FC2ブログ
05.27
Sat
IMG_4205.jpg
大菩薩峠登山の苦楽を共にした杖。2017年5月7日写す。以下同じ。

多分ブナの枯れ枝だったと思う。急峻なガレ道では寄りかかる体を支え、きれいな花を一緒に見た。用が済んだらハイ、サヨウナラかとかと思っていただろう、ごめんと手を合わせてサヨウナラをした。 

IMG_4170.jpg
水場

うっかり水筒を忘れた。水が無いと危ない、途中で引き返すしかないと諦めていたら意外な所に水場があった。
冷たくて美味かった。喉の渇きを潤してフト、水がうまいというのも変だナと思った。別に味があるわけでもない。甘いとか塩辛いとか酸っぱいとか辛いとかいう、いわゆる味を旨いとか不味いとかいうのだろうがと。水場の水に味があったら気味が悪くて飲めない、などと感謝の気持ちは忘れて屁理屈を呟いた。全く嫌な性格だなとも呟いた。一人では寂しかったのだろう。

IMG_4169.jpg
シロカネソウの仲間? キンポウゲ科?

名前は分からない。瓦礫の中にひっそりと咲いていた。誰かに見てもらうともなく只自然に咲いていた。その凛とした姿は昔の高僧伝にでも出て来そうな高僧の風情だった。

IMG_4194.jpg
エイザンスミレ スミレ科

学者が比叡山で名付けたそうだ。それまでは名無しだったのだろうか。比叡山だけにある訳ではなく全国どこの山でも珍しくない。エイザンスミレを比叡山で採ったと夏目漱石の日記に登場するそうだ。口髭をたくわえ神経質そうな漱石も乙女心を持つロマンチストだったのだろうか、人は見かけによらないと云うが。
いい匂いがするそうだが嗅いだことはない。葉っぱが変わっている。花が咲いていないと、とてもスミレとは思われない。

IMG_4185.jpg
ミツバツツジ ツツジ科

群生するブナの大木の下に咲いていた。あまりの美しさに息を飲んだ。少々大袈裟だが深山幽谷に突然の華やかな群落、能「石橋」の場面を彷彿とさせた。

img006.jpg
ボタンに戯れる親子の獅子

能「石橋」は深山幽谷の清涼山を訪れた僧、寂昭の前に現れた親子の獅子が牡丹の花に戯れる様を勇壮華麗な獅子の舞を見せる能。

この能は舞台設定を知っておくと更に面白いと思う。
先ずワキ僧の寂昭、俗名大江定元は元官僚。三河守に出世したが死んだ最愛の女に未練を残し、しばらく添え寝して過ごした。ある夜、女の口を吸った「おぞましき香」に彼は発心した。人間らしい発心に共感だ。寂昭は中国、宋に渡り円通大師の号を与えられた程の高僧になり彼の地で寂したという。
この寂昭が清涼山を訪ねる。清涼山は深山幽谷の地。幽谷に橋が架かる。石橋だ。橋の向うは文殊菩薩の浄土。
「石橋と申すは、人間の渡せる橋にあらず、自れと出現して、、、、、その面わずかに尺より狭うして苔はなはだ滑らかなり、、、、、谷のそくばく深きこと千丈余に及べり。上には滝の糸、雲より懸かりて下は泥梨(地獄)も白波の、音は嵐に響き合いて、山河振動し、、、、、」と清涼山の物凄い景色を謡う。
石橋を渡ろうとする寂昭の前に現れた老人は、石橋を渡ろうと志す者は高僧、貴僧でもこの地で難行苦行の月日を送り法力を得て渡るのだと寂昭を止め、しばらく待て、奇跡が起こるだろうと云って立ち去る。
獅子は来序の登場楽で現れる。前半のゆたりした演奏は深山幽谷を表わし露が滴り落ちる静寂を表わす“露の拍子”が獅子の出現の期待を高める。囃は次第に急調になり獅子の登場となる。獅子の舞は渾身の力を振り絞って体力の限界まで舞う過激な舞だ。
能「石橋」は元来、獅子一匹の舞だが、現在では小書きの子獅子との合舞が普通。祝言や記念能で演ぜられることが多い。
   能「石橋」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top