FC2ブログ
06.30
Sat
IMG_5754.jpg

IMG_5756.jpg
多摩川、是政の堰 2018年5月26日写す。以下同じ

真夏のような天気に河川敷は大賑わい、バーベキューの煙があちこちに
立ち昇っていた。
水辺では親子が水遊び。
何が獲れるの?ザリガニ?メダカ?オタマジャクシ?大漁?
と声を掛けたら子供がニコニコ、二本指でブイサインV

IMG_5727.jpg
イタドリ(虎杖)タデ科

土手から河川敷を見下ろしたら背丈を越す雑草。
足を踏み入れる隙間もない。花など期待できない、珍しくもないがと
道端に咲いていたのを写した。
若い茎に赤い斑点がある。虎の皮の模様に見立てたのだろうか。
虎杖と書いてイタドリと読ませる不思議。
虎に似た杖の意味にしては頼りないし、
虎が杖を突くとは漫画でも見た事ない。いずれにしても大げさな名。
別名スカンポ、この方がみんなよく知っている。
若い茎は生を塩で、酸味があり美味しい。ヌカ漬けは更に美味い。

IMG_5745.jpg
テリハノイバラ(照葉野薔薇)バラ科

背丈を越す雑草のヤブこぎをして河原に辿り着いたら見つかった。
純白のきれいな花だ。トゲがなければ胸に飾りたい。
「♪わらべは見たり野中のばら」はドイツの歌。
「一架の薔薇、満院香し」は漢詩。
日本の野バラの花の歌は聞いたことがない。
日本の作詞家は野バラのトゲが苦手なのだろうか。
中国の奥地、ウルムチの砂漠にトゲの鋭い花が咲いていた。
名は忘れたがガイドの話がショッキングだった。
駱駝がこの花をトゲ諸共に食べると。口から血を流しながら。
中国の砂漠に野バラがあったらラクダは多分喜んで食べるだろう。
テリハノイバラのトゲごときには驚かないと思う。

IMG_5732.jpg
クサフジ(草藤)マメ科
カラスノエンドウやスズメノエンドウと姿、形はそっくりだが
大型で大群落をつくり、花も群がって盛大に咲く。
鮮やかの紫の色がきれいだ。
紫は高貴の色。クサフジの名はピッタリ。

富山湾の氷見辺りは昔、多祜の浦と呼ばれたという。
氷見市の田子の浦神社に大伴家持の歌碑がある。
越中の守だったという家持はこの地を訪れ、船を浮かべて松にまとわり咲く
藤を愛でたという。以来、藤の名所となったのだろうか。
これらを下敷きに能「藤」がつくられた。

都の僧が多祜の浦の松にまとわり美しく咲く藤を見て古歌を口ずさむ。
「常盤なる松の名たてにあやなくも、かかれる藤の咲て散るかな」
美しい女の姿の藤の精が現れ、
「多祜の浦や、汀の藤の咲きしより、移ろう波ぞ色に出ぬる」
と詠んだ歌があるのに、松の名を引き立てるように咲く藤、
などという歌を口ずさむとはと文句をいい、藤の精と名乗り姿を消す。

僧の仮寝の枕に美しい姿の藤の精が再び現れる。
クセでは多祜の浦の四季に移ろう絶景を語り、序の舞を華やかに舞い
終曲のキリでは藤の花の美しさを強調して舞い、朝日山の彼方に消える。

多祜の浦は、現在は田子の浦。波は穏やかに湾の彼方に雪の立山連峰を
望む絶景の地。
能の名曲には人間の深刻な事柄を扱った作品が多い。
「藤」の後シテは仏法の功徳を謡い登場するが、僧である脇にお付き合い程度で
ひたすら多祜の浦の美景と藤の花の美しさを舞い謡う。

田子の浦の絶景と、松に咲く藤の美しさを思い浮べながら藤の精の舞姿を観る。
心は豊かに際限もなく、波の遥か向う立山連峰の彼方に広がる。
深刻な人の世の事どもを語る能。単純に美を追求する能。能の奥行きは広い。

増女2
 「藤」の使用面。「増女(ぞうおんな)」女神、天女、神仙女の相貌。

小面3
「小面(こおもて)」若い女の顔。小は可愛の意だという。

藤の精を神格として演ずるか、可愛い女性として演ずるか
で使用面を選ぶ。
    
能「藤」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top