FC2ブログ
01.27
Sat
IMG_5400.jpg
カランコエ ベンケイソウ科

ネコの額と云うよりネズミの額に近い我が家の庭。
色々な野山の草花を無秩序に乱雑に植えている。
空いている所に勝手に植えるので乱雑になる。
珍しくもない野草の花が大半だが結構珍しい花もある。
咲きそうになったら鉢に移し部屋に持ち込む。
庭は通りに面していて垣根がない。花が終わった鉢植えや、枯れかかった花など
置いて行く人がいる。
洋種の花や、園芸種の花は好きではないが、可哀そうだから植えている。
カランコエもその一つ。愛嬌のある名前、出身地が気に入っている。
それに花のない冬に咲くのが何よりいい。
マダガスカルの出身だそうだ。この島はアフリカのインド洋側にある島で
奇怪な動物がすんでいることで知られている。
この島から遥々海を越えて来た。“草木心なし”と能の詞章にあるが
ほほ笑むように咲く花を見ていると本当に望郷の心はないのだろうかと疑う。
嵐の岬の異名で知られるアフリカ、ケープタウンの南端、喜望峰も近い。

昔、嵐の岬喜望峰を回り遥々のポルトガルに嫁した女性がいる。
国際結婚第一号だろうか。
戦国時代、種子島に漂着したポルトガル人が鉄砲を伝えた。
日本の歴史を変える大事件だった。
種子島の人達は鉄砲の歴史的意味には興味が薄い。
若狭という女性イコール鉄砲伝来なのだ。
若狭は今の世まで語り継がれ歌に唄われている。
若狭は刀鍛冶の娘だった。鉄砲の製法の技術と引き換えに
ポルトガル人に嫁いだ。
当時は外国人と云えば中国人。顔は似ていても異風だった。
ましてヨーロッパの人は見たことも聞いたこともない、
顔も形も異風この上もなかったと思う。
島民は若狭を心の底から哀れんだのだろう、若狭姫と呼ぶ。
その後、若狭は深い望郷の想いからだろう心の病に侵され
帰国したとも云われるが、頃はヨーロッパの夜明け大航海時代だった。
帰国は不可能だったと思う。彼の地で没したのではないだろうか。
若狭には到底及ばないが平安後期、俊寛僧都は望郷の果て配流の地で生涯を閉じた。
俊寛の絶望に悶える姿を能「俊寛」では生々しく描く。

俊寛僧都は平清盛に反感を持つ藤原成経、平康頼など時には後白河法皇を迎え
鹿谷の山荘で平清盛討伐を謀ったが露見、鬼界ケ島に流される。
清盛の娘で高倉天皇中宮、徳子の安産祈願のため大赦が行われ鬼界ケ島に
赦免使が赴く。
康頼が読み上げる赦免状に俊寛の名がなかった。
「せめて思いの餘にや、前に詠みたる巻物を叉引き開き同じ跡を繰り返し
繰り返し見れども見れども唯、成経康頼と書きたるその名ばかりなり。
もしや禮紙(書状の包み紙)にやあるらんと巻き返して見れども」
狼狽する俊寛を能の型の制約のなかで訴えるが与える感動は大きい。

俊寛
遠ざかる赦免船を茫然と見送る俊寛

俊寛一人を残し船は成経、康頼を乗せ遠ざかる。
「幼子の乳母や母などを慕うように足摺りをして是、乗せて行け具してゆけ」
と平家物語にはいう。
右手をあげ水平線の彼方に消えて行く船を見つめ放心の態で佇み、
能「俊寛」は留る。観客に俊寛の心中を任せて。

平家物語に俊寛は気性が激しく驕り高ぶった人だったとある。
奢り高ぶった人の狼狽、幼子のように人間本来に返る絶望の姿を描いた作品。

鬼界ケ島は現在の硫黄島。活火山の島。鹿児島からフェリーが出ている。
廃業したリゾートホテルから逃げ出したクジャクが飛ぶという。
海際に露天の岩風呂もあり最も行ってみたい島。

   能「俊寛」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top