FC2ブログ
06.24
Sat
   山はあっても山無(梨)県、こんな狂歌を聞いたことがある。山梨市は山に囲まれ風光の優れた地。乙女高原は山梨市の東、秩父連山の国師ケ岳のふところといった処。標高1700m。すぐ向こうは長野県。
深い森林に囲まれ広さはそれほどではないが訪れる人も少なく静かな隠れスポット。フトしたことで発見、以来度々おとずれる。
車なら甲府から秩父に抜ける国道140号線、三富村あたりから左の山道に入り30分程。
下界は初夏だがここはまだ春、枯草の中に早春の花が咲いていた。

IMG_4302.jpg

IMG_4304.jpg
ズミ バラ科 2017年5月30日写す。以下同じ

純白の小花を盛大に咲かせる。春の風にそよぐ姿は息を飲むほど美しい。秋に小さな実がみのり食べられる。果実酒が美味しいそうだ。秋には試して見たいと楽しみにしている。
リンゴにごく近い親戚で昔は接ぎ木の台木に使われたそうだ。実は梨に似ている。

IMG_4282.jpg
ハルリンドウ リンドウ科

リンドウといえば秋の花を代表する一つだと思っていたが春に咲くリンドウもあった。よく似たものにフデリンドウがある。素人には見分けがつかない。学者ではないので区別せず春咲きのリンドウでいいと思うことにしている。フデリンドウもハルリンドウも小さくてかわいい。枯草の中にひっそりと咲いていた。小さいが姿も形も色も一流、堂々と咲いたら?と言ってやった。

IMG_4294.jpg
サクラスミレ スミレ科

色々の種類のスミレの中で日本では一番大きいスミレだそうだ。大きい上に美しい。スミレの女王さまだ。
二十年近く前にもなろうか、野草好きのお年寄りと知り合った。自から花爺と呼んでいた。当時、山歩きをしていて花爺に採集を頼まれた。採集した花はコケに水を含ませ持ち帰った。帰りのザックは重たかったが花爺の笑顔が浮かび苦にならなかった。
花には全く興味がなく、ただひたすら頂上を目指すだけだったが花爺のおかげで野草好きになり山歩きが一段と楽しくなった。
ある時、サクラスミレの採集を頼まれた。場所は秩父、当時、朝日新聞に「花おりおり」というコラムが一面にあり評判で花爺はこれで知ったらしい。右手に堀り上げたスミレを持ち左手にシャベルの代用、足を滑らせつ両手をバンザイして崖から落ちてしまった。時間と共に左の足が爪先から足の付け根まで紫色に内出血、ラグビーボールのように腫れあがった。だがサクラスミレには恨みはない、いい思い出になった。お礼にと花爺からお家のお宝を頂いた。

IMG_4307.jpg
ナナカマド バラ科  まだ蕾だった。

北海道や青森で街路樹のナナカマドを見かけた。紅葉と真っ赤な実がきれいだった。
ナナカマドの名の由来は七度カマドに入れても燃え残るからだそうだ。
青森など東北の人は寡黙の人が多い。厳しい自然環境に耐えて生きてきた過去の記憶が
身体のDNAの奥底に潜んでいるのだろうか。ナナカマドのように芯の強い人のように見える。
青森の厳しい環境に生活していた猟師を描いた能がある。能「善知鳥」だ。

うとう
善知鳥を追う猟師(カケリ)

主人公は前場では猟師の老人。老人の面、三光尉をかける。後場は生前の老人であり去年の春、死んだという設定だが、姿は若い猟師の姿であらわれる。奇異に思うかもしれないが能では珍しいことではない。能は詩劇、理屈より詩情が優先する。
面は痩男、地獄の責め苦に憔悴した相貌。所は青森県、陸奥湾に面した外ケ浦。
猟師は善知鳥という鳥を獲って生活している。
善知鳥の親鳥は雛を砂の中に隠していて餌を与える時“うとう”と鳴く。子は“やすかた”と答える。猟師は親鳥を真似て“うとう”と呼び雛に“やすかた”と答えさせて親鳥をおびき寄せ親鳥、子鳥共に捕らえる。

地獄はこの世にも存在した。富山県の立山もその一つ。立山の地獄谷は荒涼とした景色に火山ガスの噴出、熱湯の湧出、真っ赤に淀む血の池、まさに地獄。
猟師は殺生戒を犯した罪でこの立山地獄に送られ地獄の責め苦を受けている。
立山禅定の僧の前に現れた猟師の霊は外ケ浜の妻に蓑と笠を手向けるよう懇願する。
蓑笠を手向けて供養する僧と妻の前に現れた猟師の幽霊は、我が家の佇まいを謡う。
「所は陸奥や、、、、、籬が島の苫屋形、囲うとすれど疎らにて、月の為には外の浜、心ありける住居かな」
我が家は苫葺きの家、囲おうとするが隙間だらけ、だが隙間から月見が出来る。なんとも風流な家ではないかという。老人は我が家のあばら屋を月見の出来る数寄屋だと諧謔に述べ自嘲する。猟師はこの家に住み、麻の粗末な衣を着、風雪に耐えて生活していたのだ。

猟師は善知鳥を捉える様を見せる。「カケリ」と呼ばれる舞だが修羅物や狂女物で舞うカケリと名は同じだが全く違い「善知鳥」だけのカケリ。“うとう”と鋭く叫び舞う姿は真に迫り、観る人まで善知鳥になり追いかけられている錯覚に陥る迫力だ。
生前の悪行の報いはここ地獄では倍加され、その責め苦は凄惨を極める。子を猟師に捕られた親鳥は血の涙を空から降らせ、血の涙は猟師の体の皮、肉を溶かす。猟師は妻が手向けた蓑、笠を着て逃げ惑う。笠を手向けるよう頼んだのは血の涙を防ぐためだった。
親鳥は更に化鳥となって猟師の眼球をえぐり、肉を裂く。

猟師は「とても渡世を営まば、士、農、工、商の家にも生まれず」と嘆く。昔の身分制度は生まれた時からの定めだった。生きるため生活のため、仏の戒めを破らざるを得ない運命が哀れだ。仏の戒めは卑しく貧しい者にも容赦はない。貧しい者ほど過酷だった。宗教に縛られた中世の人々の姿だ。
「助けて賜べや御僧」と叫び救いのない地獄の底に再び落ちて行き終曲となる。
類曲に「鵜飼」「阿漕」がある。

能の詳しい解説は以下をごらんください。

「善知鳥」はこちら
「鵜飼」はこちら
「阿漕」はこちら
comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top