FC2ブログ
04.28
Sat
関東以北にはない早春の花があると聞き谷や崖をよじ登り
這いずり回り探したが目指す花は見つからなかった。
だがJR保津峡駅から亀岡駅まで山道を5時間、
一人歩きは気ままでいい。
休む?河原に降りてみる?ここらでオニギリ食べる?
同意求める人は自分、自分ほど気の合う者はいない。何事も即決。

IMG_5583.jpg
保津川の川下り。2018年3月30日写す。以下同じ

今年の冬は厳しい寒さが続いたが三月中頃から急に暖かくなった。
初夏のような陽気に誘われたのか保津川下りの客は満員だった。
陽気もさることながら、さすが京都観光の目玉の一つだけのことはある。
保津川沿いの山道を5時間かけて歩いた。木陰から船下りがチラホラ見えた。
船から上がる歓声が羨ましかった。
“船下りするの”とメールが来た。
止める“下らない”からと返事したら駄洒落99点と返信があった。
電車で京都に上る、経済的事情と言い訳して置こう。

「五月雨を集めて早し最上川」松尾芭蕉の奥の細道の句だそうだ。
数年前、最上川の船下りをした。川幅も広く保津川のような激流はなく
ゆったりした流れだった。
船頭の最上川舟歌や民謡が心地よくうっとり眠気を誘った。

IMG_5595.jpg
ヤブツバキ(椿)ツバキ科 


見飽きた感のツバキだが、ここの椿は色が濃く黒に近いものがあった。
十数年前、静岡県藤岡の無農薬お茶の栽培農家にお茶摘みの手伝いに行った。
茜タスキと菅の笠を貸してくれと頼んだが断られた。勿論冗談だが。
農家の主人が近くのお寺に珍しい椿があると云うので見に行った。
住職曰く大昔から当寺に伝わるツバキでその名も“黒椿”
日本に一本しかない珍しいツバキだと宣っていた。
椿を見る度に気に掛かっていたが、まさしく保津の椿に間違いないと確信した。
住職にまんまと一杯食わされたと苦笑がでた。

IMG_5594.jpg
ヒメクロモジ?(姫黒文字)クスノキ科

静岡県より西にある木だそうだ。始めて見た。
可愛らしい白い花、クスノキ科共通の清らかないい香りがするという。
同種の高級ツマヨウジのクロモジより少し早く花が咲くそうだ。
屋久島、種子島に大型だがこの木に似たアオモジがある。
土地の人は「火用心の木」と呼ぶ。
三月に花が咲く。三月は山火事が多いからだという。

IMG_5600.jpg
ワラビ(蕨)

シダ類には毒がないと聞いたことがある。
だがワラビやゼンマイなど強烈なアクがあるものがある。
木灰や重曹でアク抜きをする。
アク抜きにはちょっとしたコツがある。
友人たちに自慢タラタラ教える。
ワラビは昔から食べられていたのだろう。
能「小原御幸」では裏山に仏に備える樒を採りに行った
建礼門院と侍女が下山する様子を、
「樒に蕨を折り添えて」と謡う。

能「小原御幸」は壮大な叙事詩といわれる平家物語の巻末に
加えられた灌頂巻を脚色した作品。
能は謡を聞かせ、舞を見せることを主眼にした芸能だが
「小原御幸」には舞は全くないと云っていい異色の能。
謡だけで盛者必滅の理の哀れを歌い上げ感動を呼ぶ名作。
墨染の衣に花帽子、数珠を持った建礼門院のわずかな心象表現が
大きな感動を呼ぶ。

能「小原御幸」は平清盛の娘、安徳天皇の生母、建礼門院徳子の物語。
平家は長門國早鞆の沖の戦い滅亡、建礼門院は入水したが助けられ
都の奥、大原の荒れ寺の寂光院に入り安徳天皇及び平家一門の菩提を弔う
生活に入る。この荒れ寺に法皇が建礼門院を訪ねねぎらう。

IMG_3746.jpg
朧の清水 2016年12月24日写す。以下同じ

建礼門院が大原入りの時、折しものおぼろ月夜に、泉に映った我が姿を見て
身の上を嘆いたという。歌枕となったほどの泉だといわれる。
能「小原御幸」では「芹生の里の細道や。朧の清水月ならで御影や今に残るらん」
と法皇の来訪に感謝し労をねぎらう。
建礼門院が朧の清水に姿を映したというこというはこの能にも
灌頂巻にも見当たらない。

IMG_3755.jpg
寂光院

思ったより小さなお堂だった。
当時はかなりの荒れ寺だったとある。
「一宇の御堂あり、甍破れて霧不断の香を焚き、枢落ちては月
もまた常住の燈下をかかぐ」栄華の生活から一転、この世の地獄に
突き落とされた建礼門院の心情を破れ寺の景色で謡う、能の魅力だ。
少年の頃、父が酒に酔い謡って聞かせた。外国語のように聞こえた。
幼い少年に理解できる筈もないのだが、目をつぶりウットリと謡う
父の姿に何か熱いものが伝わった。
多くの人に膾炙された、これほどの名句だが出典は分からないという。
能「小原御幸」オリジナルだと信じることにしている。

IMG_3762.jpg
建礼門院、庵室迹

「賤が爪木の斧の音、梢の嵐、猿の声。これらの音ならで真さきの葛
青葛、来る人、稀になり果てて」と庵室の景色を謡う。
灌頂巻には「方丈なる御庵室をむすんで一間をば御寝所にしつらい
一間をば仏所に定め」方丈は約3メートル四方だったという。

IMG_3774.jpg

IMG_3770.jpg
阿波内侍の墓と、墓に至る石段。樒は誰が手向けたのだろうかと。

大原での建礼門院の侍女は大納言局、阿波内侍。
法皇が寂光院に到着した時、門院は局と山に仏に備える花摘みに山に入っていた。
阿波内侍の墓への、この道を登ったのかも知れない。
石段などあろう筈もなく道らしき道もない斜面を登ったのだろうか。
「花筐、臂に懸けさせ給うは女院にて渡らせ給う。
爪木に蕨おり添えたるは大納言局なり」二人の帰る姿が尾根に見え内侍がこう謡う。
今は杉やヒノキが植えられ大木となり当時の面影はない。

阿波内侍は今の世でも親しまれている。大原女の姿が阿波内侍の姿を
再現したものだという。眉に唾をして信じることにしている。

能「小原御幸(おはらごこう)」の詳しい解説はこちら

comment 0
04.22
Sun

IMG_5579.jpg
JR保津峡駅 2018年3月30日写す。以下同じ

京都駅から20分程の近場に急峻な深い渓谷があるとはとビックリ。
しかも無人駅、駅前は疎か辺りに人家も人影もなかった。
ホームの下は目も眩む渓谷。
どうしてこんな処に駅があるのだろうと不思議だった。

ここを訪ねたのには訳がある。
西日本以西に咲くというユキワリイチゲが目的だった。
図鑑の撮影場所が保津峡だったから。
山道を五時間歩き探したが見つからなかった。

IMG_5598.jpg
シハイスミレ?(紫背菫)スミレ科

保津峡駅近くの渓谷の斜面を這い廻ったが珍しい花はなかった。
急斜面の渓谷は四つん這いでないと危なかった。
不格好な情けない姿を見て笑っているようにシハイスミレが咲いていた。
西日本に咲くスミレで珍しくはないらしいが、
初めて出会ったので嬉しかった。
ユキワリイチゲには会えなかったがこれで満足とした。

IMG_5582.jpg
ユキヤナギ(雪柳)バラ科

生け垣に植えられていて見慣れた花。
渓谷の岩壁に咲いていた。
過酷な環境に必死に咲いているようだった。
町の生け垣の雪柳とは同じ花とは思えない程、
厳しい環境に花も姿もきれいだった。

IMG_5602.jpg
保津川の急流、ゴツゴツの岩をすり抜け下る小船

保津川下りは京都観光の目玉の一つ。
両岸には満開の山桜、天気は上々。
このところの夏日で客の数はウナギ上り、舟は急流の岩を避け、くねくねと
ウナギ下り、スリル満点、ひやりドキリ毎だろう客の嬌声が聞こえた。
船頭は男三人だった。
能「玉葛」では初瀬川の急流を女が一人で下ってくる。

玉葛-修

玉葛は源氏物語「玉葛の巻」に登場する美女。
母は儚く短い生涯を閉じた薄幸の女、夕顔。
母に死に別れ、乳母の夫の赴任先、肥後の國で成人する。
美貌故に土地の権力者に言い寄られ身の危険を感じ早船で脱出、
難所の響きの灘の恐怖は玉葛の生涯のしこりの一つになった。
玉葛の母夕顔の侍女右近は玉鬘との再会祈願に初瀬寺(長谷寺)にお参りする。
玉葛は母との再会祈願に初瀬寺に参詣、同じ宿に投宿し玉葛、右近は邂逅する。
生涯忘れられない奇縁であった。

前場で玉葛は小舟に乗って初瀬川の激流を下る様で現れる。
さながら響の灘の難渋を見せているようだ。
初瀬寺の宿で母の侍女との衝撃的な邂逅を語り、クセで響の灘の恐怖を語る。
この二つが前場の主題となっている。
後場の玉鬘は狂乱の姿で現れる。
何故の狂乱であるかは明確に語られない。
玉葛に懸想した人々、玉葛には養父でもあった光源氏、柏木の歌、蛍兵部卿のことなどが
語られる。狂乱の種は何であろうか、詮索するのもまた能の面白さでもあろう。
秘すれば花という言葉がある。能作者の言だそうだ。

     能「玉葛」の詳しい解説はこちら

comment 0
04.14
Sat
IMG_5544.jpg
城山から見る富士山 2018年3月23日写す以下同じ

城山は高尾山の尾根続きの隣の山。
陣馬山まで格好のハイキングコースになっていて
族連れ、若い人、年配のグループで賑わう。
関東ふれあいの道というらしい。
城山、景信山など要所に休憩所、売店もあり
おでん、なめこ汁などビール、お酒もある。

IMG_5534.jpg
アオイスミレ(葵菫)? 

まだ花のない殺風景の山の道に咲いていた。
オヤっと立ち止まる。ご機嫌のお目覚めですねと話しかける。
スミレは可愛い花の代表格。昔から歌や詩に詠まれ、
宝塚の歌姫が歌うスミレの歌に多くの人が胸を詰まらせたと思う。
違うかもしれないが葉の形などからアオイスミレとさせていただいた。

IMG_5554.jpg

IMG_5531.jpg



ダンコウバイ(檀香梅)クスノキ科

早春の刺々しい空気の中に咲いていて辺りを和らげているようだった。
立ち止まって見上げ大きく息を吸い込む。話しかけたくなる。
檀香梅は名のように清らな香りがする木。
遭遇したことはないが、まるで天女の香り。
能「羽衣」では天女の天下りを、
「虚空に花降り音楽聞こえ霊香四方に薫ず」と謡う。

能といえば「羽衣」。能の代表のようによく知られた能。
主人公は天女。貴族の庭園にでも舞い降りるのが相応しいが
なんと三保の松原の漁師の前に現れるのだ。

三保の松原は天下の絶景の地。
「春の景色松原の。波立ち続く朝霞。月も残りの天の原。及びなき身の
眺めにも心空なる景色かな」と漁師の白龍さん。
天女もその美しさに引かれて舞い降りるほどの三保の松原の絶景を謡う。
美しい舞台設定だ。漁師ながら立派な名前は、天女に遭遇すに相応しい。
腰蓑姿の漁師、白龍と異次元の世界に住む天女の取り合わせが、
一層この能を引き立たせ面白くする。

松の枝に掛けてあった天女の羽衣を発見した白龍さんは大喜び。
羽衣がないと天に帰れないと悲しむ天人に、最初は家の宝にするから返さないと
意地悪だった白龍さんだが根は優しいのだ、天人の舞楽を見せてくれるのを条件に
羽衣を返す。今時の日本人は色々だが、元々日本人は優しいのだ。

羽衣を返して貰った天女は羽衣を翻して美しい舞を舞う。
天人のこの舞は後に舞楽の「駿河舞」の元となったとする。
さすがに駿河舞の元になった舞、美しく魅力満点だ。

クセで三保の松原と富士の絶景を舞う。富士を「須弥山」に見立てる。
須弥山は仏教の世界観の山。信心深かかった昔の人は能、羽衣を観て
「蘇命路の山」即ち須弥山を思い浮かべ涙しただろう。
キリで羽衣を翻し「笙笛琴箜篌」の音楽の中、舞いつつ天に帰る天女が美しい。
天女を見送り立ち尽くす白龍の姿が彫刻のように印象的だ。

img004.jpg
「左右左、左右颯々の、花をかざしの天の羽袖、靡くも返すも舞の袖」
富士山を眼下に羽衣を靡かせ、舞いつつ月の世界に帰って行く天女
     
能「羽衣」の詳しい解説はこちら



comment 0
04.07
Sat

IMG_5541.jpg
景信山山頂 2018年3月23日 写す。以下同じ
前々日降った雪でぐちゃぐちゃ。登山者は数える程。

何やら曰くありげな山の名。戦国時代の武将の名から付いた名らしい。
JR高尾駅からバスで二十分程で終点小仏、二時間程で山頂、
足の運動には程よい。標高七百メール少々。
眼下に栄華の巷東京の街並み、右に首を回らせば富士山、更に回らせば
南アルプスも見える絶景の山頂。

IMG_5526.jpg

IMG_5527.jpg
ヤブツバキ ツバキ科
庭に椿を植えていない家は少ない。見飽きた花だがこの山のヤブツバキは
真っ赤で色が濃かった。形をとどめ色も褪せない落花が哀れを感じさせた。
昔椿は武家屋敷には植えるのを忌み嫌ったと聞いた。
落花の様子が打ち落とされた首に似ているからだそうだ。
などと変なことを思い出し通り過ぎたが気になって引き返し撮った。
引き返したのは衝動的だった。なぜだか分からない。

IMG_5539.jpg


IMG_5540.jpg
キブシ キブシ科
きれいな花とは云い難いが、アッ、春が来た!と嬉しくなる。
薄黄色の花は行儀よく互い違いに並んで咲き、まるで並びのよい歯のようだ。
昔、キブシの実をお歯黒にしたそうだ。
幼い頃、亡くなったお祖母ちゃんは明治生まれでお歯黒をしていた。
ニッと笑うと黒い歯が恐かった。
平安の昔は男もお歯黒をしていたそうだ。在原業平も光源氏も当然
お歯黒をしていただろう。
業平の顔だとする能面「中将」もお歯黒をしている。

IMG_5529.jpg
ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)スミレ科

珍しい花ではないが人里離れた山の日陰に多い。
花もきれいだが若芽や花は中々の珍味。
スミレは種類によっては人里や日当たりのいい土手にも咲く。
「春の野にスミレ摘みにと来し我ぞ、野をなつかしみ一夜寝にける」
万葉集の山部赤人の歌だそうだ。
万葉人は少女の様なロマンチストだったのだろうか。
昭和の童謡作詞家達も写真で見ると口髭を蓄えたオッカナイおじさん達だが
優しい童謡を作詞した。人は見かけではないということだろう。
だがやはり春の野でスミレを摘むのは女性が似合う。
能「求塚」では薄雪の残る早春の生田の野で女性三人が
「春の野にスミレ摘みにと」と謡いながら若菜をつむ。 
春を待ち侘びた女性たちの優しさと、薄雪の残る野の清冽な早春の空気が
胸いっぱいに沁みわたる。

能「求塚」は見る人を知らず知らずの内に明るい現実から暗い地獄の底に
次第しだいに引きずり込む不思議な能。

img001.jpg
「求塚いずくやらん、求め求め辿り行けば」
地獄の苦しみが一時解け、安らうべき求塚を探し求める
莵名日少女(うないおとめ)の亡霊

薄雪の残る寒々とした早春の生田の野で三人の女達が若菜を摘んでいる。
旅の僧が求塚の所在を聞く。女たちは若菜摘みの障りとなると取り合わない。
若菜を摘み終えて女二人は帰り一人の女が残る。
女は求塚を教えようという。謎めく女の姿から異様な気が滲み出る。
女は求塚の謂れを語る。塚は莵名日少女(うないおとめ)という女の墓だった。

少女に二人の男が懸想する。選びかねた少女は生田川に浮かぶオシドリを
射させ当たった方を選ぶという。二人の矢は同時にオシドリに当たった。
他人事のように語っていた女の語調が変わる。
押し殺すように「その時わらわ思うよう」
女は莵名日少女(うないおとめ)の亡霊だった。
観る人々は次第しだいに地獄の世界に引き入れられる。
つがいの絆の固いオシドリの片方を殺し、仲を裂いた身の罪を悔い
生田川に我が身を投げる。求塚は少女の墓だった。
二人の男も塚の前で差し違え後を追う。
これも我が身の科だと語り莵少女の霊は塚に消える。

後場は只々地獄の凄惨な世界に引きずり込む。
地獄の描写が物凄く、かつ恐ろしい。
莵名日少女の亡霊は僧に成仏を乞うこともなく只々地獄の苦しみを見せ
救いのないまま物語は終わる。

能「求塚」の詳しい解説はこちら






comment 0
04.02
Mon
IMG_5525.jpg

野川公園自然観察園 2018年3月15日写す
冬景色の殺風景な園内にコブシが咲き初め、春の空気が流れ始めていた。

IMG_5516.jpg


IMG_5515.jpg
アズマイチゲ(東一華)キンポウゲ科

純白の花色は早春に咲く花に相応しい。
一本に一個咲くのでイチゲ、つまり一華だそうだが“東”が分からない。
東は関東を指すというが全国にあるらしい。

早春に目を覚まし美しい花を咲かせ、初夏には姿を消すアズマイチゲの仲間は
スプリングエフェメラルと呼ぶという。
儚い短命の春の花という意味だそうだ。
節分草、福寿草、一輪草や二輪草などなど。早春の女王カタクリも。

蝶も蜂も冬ごもり、花の夢を見ている中に咲く不思議な花達だ。
春を待ちわびている、野の花好きの人間を喜ばせたいと咲くのだと思う事にしている。
雪の多い地方では雪解けの中に咲く。感動一入は言わずもがなだろう。
雪もまたエフェメラルだ。
大地を白一色に漂白浄化する雪に人々は様々な思いを抱き色々な夢を描く。
雪の精の能「雪」もごく自然に生まれたのだろう。

雪の小面
使用面、小面。汚れを知らない清浄無垢な少女の相貌。
写真は「雪ノ小面」と呼ばれる由緒ある小面。

突然の大雪に道を見失った僧の前に現れた女。
僧に己は誰なのか分からない、ただいつの間にかこの世に現れたのだと云い
この事が妄執だと訴える。
僧はただ仏の功徳を信じれば成道できると教える。
雪の女は感謝の舞を舞う。

物語性は乏しい小品だが、白い袖を翻して舞う雪の女の舞が美しく、
果てしない雪原の彼方に清浄無垢な夢に誘う。

  能「雪」の解説はこちら


comment 0
back-to-top