FC2ブログ
03.25
Sat
IMG_3959.jpg

井の頭公園 2017年3月9日写す。以下同じ。

井の頭公園は中央線吉祥寺駅南口から歩いて5、6分。神田川の水源の池が中心をなしている。桜の名所で花の頃は花見の宴で立錐の余地もないほどの賑わい。西に武蔵野の面影を残す雑木林、象のハナ子がいた井の頭動物園、南に人気のジブリ美術館に隣接する。開園は大正6年、この辺りは昔、狩場だったそうだ。徳川家康が関東随一の銘水と褒め称え、お茶をたてたという「お茶の水」と呼ばれた湧水井が今でも残されている。

IMGP3230.jpg
お茶の水

IMG_3950.jpg
ジシバリ キク科 能「巻絹」

長い茎を延ばして地面を這い回り、まるで地を縛るようだと付けられた名だという。地とは大地、大げさな名付けだが夏には手を焼く雑草には間違いない。別名イワニガナ。水気があれば岩にでも這い上る。今はまだ寒い早春、ひっそり息をひそめて咲いて我が世の春を待っているのだろうか。

IMG_3943.jpg
クサノオウ 

変な名。白い毛を身体いっぱい生やしている姿から“草の王”だと思っていたが諸説あるらしい。折ると血のような気味わるい汁が出る。水虫に効くらしい。友人が手首にイボが出来、クサノオウをこすりつけていた。イボだって親からの授かり物だ、大切にした方がいいよとからかった。イボはなかなか取れずしまいには諦めたらしい。大人になって再会したらイボは消えてなくなっていた。

IMG_3940.jpg
アズマイチゲ キンポーゲ科

清楚な花。この清らかな美しい姿も晩春から初夏までには全て消え去る。スプリング、エフェメラルというそうだ。早春に咲く節分草や福寿草、カタクリなど少なくない。“春の儚い命”という意味だという。同じ意味の言葉が日本にはなかったようだ。
日本人は大昔から仏教国。輪廻を信じ、この世は仮の世であり、草木国土悉皆成仏とも信じて来た。この世から消え去ってもあの世できれいに咲いていると思ってスプリングエフェメラルの日本語がなかったのかもしれない。

IMG_3963.jpg
タチツボスミレ スミレ科

「春の野に、すみれ摘みにと、来し我そ、野をなつかしみ、一夜寝にける」
万葉の歌人、山部赤人の歌だそうだ。昔の人はロマンチストで羨ましい。外国でも日本でもスミレに対する想いは同じ、ロマンを誘う花だ。
偏見の僻みだが、魚の市場や小学校を餌に、国民、都民のためを旗印に司法府はそっちのけ、党利党略、我が身の保身、はたまた視聴率のために騒ぎ立てる人達は皆エリート、知識人、この歌を知らない訳はない。この先生方はこの歌をどう思うだろうか聞いてみたい。赤人さんは先生方をどう思うだろう。

IMGP3227.jpg
弁天様。木に咲いた花はコブシ

池の西の端に弁財天が祀られている。極彩色に飾られ人気スポットだ。弁財天はヒンズー教や仏教以前の古いインドの神様だそうだが日本では日本式の神様になったそうだ。七福神の一つ。弁財天といえば竹生島の弁財天。能にも作られている。能「竹生島」。
古い話だが謡跡めぐり、能の舞台となった場所を訊ねる会を作った。第一回を竹生島に決めた。発案者に計画を任せた。彼は世話好きで人柄がよく人に好かれた。ただ少々ズッコケたところがあった。竹生島は琵琶湖に浮かぶ島。見学後、舟で対岸の彦根に渡るという。
よくよく調べたら彦根から竹生島に渡る船は竹生島神社の宮司の船だった。彼は何処かで宮司の舟を小耳に挟んで客船と思い込んだのだろう。
彦根近くに渡る船はあるらしいが、日程など考えて断念、紫式部が源氏物語を書いた石山寺、名曲「三井寺」の謡跡、三井寺を訊ねた。
竹生島は昔からの聖域で人の居住が許されない。宮司は船で通勤だそうだ。

能「竹生島」は爽やか第一の能。劇の筋は単純だが、それにも勝る琵琶湖の情景描写が優れていて人気曲だ。
 延喜帝の臣下一行が竹生島詣でに向かう。折しも通りかかった釣り船に便船する。船には老人と女が乗っていた。老人は琵琶湖に住む竜神、女は弁財天、それぞれの化身。船は春爛漫の湖上を竹生島に向かう。
「所は湖(うみ)の上、国は近江の江に近き、山々の春なれや、花はさながら白雪か」臨場感たっぷり。聞く人も同船の気分。
「緑樹影沈んで、魚木に上る気色あり、月海上に浮かんでは、ウサギも波を走るか」湖面に映る山の木々に、湖に泳いでいる魚が木に登っているように見え、月の餅つきウサギが波に揺れて映り、まるで波の上を走っているようだと謡う。
後場では弁財天が華麗な舞を見せ、竜神が国土を守ると雄渾な舞を見せる。
   能「竹生島」の詳しい解説はこちら



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top