FC2ブログ
12.15
Sat

IMG_6301.jpg
高戸の浜 2018年11月23日写す。以下同じ

茨城県高萩市にある。日本の海岸百選に選ばれたとか。
この辺りの海岸は断崖絶壁続き。
何故だか知らないが断崖絶壁が好きらしく悪条件を物ともせず咲く花がある。
浜菊と小浜菊。高萩海岸辺りから青森の海岸に咲く珍品。
一番近い高萩海岸に毎年見に行く。今年はなんだかんだと野暮用に負けて
花の盛りに遅れた。
今年は諦めようかと思ったが、いつの間にか高萩海岸の岩壁をよじ登っていた。
岩の窪みに溜まった土に根を張ったススキやチガヤなどの頼りない雑草に片手で
必死にしがみつきシャッターを押しているうちに不安は的中、浅く根付いた草の根が
剥がれズルズルドシン。安物だが大事なカメラを無意識に守ろうとしたのか身体を
丸めたらしく大事には至らなかった。落ちた海岸は大小の石がごろごろ、向う脛と
後頭部を打った。かっこう悪く恥ずかしいので誰にも云わず黙っていた。
二週間ほどで痛みは取れた。

IMG_6300.jpg
ハマギク(浜菊)キク科

岩壁の浜菊 盛りは過ぎ数輪だけの咲き残り

IMG_6305.jpg
波打ち際に崩れ落ちた岩の隙間にも咲いていた。

背丈はそれほど大きくないが幹が太くて硬くまるで木。
太い幹から枝をだし大きな株になり真っ白い花を盛大に咲かせ見事。
こんな厳つい木に、これ程のかわいい花が咲くのだ、信じがたい。
花好きが、これほどの花を見逃す訳がない。庭にも植えられている。
だが海岸の絶壁に咲く浜菊は一味も二味も違い、荒々しい海の景色を
背景に美しさこの上もない。

IMG_6293.jpg

IMG_6294.jpg
コハマギク(小浜菊)キク科

小さいハマギクと云うのだろうがこの二つは印象が全く違う。
美女と野獣と云ったらハマギクに叱られるだろうか。
コハマギクは全く知らなかった。数年前、ハマギクの群生の中に
4,5株咲いているのを見つけ図鑑で調べて知った。
今回は岩壁の窪みに生えた雑草の中に咲いていた。
盛大に咲きその姿を誇示するかのような浜菊とは全く違い雑草の中に
ひっそりと咲く美しい小浜菊に能「落葉」の落葉ノ宮の面影を重ねた。

落葉の宮は朱雀帝の二ノ宮。左大臣の息、柏木に降嫁したが柏木は
二ノ宮の妹三ノ宮に心を奪われ、二ノ宮は捨てられる。
宮は失意の内に母宮と小野の山里に籠る。
前場では小野の里のもの寂しい情景を描き、後場のクセでは落葉ノ宮に
想いを寄せ、想いを募らせて行く光源氏の子息、夕霧の心情を情緒豊かに
描く。終曲のキリでは夕霧の激情に耐え兼ね狂乱の域まで追い詰められる
落葉ノ宮の心中を描く。

落葉
能「落葉」 「さやけき月に妄執の夕霧、身一つに降りかかり目も紅の落葉の宮は」
有無もなく迫る夕霧の熱情に煩悶する落葉の宮

能「落葉」の詳しい解説はこちら


comment 0
12.08
Sat
IMG_6272.jpg
高尾山山頂 2018年11月2日写す。以下同じ

IMG_6274.jpg
"0" width="450" height="300" />
高尾山のシンボル、薬王院

JR高尾駅から裏高尾、城山を経て高尾山頂、京王線高尾駅まで歩いた。
かなりの距離。快晴の秋の空はどこまでも澄み渡り空気は清澄、
足が重くなるまではルンルン♪だった。

IMG_6263.jpg
ヤクシソウ(薬師草)キク科

真っ黄色の花をたわわにつけて豪華。摘み取ると白い乳が出る。
ウサギや馬の好物。子供の頃、馬の砂糖と呼んだ。
戦時中や戦後しばらくは砂糖は貴重品だった。
子供にとって砂糖はうまいものの象徴だった。
ウサギや馬が美味しそうにヤクシソウを食べるのを見て砂糖のように
美味しいのだろうと思って名付けたのだろう。
葉の形が薬師如来由来らしい。古い命名だろうか。
よく見かける花だが花のイメージと違うのか名前がなかなか覚えられない。

IMG_6267.jpg
センブリ(千振)リンドウ科

「女郎花咲きたる下に千振の生えたるを見てしばらく去らず」
土屋文明の歌だそうだ。 
よく知られた西行の歌「道の辺に清水流る楊蔭、暫しとてこそ立ちとまりけれ」
に似ている。
西行さんは、清水の流れる柳の木陰が涼しく心地よく少し休むつもりだったが
ついつい長居してしまった。
文明さんを釘付けにしたのは何んだろう?
満員電車の人の頭のように隙間なく咲くその見事さか
リンドウの10倍の苦みを思い出してか?

IMG_6239.jpg
 リンドウ リンドウ科

キキョウ、リンドウは秋を代表する身近な花。
このところ野山のキキョウが見られなくなった。
派手に綺麗な姿のキキョウは誰もが好きだから仕方がない。
キキョウに比べリンドウは少々地味。
“オヤ、リンドウさん無事だったの?と声を掛けてしまった。
山の一人歩きは自閉症もどき、心に浮かんだことをぶつぶつと独り言。
奥山の草むらにひっそりと咲いているのを見るとこちらに何かを話しかけて
いるようで、ついつい声を掛けてしまう。
人けのない山道を歩いていると草や木などと同類になったような錯覚?幻想?
に陥るのだろう。

能「雪」では旅の僧が俄かに降り積もった雪に道を見失い茫然と立ち尽くす。
「さて困った。誰か現れて教えてくれないかな」と坊さんが独り言。
雪の精が現れる。あなたは誰ですか?と坊さん
「誰とはいかで白雪のただおのづから現れたり」と雪の女。
自分が誰か分からない、自然に現れたという。
雪の女は僧の幻想だった。

雪の女は、ただ自然にこの世に現れ己が誰とも分からない、この深い迷いを
仏の功徳で助けて欲しいと懇願し静かに舞を舞い消えうせる。
能の重要な型の一つでもある“足拍子”は音を盗んで踏む。“雪踏の拍子”と云う。
雪は極めて小品の曲だが白一色の清らかな能。
心の負担のない幻想的な世界に浸って過去の思い出と重ねて観る、
このような能もまたいい。

雪
能「雪」
能に「江口」という曲がある。その昔、大阪の淀川河口にあった江口の遊郭の
遊女の物語。
シテの江口の遊女は「しかるに我らたまたま受け難き人身を受けたりといえども、
罪業深き身と生まれ」と謡う。
この世に生を受けることは稀なことだが生まれながらにして罪深い身として
生まれてきたという。仏教では女は罪深いと説かれているという、遊女の身として
の思いは猶更であろう。
仏の慈悲は深く広くあまねく善悪を超えて衆生を救うと云う。
再び現れた遊女の霊は普賢菩薩に変身してその尊い姿を見せ西の空に消える。
「江口の君」伝説に取材したという。
今でも「江口の君」の伝説はこの地方に残っている。
能「雪」は「江口」のように徹底して仏教の哲理は述べないが淡々と仏の慈悲を
語る。敬虔な仏教徒だった昔の人は、また「江口」のような世界にも思いを
馳せ観たのではないだろうか。

増女1
「江口」後シテの使用面「増女(ぞうおんな)」端正にして品位があり神格を表わす面

能「雪」の詳しい解説はこちら
「江口」はこちら


comment 0
12.03
Mon
高尾山の秋(1)裏高尾から城山へ 能「小鍛冶(こかじ)」「殺生石(せっしょうせき)」

IMG_6222.jpg
裏高尾風景、東京にも長閑な風景がある

IMG_6223.jpg
柚子、鈴なりの豊作

裏高尾は高尾山の賑やかな表登山口の北、旧甲州街道沿いの高尾山の山裾一帯をいう。
割と珍しい花が咲くことで知られている。観光客がほとんどいなくて静か。
いつもはJR中央線高尾駅からバスで終点、小仏から登り小仏峠、
城山を経てJR中央線相模湖までのコースだが今回は思いつきで
時間も遅かったので、表登山口の手前、小仏川沿いのハイキングコースを
歩き日影林道から城山に至るコースにした。

IMG_6219.jpg
ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科

幼い頃、腹痛やお腹をこわした時、お祖母ちゃんの家に駆けこみ
ゲンノショウコを飲ましてもらった。
お祖母ちゃんはゲンノショウコを整腸剤に日常的に飲んでいたようだった。
母親は民間薬嫌いで富山の置き薬か医者の薬の信者だった。
見つかると叱られた。だが富山の薬も医者の薬もゲンノショウコより苦く、
変な味で嫌いだった。薬の好きな人はいないから当たり前だが。

植物の名前は面白く興味深い。学者が付けたと思われる名、民間の言い習わしと
思われる名、吹きだしそうな珍妙な名、意味の分からない名、等々。
ゲンノショウコはそのものズバリ、当を得た名。
腹痛も下痢もお腹の不調は飲んだ途端、ピタリと治る、まさに“現の証拠”
ゲンノショウコの花は白花と紫がある。
故郷のゲンノショウコの花は鮮やかな紫できれいだった。

IMG_6251.jpg
城山の茶屋

IMG_6252.jpg
カンビール350円 名物ナメコ汁250円 オニギリは手製

思い付きだったので家を出たのが遅く急ピッチの登りは疲れた。
城山に辿り着きホッと。昼飯が美味かった。
相模湖へ下りる心づもりだったが時間が心配だなと思った途端、
急にしんどくなり足は勝手に賑やかコース、高尾山頂に向かっていた。

IMG_6225.jpg
シラネセンキュウ(白根川芎)セリ科

城山の茶屋の近くに咲いていた。
セリの仲間は、山にシラネセンキュウ、シャク、海に刺身のツマのハマボウフウ、
アシタバ、田んぼや沼にセリ、畑に人参などなど。
セリ科独特の香りと風味があり美味しい。
味も似ているが花も葉っぱもよく似ている。
センキュウは漢方の名だそうだ。シラネセンキュウの根も漢方薬。
漢方薬の起源は不老不死の薬を求めて野山の草木、動物、鉱物をくまなく探し求め
試したのがはじまりだそうだ。毒を飲むという事故も当然あっただろう。
清朝のある皇帝は水銀の鉱石、辰砂を飲んで血を吐き死んだという。
真っ赤な不思議な色に魅せられ不老不死の妙薬と信じ込んだのだろうか。
十数年前、痩せ薬の漢方を飲んで死んだ女優がいた。
同じころ北京の空港で太った娘の土産に痩せ薬を買った。
女優と同じ薬だった。娘は体調が急変、中止して命拾いをした。

IMG_6227.jpg
サラシナショウマ(晒菜升麻)キンポウゲ科

サラシナショウマの若芽は茹でて水に晒して食べる山菜。名の由来だという。
水で晒すのはアク抜きか毒抜きかだろう。
キンポウゲ科にはきれいな花が多い。きれいなものには何とやらで、二輪草の
他はほとんど毒があると聞く。その最たるものが猛毒のトリカブト。

ブラシに似た花というが、ブラシは汚れを落とす道具、純白の清楚な花には
ブラシでは可哀そう、白狐の尻尾と呼びたい。
小さい白い花が集まって咲き毛のように見える。まさに白狐の尻尾。

白狐は年を経て白くなった狐で神通力を持つという。
稲荷神社の神は狐。能「小鍛冶」では都随一の刀工、三条小鍛冶宗近が
剣を打つよう勅命を受ける。勅命の剣を打つには宗近に劣らぬ相槌が
なくてはならない。困り果てた宗近は氏神、稲荷明神に祈願する。
稲荷の明神が現れ助太刀の相槌を打つ。
狐明神が歴史上の名剣の由来を語り舞い、宗近と剣を打つ様子をキビキビと見せる。
キツネの動きの特徴を形象化した、能の型の魅力を見せる。

こかじ
宗近の相槌を勤め剣を打つ稲荷明神

悪狐の能もある「殺生石」
古代インド王の后となり王に勧めて千人の首を斬り、後に古代中国の王の
后となり悪行の限りを尽くした女が、死後日本に生まれ変わり鳥羽の院の
玉藻の前となった。
帝の命を狙ったが陰陽師に正体を見破られ白狐となり那須野に逃れ人や獣や鳥を殺した。
神秘な異次元の世界に誘われ戦慄が走る能。

殺生石
石を割って現れたキツネの妖怪

『小鍛冶(こかじ)』の解説はこちら
『殺生石(せっしょうせき)』の解説はこちら

comment 0
back-to-top