FC2ブログ
03.24
Sat
IMG_5507.jpg

IMG_5508.jpg
  ミスミソウ(三角草)?スハマソウ(州浜草)?キンポーゲ科
2018年3月3日写す
三角草かスハマ草かどちらかだろうが、学者でも判別が付かない
こともあるらしいからまして素人、どちらでいいことにしよう。

三角草も州浜草も鮮やかな白、薄紫、青紫色など多彩で美しい。大好きな花だ。
古い話だが新潟出身の友人がいた。実家は農家だった。
新潟にはオオミスミソウが咲くと山草の本で読んだので、期待半々で
友人の実家の両親に採取を頼んだ。
送られてきた花の状態を見てびっくり。無造作に引っこ抜いたように、
中には根際から千切れて根無しのものもあった。
友人の言。親父が裏山から採ってきたと云っていた。
東京の人は変わっている。こんな食えないもの何にするンだ?
漢方薬にでもするのか?
花?バラの方がよっぽどきれいだよ。
自然に囲まれ、きれいな珍しい花も見慣れればだだの雑草。
人に揉まれ、ほとほと疲れ果て花に助けをお願いする都会の人。
人間様々。

葉っぱに深い切れ込みがあり、先が尖っているのが三角草、尖ってなくて
丸いのが州浜草だと聞いていたが、そうとばかりは云い難いと学者にも
判別は難しいらしい。
州浜の名は、出っ張った砂浜の形の紋所「州浜」に因んだのだろうか。

仕事が一段落、所在なしに野川公園にある自然観察園でもとぶらりと出かけた。
自然観察園は野山の花がごく自然の状態で植えてあるので気に入っている。
節分草は終わっただろう、福寿草は咲いているだろうが我が家の猫の額の庭にも
咲いている。梅は満開だろうが珍しくもないと何時ものカメラは持たずに家を出た。
公園近くまで行って何やら胸騒ぎ、待てよ?全く予想外の花が
咲いているかもしれないと抵抗なしに引き返し、カメラを肩に取って返した。
胸騒ぎ的中!憧れの花が咲いていた。
まったくの幸運だった。だが不遜きわまりない事だが頭にくっきりと
浮かんだ人がいた。平忠度(たいらのただのり)。

忠度は引き返して不幸を招いた。
平家の武将であり時の歌道の一人者藤原俊成に師事した歌人でもあった。
一の谷の合戦で岡部の六弥太に討たれた。
能の題材には打って付けの人物だろう。

忠度の歌「行き暮れて木の下陰を宿とせば花や今宵の主ならまし」が
能「忠度」の主題となっている。
忠度の霊は塩焼の老人で現れ、宿を所望する旅の僧にこれに勝る宿はないと
桜の木陰を勧め、「行き暮れて」の歌を教え姿を消す。
何とも美しく、ゆかしい前場を創り出す。

桜の木の下で仮寝の夢うつつの僧の枕に、甲冑姿に箙の矢に短尺を付けた
忠度の霊が再び姿を現わす。
「行き暮れて」の歌は勅撰である「千載集」に採られたが、
忠度は朝敵の汚名を被った身、勅撰集に作者の名を載せるのは憚られ、
詠み人知らずとなった。
忠度にとってあの世での妄執となったと訴える。

忠度は一の谷の合戦に赴く途次、狐川から引き返し千載集の選者藤原俊成に
「行き暮れて」の歌を採り入れるよう懇願、願い叶い戦場へ赴いた。
忠度は文武両道の勇将だった。
岡部の六弥太に討たれた様子を語る。
劣勢の平家は船に逃れる。忠度も船に乗ろうしたが何となく
後ろを振り返ると源氏方の岡部の六弥太掛け寄せてくる。
忠度は引き返し、二人は馬上で組合い馬より下に落ちる。
忠度は六弥太を取り押さえるが六弥太の郎党に右の腕を切り落とされる。
忠度はこれまでと観念、片手で合掌、念仏を唱える。
六弥太は忠度の首を打ち落とす。
凄惨な場面だが現代の演劇の様に生々しい描写ではなく
能の型の範囲で演ぜられる。
六弥太は箙に付けられていた短冊の歌を読む。音に聞こえた忠度の歌だった。
「行き暮れて」の歌を繰り返し繰り返して、忠度の歌への執心を強調する。

IMG_1639.jpg
仕舞「忠度」 山田伊純
“彼の六弥太を取って抑えて”
仕舞は一曲の中の見どころを面、装束を付けずに紋付袴で舞う。
又各別の情趣を醸す演式

忠度は今の世でもサラリーマンや学生に親しまれた人だった。
JRの乗車券がスイカになる以前にサラリーマンや学生は定期券の範囲外の
遠くへ行った帰りに現地で一駅間の切符を買い定期券で降り間を無賃乗車した。
薩摩の守とかキセルと云った。
薩摩の守忠度(只乗り)でありキセルは金属の雁首と吸い口の間が只同然の竹だから。

   能「忠度」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top