FC2ブログ
05.26
Sat
IMG_5673.jpg
八ヶ岳の主峰、赤岳 
2018年4月27日写す。以下同じ

八ヶ岳は長野県と山梨県に連なる山。雄大な裾野を引く。
主峰、赤岳は標高2900m。
赤岳周辺の花の色がどこの山よりもきれいだと感激した記憶がある。
特にタカネナデシコの花びらが大きく、垂れ下がっていたのが忘れられない。
最近は八ヶ岳山麓を取り巻いているハチマキ道路周辺の花を見に行く。
ついでにキープ牧場のアイスクリームを食べるのが楽しみだ。
ジャージー種と云う見慣れない牛が“モウ~”と歓迎してくれる。
この牛の乳から造るアイスクリーム。
甘い物苦手の吞兵衛さんも“ウンこれは美味い”とおっしゃること請け合い。

IMG_5686.jpg
シロバナエンレイソウ(白花延齢草) シュロソウ科
薄暗い落ち葉の積もった林の中に咲いていた。
大きな葉っぱの真ん中に白くかわいい花がチョコンと、ひときわ目立っていた。
命を延べる草と書くからには漢方薬にして不老長寿の薬にでもするのかなと
思ったら毒草だというからビックリ。
だが要はその人の考え次第、可憐なこの花を見て心が和めば、
命も伸びるのではと思うことにた。

IMG_5669.jpg
アセビ(馬酔木)ツツジ科

馬酔木は有毒の木。昔は山小屋のトイレにウジ虫退治に放り込んであった。
馬酔木とは当て字にもなっていない不思議な名前の木。
辞書や物の本には、昔中国から来た馬が毒だと知らず食べて
足が痺れ歩けなくなったことから付いた名とある。
だがこの言い伝えも怪しい。
草食動物の唇は大きく、ふわふわが多い。
例えば馬や牛は大きなふわふわ唇で器用に毒草を選り分け食べる。
動物はあまり好きではないが、その所作が可愛いくて見とれてしまう。
牧場や野原にはウマノアシガタやスズランなど毒草がはびこっている。
牛や馬、野生動物が食べないから。

馬酔木は日当たりのいい乾いた尾根筋などに咲いている。
小さな壺形、おちょぼ口の花がたわわに咲く。庭や垣根の植木に喜ばれる。

IMG_5679.jpg
ウグイスカズラ スイカズラ科

花には全く興味がなく、ただガムシャラに山の頂上を目指だけだった頃、
花好きの友人がウグイスカズラを“鶯の神楽の舞の木”だと教えてくれた。
学者はウグイスカズラとか、怪しげな名の由緒を説くが「鶯の神楽の舞の木」
が正しいと力説していた。
この花が咲くと鶯が喜んで神楽の舞を舞う、花も鶯が舞っているように
咲くとのだと。今は疎遠になった友人だが、口に泡を飛ばして力説していた
姿を思い出しながらカメラのシャッターを押した。

鶯は能の世界でも人気者だ。能「花月」ではシテの遊興人の花月が
弓を引き絞り「鶯の花踏み散らす細脛を射て落とさん」と鶯が遊ぶ
満開の桜の木の下に忍び寄る遊興を見せる。

かっしき
 「花月」の使用面 「喝食(かっしき)」

お寺の食堂で献立を大声で叫ぶ、つまり喝する仕事の人の面相
半俗半僧の少年だったという。前髪が反俗半僧を示し、女性に似た相貌。
色々の芸をして人を集め、布教活動もしたという。

能「花月」は小品ながら無駄がなく中身ギッシリの「遊興物」と呼ばれる能。
念友つまり中世に流行った同姓愛を風刺する「小唄」を謡い、曲舞を舞い
「鞨鼓」を打ち、キリでは天狗に攫われ諸国を巡り歩いた己の体験を見せる。
スピード感たっぷり、芸尽くしの能。
「小唄」は中世の流行歌がそのまま残っているといわれる。これも興味深い。

 能「花月」の詳しい解説はこちら


comment 0
05.19
Sat

IMG_5624.jpg
サクラソウ(桜草) サクラソウ科 2018年4月13日写す

今年の冬は寒さが厳しかったせいか何時もより花の勢いがよく沢山咲いた。
中でも桜草が豪華に咲いた。数年前中央高速、南諏訪近くの田んぼの土手で
見つけたのを頂いて来た。
花びらが桜にそっくり。葉っぱは大根の葉っぱにているが、葉っぱに似合はない
きれいな花が咲くのだから不思議。
花屋に売っているのや花壇に植えているのは、ほとんど西洋さくらそう。
日本桜草を知らない人は多い。
昔は荒川の土手に絨毯を敷き詰めたように咲き、江戸の人達は豪華花見お重持参で
船を仕立て桜草花見と洒落込んだそうだ。今は自然のものは珍しい。
あまり知られていない桜草だが、江戸時代から愛好者が色々は交配種を作り出し
楽しんでいる。花屋に売られていないのが不思議なくらいの絶品が多い。

日本人は桜が好きだ。色々なものに桜の名を付ける。赤ちゃんのほっぺ、美人の肌、
桜貝、桜島、桜鍋、等々、枚挙に苦労する。
遠山の金さんは桜吹雪の入れ墨で相手を威嚇する。

だいぶ古いが、インドのホテルのロビーでピアノの演奏を聞きながら
ビールやらウイスキーを飲んだ。
インドの人達は人前で酒は飲まない。外国人は例外。
リクエストをというのでいい気分と、望郷の気分に
♪さくらさくら、をリクエストした。
♪さくら、さくらは知らないから日本の国歌でいいかという。
流れて来たのは“北国の春”だった。

これほど日本人に親しまれた桜、桜に因んだ能は多い。
西行桜、熊野、墨染桜、雲林院、忠度、小塩、花月、桜川、
泰山府君、嵐山、右近、鞍馬天狗、田村、等々さすが桜、驚く曲数だ。
美男子に桜は似合うのだろう、小塩、雲林院の主人公は在原業平。

雲林院2
「誘い出づるやまめ男(真情ある男)」
二条の后との恋の逃避行を見せる業平。

雲林院(うんりいん)の前シテは花守姿の業平の化身。満開の花の枝を盗んだ男を咎める。
男は古歌を引いて反論する。花を盗むのは泥棒ではないと云われるのは
この能が発祥かも知れない。冗談だが。
二人は花泥棒の是非について古歌を引き争うが
「げに枝を惜しむは又春のため手折るは見ぬ人のため。
惜しむも乞うも情け在り」と折り合いをつける。
日本人の大好きな花、桜で優雅な在原業平像を描き出して余りある。

花守の爺さんは一転、高貴な殿上人となって現れ、二条の后との
恋の逃避行を源氏物語の文章を借りた美しい詞章で語る。
二条の妃は、妃になるべく大事に育てられた藤原家の姫君だった。
業平がこの姫君を盗み出したことは後々まで話題の波紋を広げた。
この能ではこうした世俗的な話を転じて情緒一辺倒に描き優雅な女性の舞
「序ノ舞」を業平に舞わせる。

能「雲林院」の詳しい解説はこちら

≪能を見て見ませんか?≫

かく言う私は能楽師のはしくれです。演能団体「潤星会」を設立して
30周年を迎え、記念の会を下記の番組で催します。

潤星会30周年記念公演

能  楊貴妃 シテ 山田純夫
狂言 居 杭 シテ 大藏彌太郎
仕舞 笠之段 シテ 金剛永謹
能  望月  シテ 山田伊純

望月2
秘曲「獅子」を舞いつつ仇の隙を窺うシテ

「楊貴妃」は唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛の物語。幽艶に美しく、を第一にした名作。

「望月」は敵討ちの物語。主従の絆を感動的に描き、秘曲「獅子」を雄渾に見せる。
楽師が越えなければならない難関の一つに数えられる大曲。

公演の詳しいご案内はこちら

comment 0
05.12
Sat
IMG_5626.jpg
奥多摩湖 2018年4月19日写す。以下同じ 

御前山の名の山はあちこちにあるそうだ。登ったのは奥多摩の御前山。
御前山への登山ルートは色々あるらしいが多摩湖の水門脇の登山口から登った。
途中から見下ろす奥多摩湖が美しかった。
奥多摩湖は小河内貯水池が正式な名だという。
都民の水瓶。水瓶ダムでは日本最大級だそうだ。
小河内村が湖底に沈んでいる。
故郷を失った村の人にとって悲劇だっただろう。色々な事があったようだが
時の流れには抗うことは出来なかったのだろう。

IMG_5637.jpg
カタクリ(片栗) ユリ科

「もののふの、八十娘子(やそおとめ)らが汲みまごう寺井の上の堅香子の花」
万葉集の大伴家持の歌だそうだ。井戸端会議の少女達の明るい笑い声。カタクリも
微笑んで仲間入り、可愛い情景が目に浮かぶ。堅香子はカタクリの古名だそうだ。

御前山のカタクリの群生は友人に聞いていた。かなり有名らしい。
だがそれほどの群生はなかった。「種から発芽して花が咲くまで7年、取るな」の
趣旨の立て札があった。以前は立派な群落があったのだろうか。
御前山登山の目的はカタクリだった。
カタクリの語源は学者によって色々らしい学者は自説を立てて譲らない人が多い様だ。
万葉の時代からのカタカゴ、片篭が訛りカタクリ、素人には説得力随一。

IMG_5641.jpg
フデリンドウ(筆竜胆)

リンドウといえば秋の花というのが通り相場。歌にも歌われ誰でも知っている。
フデリンドウは早春に咲く御覧のとうりの小さな可愛い花。
草丈、大きくても10㎝ほど。
リンドウは字のように龍の胆のように苦いから漢字で竜胆。胃の薬
竜の胆を飲んだ人がいるかどうかは知らないが。。
フデリンドウも苦いのだろうか。齧ったことはないので分からない。

IMG_5632.jpg
チゴユリ(稚児百合)ユリ科

稚児の名のように小さく可憐な花。
まだ花期に早いのか、咲いているのが一個だけ見つかった。
花の時期には絨毯のように敷き詰めて咲き山道の両側を飾ってくれる可憐な花。

御前山登山は少々大げさだが生涯忘れられない登山だった。
奥多摩という近場の山にしてはアップダウンもかなり厳しかったが
それ以上の大悲劇に遭遇したのだ。
十時に登り始め二時に頂上到着。途中で一緒にオニギリを食べた
二人ずれの若い人に「お年にしては早いペースですね、ビックリです」
と褒められ気をよくしてルンルンで下山した。
雨、水に抉られた急峻は山道を下り、やや平らな場所に到着、
やれやれと大吐息、ハッと気が付いた。いつも肩にぶら下げたカメラがない。
御前山の山頂でベンチに腰掛け水筒のお茶を大量にガブ飲み、アメを五個も口に
放り込んだあのベンチに置き忘れたに違いない。
薄暗い杉やヒノキの生い茂る斜面を見上げた。どうしよう?
この頃、小父さん達の高級カメラを見る度、コンプレックスに
身の縮む思いをしていたのだ、それに這い廻って花を写しているうちに
岩や石にぶっつけてキズだらけ、諦めて月賦で買い直すか!
だが待てよ、安物でも辛苦を共にした兄弟だ、見捨てるなど
そんな非人間的な行動は許されない。
信じられない力が湧いて来た。火事場の馬鹿力の類いだろう。
山でこのような理由で引き返すのはご法度だがガムシャラに登った。
あった!ベンチの上に鎮座ましまして我を待っていた!

その後が悲劇だった。青息吐息で頂上、既に日は大きく西に傾いていた。
奥多摩の山でこんなにも長い登山ルートの山は知らない、やっとの思いで
国道のバス停に辿り着いた。バスは出たばかり。次は一時間後。ガッカリ。
犬の散歩のおじいさんに聞いたらJR奥多摩駅まで20分、いそげば15分
だという。
急いで15分、更に急いで15分、駅の気配も見えない。諦めて30分、
ふてくされて30分。
駅前は薄暗く、土産物屋も食堂も無情にもシャッターを下ろしていた。
駅のベンチで靴下を脱いでみたらマメがつぶれ真っ赤、無惨な有様。
能「朝長」では、敵に追われ膝に矢をうけ、青墓の宿までたどり着いた
源朝長が、息も絶え絶えに「大崩にて膝の口を射させ既に難儀に候ひけるを
馬にかかりてこれまでは来たりて候へども今は一足も引っつべくも候わず」と語る。
大げさで朝長に比べるのは不遜きわまりないが、まさに“一足も引っつべくも候はず”
枯れ枝の杖に縋り奥多摩の駅まで辿り着いたのだ!

能「朝長」ほど人の死を悲惨に描いた作品はないのではないだろうか。
源朝長は源義朝の子、平治の乱で敗れ瀕死の重傷を負い、青墓の宿で自決した。
16才の少年であったという。

十六
「朝長」使用面
口髭も薄っすらと、あどけなさが残る少年の顔。
須磨の浦で討たれた平敦盛の顔を写したという。元服していたので歯はお歯黒。
大人の仲間入りの印だがかえって可愛い。

前場で青墓の宿駅の女主人が朝長の無惨な最期を語る。
宿の長と朝長の父、義朝の間には曰くがあったにせよ、これほどに人を慈しむ
語りはないとさえ思う。我が子を思う心情とは別種の人の心に万感、感動。
「夜更け人静まって後、朝長の御声にて南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と二声
のたもふ。鎌田殿参り、こはいかに朝長の御自害候ふと申させ給えば義朝驚き」
宿の長の限りない磁心、朝長の諦観、静寂の中、家来の鎌田、父義朝の慌てふためく
足音が聞こえるなど、語りの範囲を超えて聞く人の心に、こもごもが無限に広がる。
人の良心の根源を重く衝く場面。

後場の朝長はワキの観音懺法に引かれるように現れ、深い観音信仰が語られる。
一族の悲惨な最後、宿の女主人の情の善行が語られるがこれらも観音信仰に
包まれて語られる。
16才の少年が観音信仰という仏教哲学に深く心するということは驚きだ。
当時の人達は早熟だったのだろうか、時が人を作るのだろうが今の世と比べ
る思いを禁じ得ない。

能「朝長」の詳しい解説はこちら

《能をみてみませんか》

趣味の野生の花に事寄せて能楽の紹介をさせて頂くためこのブログを
書いています。実は私は能楽師のはしくれです。
演能団体「潤星会」を設立して今年30周年を迎えました。
下記の番組で記念の会を催します。ご応援をお願い致します!

能  楊貴妃 シテ 山田純夫
狂言 居杭  シテ 大藏彌太郎
仕舞 笠之段 シテ 金剛永謹
能  望月  シテ 山田伊純

youkihi.jpg
玄宗皇帝を偲ぶ楊貴妃

楊貴妃の舞う玄宗皇帝との思い出の舞は心に迫りますが、
全編に漂う玄宗皇帝への追慕の情は更に心に迫ります。
人はみな想う人へのおもいを抱いているからでこの能「楊貴妃」は見る人の経験を
誘い感動を呼び起こします。

記念能の詳しいご案内はこちら

comment 0
05.07
Mon
DSC_0107.jpg
乙女湖 2018年4月12日写す。以下同じ
肝心のカメラを忘れスマホで撮った。不慣れでピント合わせが
上手くいかなかった。

乙女湖は奥秩父連山、国師ケ岳の麓にあるダム湖。琴平湖が本名らしい。
中央高速、塩山から30分程。“乙女”の名にピッタリのきれいな湖。
観光客も少なく静かな湖。近くに立寄り温泉があり度々訪れる。
今回は乙女湖の近くの乙女高原の早春の花を見に行く積りだったが、
冬季閉鎖中だった。此のところの夏日続きの暖かさだったので閉鎖が
信じられなかった。「道路凍結注意!」の立て札があちこちに立っていた。
何が凍結だ!思わず怒鳴ってしまった。

DSC_0100.jpg
アブラチャン(油瀝青) クスノキ科

葉を落とした枯れ木々の山道でこの花に出会うと、」
春がきた♪春が来た🎶と思わず歌ってしまう。春を知らせる花。
華やかな花ではないが名前に愛嬌があって大好き。チャンだから。
チャンは油の類いの名らしいが、やはり可愛い子チャンと呼ぶのと
同じように親しみを込めて呼ぶチャンだと思うことにしている。
枝を折るといい香りがする。昔は種から灯火用の油を採ったそうだ。

DSC_0108.jpg
ヤマエンゴサク(山延胡索) ケシ科

可憐、可愛い花。なよなよとした風情は昔の美人を彷彿とさせる。
それにしても変な名前を付けたものだと思う。
名付け親の学者にはそれなりの根拠があるだろうが。
延と索は解るような気がする。茎は弱々しく索、つまり紐ように
地面に這い延びるからだろうか。胡が分からない。
胡は人や物を貶めて呼ぶ言葉だと辞書にはある。

DSC_0114.jpg
ヒトリシズカ(一人静) センリョウ科

早春の花。筆の形に花を抱いて芽を出す姿が例えようもなく可愛い。
花の形が女性の化粧道具、眉掃きに似ているのでマユハキグサ
(眉掃き草)の名もあるが、やはり源義経の愛妾、静御前の清楚な
舞姿に例えたというのが相応しい。
能では静御前はアイドルだ。吉野静、二人静、船弁慶などの曲がある。
特に船弁慶は人気度、上演頻度の首位を争う曲。

船弁慶
平知盛の亡霊と戦う義経。義経は子方が勤め活躍する

源平の戦いに決定的な勝利をもたらした義経の軍事的才能と指導力は
兄、頼朝の警戒するところとなり、義経は追われる身となる。
義経は愛妾、静御前を伴い西海に落ちて行くが、尼崎大物の浦
で弁慶の諫言によって静御前を都に返す決断をする。
別れの宴が催され静御前は泣く泣く別れの舞を舞う。
義経は静御前との別れを惜しみ船出を躊躇うが弁慶は敢然と船頭に
船出を命ずる。静かだった海が俄かに荒れ狂い波間から平家の武将の
亡霊が浮かび上がる。中にも平知盛の亡霊が大長刀を打ち振り振るい
義経主従におそいかかる。

前場では静御前の哀傷を濃密に描き、別れの舞が美しい。
後場は一転、平家の猛将、平知盛が長刀を縦横に振るい舞台いっぱいに
暴れまわる迫力満点の舞台が現出する。
初めから終曲まで息の抜けない充実した舞台。通常の能にある中入りの
合狂言はない。

能「船弁慶」の詳しい解説はこちら

  


comment 0
05.03
Thu
能を見てみませんか?
趣味の野生の花に事寄せて能の紹介をさせて頂くのがこのブログの目的です。
能は今やマイナーの芸能ですが世界に類がない日本が世界に誇れる伝統芸能です。
詞章は古い昔の言葉ですが表現形式は超近代的といわれています。

実は私は能楽師のはしくれです。自分の信念から孫 を後継者にしました。
経済的困窮を強いたことに大きな自責の念はありますが、しかし誇れる仕事に携わる喜びもあると
孫も納得のようです。

今年、演能の会「潤星会」を設立30周年に当たります。
記念の会を下記のように催します。
後継者である孫、山田伊純は先年、金剛流宗家の内弟子修行を終え、能楽師の関門
「乱」「獅子」を開き今回「望月」に挑みます。
「望月」は敵討ちの話です。仇の油断を誘うため酒宴を催し、鞨鼓や獅子の舞
を舞います。敵討ちという緊張と舞尽くしの大曲です。
「楊貴妃」は世界の美女、楊貴妃と世界の帝王、玄宗の愛の物語です。
この上なく美しくを身上とした能です。
是非ご覧頂きますようご案内申し上げます。

ちらし

詳しくは私共「潤星会」サイトをご覧ください。→こちらをクリック



comment 0
back-to-top