FC2ブログ
02.24
Sat
IMG_5395.jpg
雪に埋もれた紅梅の蕾。2018年1月23日

一月二十二日、東京は記録的な大雪だった。
去年は三分咲きだったが、寒さで開花が遅れたせいで雪害を逃れた。
世の中、何が幸運か分からないとつくづく。

IMG_5409.jpg

IMG_5413.jpg
紅梅 2018年2月5日 写す。

去年は1月18日に一輪開いた。ほぼ二週間遅い。
「梅一輪、一輪ほどの温かさ」芭蕉の弟子の句だそうだが、はやく暖かく
なって欲しい。兎に角、今年は寒い。
ネコの額の梅はかなりの老木だが花は若木と同時に咲く。老いも若きもない。
羨ましい。
草や木の花は適当な時を選んで咲くのだろうか。
能「高砂」では「草木、心なしとは申せども花実の時を違えず」と謡う。
一方、草木の精の能、杜若や遊行柳、藤、など「草木、心あり」の能もある。

IMG_5484.jpg
満開の紅梅。2018年2月22日写す

貧弱な庭に絢爛豪華。通り掛かりの人が足を止め、見惚れて、綺麗ですね、
と褒めてくれる。身内を褒められ嬉しい。我が家の花は身内なので。
梅に見とれて約束の時刻に遅参、罰せられた男の能がある。「巻絹」
我が家の満開の梅を見ていると“げにもにもげにも”と思う。

十寸髪
能「巻絹」使用面「十寸髪」。神が乗り移った相貌。

巻絹を三熊野に奉納する使いを命ぜられた男が音無の明神に立ちより参拝する。
梅の香りが聞こえてくる。男は歌を詠む。
「音無にかつ咲き初むる梅の花、匂はざりせば誰か知るべき」
遅参した男は奉納係の臣下に縛られる。
“のう~のう~”この世の人とも思えぬ声が聞こえ、巫女が現れる。
巫女には音無の明神が乗り移っていた。
巫女は、この男は音無の天神に参詣して一首の歌を手向け、そのために
遅参したのだから許してやれという。
臣下は疑う。当時和歌は上流階級の専有物だった。
下賤の男が歌など詠む筈がないと。
巫女は憑依の態で和歌の徳を語り祝詞を奏上し憑依は嵩じ神楽を舞う。
神楽は通常の神楽と異なり五段神楽の演式となる。
神楽を舞い終え巫女は更に激高して舞い突然手にした幣を投げ捨て
憑いた神が上がったことを劇的に見せて留る。
シテ巫女は登場から終曲まで神の乗り移った態を見せ狂おしい舞を見せる、
重量感のある能。

能「巻絹」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top