FC2ブログ
04.29
Sat
裏高尾は字の如く高尾山の裏。表の高尾は都心に近く、交通至便の手軽なハイキングコースで人気スポット。近年外国の人が急増している。
裏高尾はひっそり、好き者の天国。都心近くにしては珍しい野生植物が多いことで知られている。国道20号線から右に甲州街道旧道をたどり終点小仏まで徒歩二時間ほど。一時間に一本ほどだがバスもある。浅川沿いに山道のハイキングコースがある。途中、高尾山山頂に出るコースと城山に出る静かで快適コースがある。今回はバスで終点、小仏まで行って小仏峠を越え相模湖を目指した。

IMG_4043.jpg
小雨にけぶる小仏登山口。2017年4月8日写す、以下同じ

IMG_4044.jpg
ユリワサビ アブラナ科

谷間の水気のある所に多いようだ。軟らかく弱々しい茎を地面に精一杯に伸ばして小さな白い花を咲かせる。山の谷筋に行けば必ず会える。珍しい花ではない。ユリの名が付くがユリとは赤の他人。仄かにワサビの香りがする。美味しいというほどではないが爽やかな味わいがいい。

IMG_4045.jpg
ネコノメソウ ユキノシタ科

花は綺麗とは云い難いが名に惹かれる。漢字で猫の目草。実が熟して割れた形が居眠りしている猫の目に似ているからという。洒落た名を付けたものだと感心する。谷川沿いのジメジメしたところに生えるという。谷川でも汚れると生えないそうだ。姿に似ず清廉潔白な人柄ならぬ草柄と見直してしまう。

IMG_4046.jpg
ニコノメソウの仲間?

花を盛る皿のような黄色の葉が色鮮やかできれいだった。ネコノメソウの仲間だろうが名前は分からない。
IMG_4062.jpg
ナガバノスミレサイシン スミレ科

野生のスミレの種類は多い。人間の巣の密集地帯から山奥、はては高山まで所を厭わず色々の種類のスミレが咲く。
スミレは歌にも歌われ愛されてきた。「春の野にスミレ摘みにと来し我ぞ、野をなつかしみ一夜寝にける」万葉の歌人山辺赤人の歌だそうだ。昔のおじさんはロマンチストだったのだ。宝塚の歌姫は「スミレの花の咲くころ、はじめて君を知りぬ」と歌った。
ナガバノスミレサイシンは大型のスミレ、少々深い山なら珍しくない。サイシンとは、水戸の御老公の家来、助さん角さんが印籠を突き出し「この紋所が目に入らぬか」と大見得を切る徳川家の紋、葵のことだそうだ。スミレサイシンはアオイのように葉っぱが大きい。春の芽立ちは美味しい。太い根はトロロのようで美味しいらしいが食べたことはない。日本海側の寒い地方には葉も根も更に大型のスミレサイシンがあり山菜だそうだ。

IMG_4066.jpg
シロカネソウの仲間? キンポウゲ科

シロカネソウの仲間だと思うが名前は分からない。開花時期に早いせいか半開きだった。あまりにも可愛かったので。
IMG_4070.jpg
フサザクラ フサザクラ科
珍妙な花。幹にへばり付くように咲く。木に咲く花には興味がなかったが、奥多摩で初めてこの花に出会って以来木の花にも目が行くようになった。パッとは開かないが房のように垂れ下がって咲くのは珍しく興味を引く。色が鮮やかで魅力的だ。サクラの名が付くがサクラとは全くの他人だという。花は終わりに近く少々萎びていたがきれいだった。

IMG_4067_2.jpg
杖 たぶん唐松の枝かも知れない

寂しい一人旅のお供。その外にも杖は体のバランスを助けるようだ。山登りは体のバランスを保つのにかなりの体力を使うのだろう,杖一本で疲れが半減する。登山道の道端の枯れ枝を適当な長さにへし折って杖にした。初めは濡れているし表面がガサガサで気持ち悪かったがそのうち乾いて手になじんできた。人と人の付き合いも同じだなと杖に同感を強い一人合点しながら歩いた。
杖は能でも重要な小道具の一つ。老人や盲目の役には不可欠だが、刀や槍など武器にもなり、威厳を示す道具にもなる。能「山姥」や「鞍馬天狗 白頭」などの杖がそうだ。

能「山姥」は越後、越中の峻嶮な山に住む鬼の話。姿は不気味だが人を喰う恐ろしい鬼ではない。聳え立つ山、深い森林、奈落の谷、たなびく霧など大きな自然の中から生まれ出た存在だという。この大きな存在を思わせる能で話の筋は簡単。綺麗な着物を着、美味しいものを食べ豪壮な屋敷に住み、劇的恋をする、大方の人の願望だ。それらは泡沫のようなもので真理ではないとし、山姥は人間が究極に憧れる真理の象徴だとする。人智を越えた大きな存在を見せる名曲。

鞍馬天狗・工藤
鞍馬山の僧と稚児達の花見。寺男が芸を見せ、花見の席たけなわに山伏が闖入する。

能「鞍馬天狗」は永遠のヒーロー源義経、幼名沙那王(牛若丸)と鞍馬山に住む天狗との心の交流を描く能。
鞍馬寺の僧が稚児達を連れて花見にやってくる。子供たちの表情が可愛く、華やかさは桜にも負けない。僧は花見の余興に供の者に即興の舞をまわせる。
いきなり花見の席の真ん中に無骨な山伏がドカリとアグラをきめこむ。僧は子供達を連れて退散するが牛若一人居残る。
身分も度外視、知らない人でも親しく交じり合って見るのが本当の花見なのにと愚痴る山伏に、一緒に花を見ようと牛若が山伏を誘う。少年牛若の器を見せるところ。
花を眺めながら牛若は、今の稚児達は今を時めく平家の一族、自分は零落れた源氏の子供だ、世の中にも桜の花にも見捨てられたような身分だと山伏に語る。
山伏は牛若を慰めようと、あちこちの山の桜を見せる。愛宕、髙雄、比良、横川、吉野、初瀬などいずれ劣らぬ花の名所だ。これらは地理的にかなり離れている。その日の事か日を改めての花見かなど考えないでほしい。理屈抜きで見るのが能。
山伏は牛若の袖を取り舞台を一巡するだけだが、時間と空間を象徴的に見せるのだ。
山伏と牛若の温かい心の交流を描いて秀逸の前場だ。
山伏は自分はほんとは古くから鞍馬山に住む天狗だと名乗り、平家を滅ぼし源氏を再興しなければならない牛若に兵法の秘術を授けるために現れたのだ、明日また会おうといい雲に乗って飛んでいく。舞台から橋掛、幕の前まで走り虚空を飛ぶ様を見せ幕際で止まりゆったりとした退場楽「来序」に乗って幕に入る。雲に乗ったことを表わす。

木の葉天狗二人が現れ大天狗に牛若の相手をするようにと命ぜられたと太刀打ちの前稽古を始める。滑稽な仕草に思はず笑いがこみあげ和やかな空気が流れる。
やがて長刀を担ぎ凛々しい姿の牛若が登場、天狗を待つ。
大天狗は杖を突き、大きな羽団扇(はうちわ)を腰にユッタリした登場の囃、大ベシにのって特殊な足使いで現れる。雲に乗って現れる様を表わし、杖は大天狗の威厳を表わす。
大天狗は諸国の天狗を従え、その出現は凄まじく峰々を動かし嵐のような滝のような音を響かす。この場面を大天狗は一の松に出て欄干に足を掛け袖を使い天狗倒しの激しい型で見せる。諸国の天狗はシテの型と観客の想像に任せる。
大天狗は牛若に漢の高祖の臣下、張良の説話を引いて忍従の心を教える。
兵法の秘術の伝授は豪快な舞「舞働」で表される。
大天狗は西海、四海の戦いには影身を離れず傍にいて力を貸そうと言い残し夕影暗い鞍馬山の木の梢をかすめて飛び去る。豪快なキリの舞が痛快だ。
 能の詳しい解説はこちら 「山姥」「鞍馬天狗

今年、6月11日「鞍馬天狗」他の公演があります。

EPSON001.jpg
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top