FC2ブログ
07.29
Sun
IMG_5835.jpg
ヤクシマススキ(屋久島薄、芒) イネ科 2018年7月3日写す

屋久島の草花は小型で知られている。
屋久島は一ヶ月に三十五日雨が降ると云われる。
軟らかい土の登山道は雨水で溝の様に抉れている。
休憩した登山道にえぐれた道の端に枯れかかったヤクシマススキがぶら下がっていた。
水筒に入れて持ち帰った。
意外にも息を吹き返し以来30年、生育環境がいいのか背丈も10倍以上にも伸びた。
だが普通のススキよりははるかに低いチビだ。

屋久島ススキは背丈が低いので盆栽愛好の人達に喜ばれる。
通り掛かりの盆栽好きの人から株分けを頼まれることがある。
屋久島の地どりだと自慢して差し上げる。

ススキは身近な植物だった。茅葺屋根の材料、家畜のエサ、何よりも
十五夜のお月さまの団子と一緒のお供え。
世の中、急激に変わっていく。
茅葺屋根や家畜、団子などの郷愁に耽る暇などない世の中になった。

ススキは能でもしばしば語られる。能「松虫」では終曲に
「さらばよ友人、名残の袖を、招く尾花の仄かに見えし、後絶えて
草茫々たる朝の原、虫の音ばかりや残るらん」と謡う。
耳の底に虫の音、脳裏に友の顔、何時までも余韻が尾を引く能。

松虫の音に誘われ阿倍野の松原に分け入った男が草露に伏して死んだ。
その男を偲ぶ友人の物語。
面は怨霊面の怪士。幽霊の奇異な出で立ちで怨みの舞ならぬ友への思慕を舞い、
異次元に誘う。
クリ、サシ、クセでは、味わい深い詞章で男の友情を語り、
キリでは虫の音に寄せて友を語る。
同性愛的思慕を描いた能だとする。
若い男の友情は純粋であり、濁りがない。
この時代は念友が流行ったというが、怨霊のようにひたすら友を偲ぶ
能として鑑賞したい。
我が家の猫の額のヤクシマススキには阿倍野の松原の風情がある。
風に靡く扇のような花穂を見ていると色々な人の顔が浮かぶ。

IMG_5839.jpg
ユウスゲ(夕菅)ワスレグサ科 2018年7月5日写す

名の通り虫もねぐらに帰る夕暮れ時に咲く不思議な花。
科の名のワスレグサは道端にも咲くヤブカンゾウの別名だそうだ。
藪カンゾウはもちろん仲間の野カンゾウ、浜カンゾウ、夕スゲ、日光キスゲ
などの花はサッと茹でてお酒のつまみに、美味しいしその上きれい。
若芽は天ぷら、茹でておひたしが美味。

十数年前、ヒノキの植林で掘り返されたのを拾って来た。
日光キスゲだと思っていたらユウスゲだった。
だがガッカリはしなかった。

IMG_5825.jpg
ソバナ(岨菜、蕎麦菜)キキョウ科 2018年6月26日写す

おいしい山菜。名を聞くだけで杣人(林業に携わる人)が家で待つ
愛妻の土産に摘む山の菜を連想する。
険岨な山に生えるから岨菜だというが、ちょっとした山、杣山にも珍しくない。
やはり岨菜より杣菜がいいと思うが学者が付けた名だろから仕方がない。
釣鐘のような薄紫の花が可愛い。


IMG_5813.jpg
オカトラノオ(岡虎の尾)サクラソウ科

茎の先っぽがそのまま花穂になっていて、桜の形の小花が尻尾の形に咲く。
虎の尻尾は大げさで子猫の尻尾ほど。
花穂の元から先の方へ順番に咲くのがいい。
可愛い花なのに庭などに植えているのを見たことがない。
虎は恐ろしい猛獣。古来、人は虎を恐れ半ば神聖視して来た。
色々な説話が伝えられているという。
能「放下僧」では弟が兄を説得するのに虎の説話を語る。

父を殺された男が兄に敵討ちの相談を持ちかける。
兄は僧侶、敵討ちは殺人、兄はにべなく断る。
弟は虎の説話を語る。
「母を虎に殺された男が仇を取ろうと百日もの間虎を狙う。
ある夕暮れ虎に似た大石を虎と思い込み矢を放つ。
矢は石に突き刺さり夥しい血が流れた」
兄は弟の一念に抗することができず敵討ちに同意する。

兄弟は放下に身をやつし仇を追う。放下は当時流行った旅芸人。
兄は僧形、遭遇した仇との禅問答が聞きどころ。丁々発止と小気味いい。
中世の人達は禅問答を聞き物として楽しんでいたのだろうか。
この能の核の一つでもある。
禅問答は解説を読んでもチンプンカンプンだが禅の世界観の感じ位は伝わる。
討つ側と討たれる側の緊張としても伝わる。
クセは定型の型で舞う。
僧形の放下らしく自然の佇まいを謡い自然現象の中に輪廻を見ると謡う。
舞う姿に、はっきりとした言葉はないが僧として殺人を犯し仏の戒めを
破る悲しみが伝わる。僧形の舞は異様で様々な思いを誘う。
続く鞨鼓、小唄がこの曲の眼目。
鞨鼓は鼓を腰につけ、打ちながら軽快に舞う。
小唄は室町時代に流行った歌謡、この能に採り入れられた。
閑吟集にも採られているという。
中世の歌謡集、梁塵秘抄や閑吟集は歌詞のみ。
当時は音符がなかったから節は分からないがこの放下僧の小唄に、
完全ではないかもしれないが、当時の節が窺える。

この能は敵討ちの能だが敵討ちは方便、禅問答、クセ、鞨鼓、小唄を見せ、
聞かせるのが眼目の能。「遊興物」と呼ばれる。

ほうかそう
“切って三段となす”と刀に手を掛け、はやる弟を押しとどめる兄の僧。

能「放下僧」の詳しい解説はこちら

「松虫」はこちら


comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top