を引く。アオイ科の仲間では珍しい黄色。ハマボウは奄美大島が南限だという。違う種類だろうか。

IMG_2970.jpg
ヤドカリ 
何というヤドカリか忘れたが国の天然記念物だそうだ。大きなヤドカリだった。陸ヤドカリだそうだが何処でマイホームの貝殻を見つけるのだろう?辺りにはマイホームになるような巻貝は見当たらなかった。

IMG_2956.jpg
ハスノハギリ ハスノギリ科
樹は大木だが花は小さく玩具のように可愛くまるでイヤリング。
初めて見る樹。宿のご主人に名前をおしえてもらった。温かい地方の木だそうだ。葉が蓮の葉に似ているからという。材も桐に似て軟らかく下駄や丸木舟を作ったとか。
宿に着くなり目に付いた。盛大に枝葉を茂らせ威風堂々とした姿だ。能に登場する人物に例えればさしずめ大盗賊、熊坂長範だろうか。蓮の葉桐は材も桐に似て軟らかいというから案外、脆弱かもかもしれない。熊坂長範も少年の牛若丸に散々に切られ「次第しだいに重手は負いぬ、猛き心、力も弱り」とあえなく命を落した。

160820_1.jpg
長刀ではかなわないと組打ちを狙うが牛若の電光の早業に茫然と立つばかりの熊坂

能「熊坂」は奥州の藤原氏の間者も兼ねた豪商金売吉次が、牛若、後の源義経を藤原氏に伴う途中、熊坂長範に襲われるという話。
前場は僧姿の長範の亡霊が本物の僧に回向を頼むという変わった場面をみせる。それといった動きはないが底知れぬ不気味さがただよう。
後場は“蓮の葉桐”の葉を重ねたような長範頭巾に専用面、長霊べし見の異様な、恐ろしげな姿で現れ牛若との激闘を見せる。牛若は登場せず長範の一人芝居。牛若は俊敏で、まるで虚空を飛んでいて人には見えないという設定だ。熊坂が目で追うその先に牛若がいる。長範は矢継ぎ早に長刀を繰り出し牛若を追う。変わった型を交え、迫力満点。終曲の長範の最後が哀れだ。大盗賊の最後であっても舞台に漂う哀愁に同情を禁じ得ない。
能「熊坂」の詳しい解説はこちら

comment 0
08.13
Sat
2863.jpg
2016年7月23日 青梅市御嶽山で写す。撮影場所、日、以下同じ。
森々と静まり返った参道の杉木立。

梅雨明け間近の薄日が洩れる土曜日、御嶽山に登った。お目当てはレンゲショウマ。かなりの群落がある。平地は薄日が漏れていてもここは標高930Mの山。霧が深く売り物の絶景は見られなかった。山は深く修験道の道場だったというが、肯ける。
静かな登山道では若い女性のグループ、急坂を駆け登る若い男性。ポケモンGoだけではない若者に心を引かれた。高尾山とは違い外国人には一人も逢わなかった。
山頂の御嶽神社の拝殿前の石段横では祭神という大口真神(おおくちまがみ)の石像“おいぬさま”と呼ぶそうだが、睨み付けていた。「お賽銭をあげに来ました、怖い顔しないで」とウインクしたがシカトだった。“お犬さま”と呼んでもほんとは日本オオカミだそうだ。怖い訳だ。

IMG_2889.jpg
御嶽神社"おいぬさま”
 
濃い霧の中の佇まいは神域の風情がいっそう深かった。

IMG_2906.jpg
レンゲショウマ キンポーゲ科
漢字で蓮華升麻、花の形が蓮華、ハスの花に似ているから。升麻と名がつく花の中でも花の形が違う。淡い薄紫の花と丸い鈴の様な形が霊山の花の雰囲気。日本の固有種だそうだ。残念ながら花期に少し早く数個しか咲いていなかった。

IMG_2903.jpg
ミヤマタニワタシ マメ科
「深山谷渡し」だろうか、少々大袈裟だが。節々で折れ曲がり蔓のように他の木や草により掛かり伸びる。花など咲きそうもない藪に咲いていた。おや?と思うのだろう、通る人毎に立ち止まり、中にはカメラを向ける人もいた。

2891.jpg
ヤマユリ ユリ科
ユリの女王様。日本の固有種。改良種の母親の有力種。カサブランカの母でもあるそうだ。大型の豪華な花が野山に咲くとは信じられない程。強烈な芳香を放つ。球根はユリの中でも味一番、流石だ。
御嶽山の日当たりのいい至る処に咲いていた。群落もあった。蓮華升麻はさることながら、もう一つの目玉にどうだろうかと。

2893.jpg
ギボウシ ユリ科
葉っぱが大きく姿も花もきれい。欧米の人にフアンが多いと聞く。名の由来は花が橋の欄干の擬宝珠に似ているから。擬宝珠は今はめったにお目にかからない。神社やお寺の飾りの橋くらいだ。欄干の柱を飾る栗の実の形の金属装飾。
ギボウシは東北では春の芽立ちをウルイと呼び主要な山菜。ぬめりがあり、お浸しでもごく若い芽は天ぷらが美味しい。

IMG_2873.jpg
ソバナ キキョウ科
蕎麦菜と書くが、花は釣り鐘型で蕎麦の花とは似ても似つかない。葉も似ていない。強いて云えば茎だろうか。おかしな名だ。ソマナとも云うらしい。ソマは杣で杣人ということ。山で仕事をする人が土産に持ち帰ったというのだろうか。絵のような風景が浮かぶ。
同族のトトキ、釣り鐘人参と共に主要な山菜。味はトトキの方が一枚上だという。

IMG_2904.jpg
オカトラノオ サクラソウ科
虎の尾とは大袈裟で可哀想。子猫の尻尾くらいが可愛くて似合うのに。先細の尻尾の様な花穂に桜の花形の小花がびしり咲く。下の方から咲くので真ん中辺が咲く頃、下の花は茶色にしぼんでしまう。これがいっぺん咲いたらさぞ豪華だろう。
古いが「虎の尾を踏む男たち」という映画があったという。黒沢明の作品。源義経の家来、武蔵坊弁慶の物語。頼朝に追われ奥州、平泉までの大逃避行を描いた作品。出所は能「安宅」、大方の人が知っていた能だったのだろう。
能、安宅では、安宅の関を突破した感慨を「虎の尾を踏み毒蛇の口を逃れたる心地して」と謡う。演劇性大盛り、活劇たっぷりの大作、人気曲。

歴史上、権力を手にすると猜疑心から周りの有力者、親族までを粛正する事が多々だ。今の世でもどこぞの国などで有るというから恐ろしい。
兄、源頼朝に狙われた義経は弁慶以下十二人の家臣と奥州、藤原秀衡を頼って逃避行を試みる。一行は弁慶の策謀で山伏姿の出で立ちで出立する。「旅の衣は篠懸の」次第から、サシの「鴻門楯破れ都の外の旅衣」、下歌、上歌、12人(実際は十人ほど)の猛者の連吟が舞台を威圧する。
義経一行の山伏姿は既に洩れていた。関守、富樫の某は弁慶に、東大寺再建の勧進ならばその趣意書、勧進帳がある筈だ、それを読めという。弁慶が読む勧進帳は、節付け拍子当たり共に込み入った難物。白紙の勧進帳を弁慶が知略で読むのだ、そのための工夫なのだろう。関守達は肝を潰し弁慶一行を通す。
後尾についていた強力(荷物の運搬役)姿の義経が止められる。義経に似ているというのだ。弁慶は決断する。主君、義経に、僅かな笈を負いよたよた歩くから疑われるのだ、日頃から憎い奴だと思っていたと金剛杖で散々に打ちすえる。富樫はそれでも許さない。
弁慶に次の策が浮かぶ富樫に、「強力を留め笈に目をかくるは盗人」だと詰め寄る。続く猛者共は主君の一大事とばかりに刀に手を掛け、止どめる弁慶諸共、富樫に殺到する。
能的直線的演技が倍加して大きな迫力を生む。
恐れをなした関守は関の門を開き一行を通す。虎口を脱した一行は関を抜群に隔て休息する。富樫が非礼を詫び、酒を携え一行を訪れる。弁慶は比叡山切っての芸達者だ。興にのって延年の舞を舞う。舞は山伏掛、男舞だが剛直を心がけ舞う。小書に「延年ノ舞」があり剛直を増す。
この能の出典は「義経記」。平泉までの数カ所で起きた出来事を安宅の関所で起きた事として一纏めにしたという。この能では関守を威嚇する剛直な弁慶達と、主君を打つという前代未聞の不忠を働かなければならなかった弁慶の苦衷を柱に描かれる。
出典「義経記」では弁慶の策略が時には可笑しく描かれる。例えば直江津では笈の中味を調べると云われ、弁慶は笈を投げ出し、手を掛けた代官に、中に権現が鎮座している。汚れた手で触ると罰が当たると脅し、お清め料として米三石三斗、白布百反、馬七匹をせしめた。中味は武具だった。
当の安宅では危険なことは何一つ起こらなかったし「安宅の関」と云うのも無かった。
富樫は加賀の国の守護職だった。弁慶は酒宴中の富樫の館に乱入、郎党達と争い、東大寺勧進と偽り寄進をせしめた。
勧進帖の話は義経記にはなく、頼朝に反乱を勧めた荒法師、文覚上人の話だという。
文覚は後白河院の御所に押し入り、高尾の神護寺修復の勧進帳を高らかに読み上げたという大胆不敵な怪僧だったという。
能「安宅」の詳しい解説はこちら
comment 0
08.06
Sat
IMG_2889.jpg
2016年7月23日写す。以下撮影日、同じ。
霧に包まれた御嶽神社。本殿は修復中でシートに覆われていた。

御嶽山の花を見に行くとメールしたら危ないから止めた方がいいと云われた。去年噴火して犠牲者を出した木曽の御嶽山と勘違いしたらしい。漢字では同じでも、木曽はオンタケ、奥多摩はミタケ。漢字の読みはややこしい。
梅雨の終わりで時折小雨がしょぼつき全山霧に包まれていた。好天とは又違った風情がよかった。
JR御嶽山駅からバスで十五分程、ケーブルカーには乗らず枯れ枝の杖で登った。写真を撮りながら宿坊が点在する集落を過ぎ、土産物兼食堂のソバとビールの誘惑を振り切り山頂の神社を目指した。約二時間。

IMG_2844.jpg
タマアジサイ ユキノシタ科
蕾がビー玉ほどの、球形をしているので付いた名だという。蕾を包んでいる皮膚の様な物を苞と云い、葉の変形で中の蕾を保護しているのだそうだ。植物と侮れない賢さだ。日当たりの悪い木の下が好きなようだ。お日様嫌いも面白い。

IMG_2861.jpg
退色したような薄緑色の花だった。花は華やかが通念。この花、侘び寂を好む通人のフアンを狙ったか。野性の一種だろうか。名前は分からない。
野性のアジサイはガクアジサイ、ヤマアジサイ、タマアジサイだけだと思っていた。今まで気に留めなかったが野性のアジサイは色々あるのだなと。これらのアジサイは日本の固有種だときけばいっそう愛おしい。

IMG_2855.jpg
クサアジサイ ユキノシタ科
背丈30センチ程、白地にごく薄い赤紫がかった色合いだった。清楚できれいな姿だった。この花の名前を知らなかった。調布市にある野川公園の自然観察園の人に教えて頂いた。

IMG_2853.jpg
ギンバイソウ ユキノシタ科
白い五弁の花を梅に見立てて銀梅草。蕾の形が奇妙だった。花も奇妙かと思ったらきれいな花だった。
奇妙な花だってある。花は色だけではなく形でも虫を引き付けるのでは?考えてみると花はそれぞれ色、形に特徴がある。人はどうでもいいのだ、虫を呼ぶための、あの手この手だろうか。この花も野川公園の人に教えて頂いた。

IMG_2856.jpg
上と同じような背丈だった。花は豪華だった。透き通るような薄紫色がまわりに映えた。
タマアジサイではという。ともあれこんな小さな木に一個だっけ、これ程までに豪華に咲くとは、恐れ入りました。

IMG_2877.jpg
ガクアジサイ
木も花も一際大きく豪華だった。ガクアジサイは海岸近くに多い花だそうだから多分、人が植えたのだろう。紫の色も他のものより濃かった。交配種かも知れない。
色、形、模様、美しさは浮世絵で見る遊女のかんざし。
このあじさいの簪を、能「班女」に登場する遊女、花子の頭に刺してあげたい。

能「班女」は狂女物と呼ばれる曲。ドラマ性の高い能だ。冒頭からドラマチック。シテ花子は野上の宿の遊女。恋人と再会を約して取り交わした扇を抱いて、現ないさまに橋掛かりを歩むシテ花子に、腹を立てた宿の長が小言を言いながら纏わり付く。恋に落ちた者に小言を山積みにしても聞く耳を持たぬのが恋。誰しも多少の覚えがあろう。宿の長を間狂言が勤める。笑うに笑えぬ、のは身につまされる故だろう。冗談が過ぎますかね。
物語の中心であるクセと、続く「中ノ舞」の舞後で恋人への想いを切々と、美しい詞章と豊かな韻律で謳いあげる。作者世阿弥の自信作という。
取り交わした扇がドラマのキーワードだ。この扇を効果的に使い独特な興味深い「型」をみせる。
能「班女」の詳しい解説はこちら

comment 0
back-to-top