FC2ブログ
12.30
Sat
高萩市には、この周辺を南限にした珍しい花が咲くと聞いていた。
野山の花が見られなくなり寂しくなったので、もしかして珍花に、
巡り合うかもしれないと少々期待薄だったが出かけてみた。
高萩市は茨木県日立市の北、ほぼ福島の県境に近い。

IMG_5290.jpg
高萩海岸から磐城方面の展望。2017年11月30日写す。

初冬の太平洋の荒波が狂ったように牙をむき打ち寄せていた。
断崖絶壁から唯一人で眺めていると、理由など無いが世間に見捨てられた
様な孤独感に襲われた。

敵に追われ落ち行くあてもなく、絶望の果て西海の海に入水した、
平清経の心境に想いを馳せた。
清経は平家の青年武将。彼には相愛の妻がいた。
西海に落ち行くとき妻を連れて行こうとしたが妻の父に遮られ、
断念した程だった。

能「清経」では前半、清経の自害を知った妻の嘆きを描く。
「もしは変わらで同じ世に廻りや逢うと頼め置きし」
あの世までも一緒と約束したのは偽りだった筈はない。
妻の嘆きは深い。

清経の絶望感はこうした妻をも忘れる程に深かった。
宇佐八幡の御託宣も平家を見限ったものだった。
船に乗りあてもなく逃れようとするが、松に群れている白鷺を見ても、
舟が立てる白波を見ても源氏の白旗かと胆をつぶす有様だった。
清経は「この世とても旅ぞかし」と覚悟を決める。
笛を吹き、今様を謡いこの世に決別し「波阿弥陀仏、弥陀仏。迎えさせ給へ」
海底の水屑と消えた。
清経の自害に至る心の経過が余さずクセで語られる。卓抜した詞章が胸を打つ。
作者は世阿弥。清経は歴史的に知られた人ではない。
世阿弥は平家物語の清経自害に感じたのだろうか、清経の遺書の代筆にも思えてくる。
自ら命を絶つ人は古も今、珍しくはない。
これほどの遺書を残した人がいるだろうかと思う。

IMG_5282.jpg

IMG_5283.jpg
ハマギク(浜菊)キク科
茎の下部は木のように太く逞しい。姿に負けず大きな花を咲かせていた。
野生の菊では一番大きいそうだ。茨城県の、この辺りが北限らしい。
お目当ての一つだった。豪快な群落に思わず、オ~!叫んでしまった。

古来、菊ほど親しまれた花はないといってもいいほど。日本の国花でもある。
奥山に住む少年、慈童が菊から滴り落ちる露を飲み、七百年の齢を重ねても
なお少年のままであった。菊から滴り落ちる露は酒になっていたと云う中国の
故事を能に作った。酒は長寿の薬と伝えられてきた。

能「枕慈童」は少年慈童が舞う舞に祝言色が漂い菊の香が馥郁と香り、
小品だが親しまれる曲。

童慈
「枕慈童」使用面、童子(少年の風貌)

「清経」の詳しい解説はこちら。「枕慈童」はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top