FC2ブログ
10.27
Sat
DSC_0192.jpg
小金井公園の倒木 2018年10月8日写す。以下同じ

9月30日夜半、台風24号が東京を襲った。
東京の台風など大したことはないと高いびき、夜中に猛烈な風の音に目が覚めた。
東京で初めての経験だった。八王子市で翌日0時11分、風速45,6m
観測史上初めての記録だそうだ。
小金井公園は惨憺たるありさま。あちこちで大木が根こそぎ倒れ
太い幹が途中で折れているのも随所にあった。
台風の猛威に唖然は通り越し慄然。

小金井公園は小金井市にある広大な自然たっぷりの公園。
最近、売店や小さなレストラン、子供の遊び施設など次々に出来ている。
以前は静かな公園だったがこのところ若い家族連れが目立ちにぎやか。
駐車場も満車。

DSC_0194.jpg

DSC_0195.jpg
コスモス キク科

コスモス畑も台風メは容赦しなかった。何とも無惨なありさまだった。
かよわいお姫様のような風情の花だ。巨木の吹き倒すほどの台風、無惨な情景に思わず
“無惨や死の縁とて、生所を去って東の果ての、路の傍の土となって”と
コスモスに謡い掛けてしまった。能「隅田川」の一節。
能「隅田川」の母は狂女となって我が子を訪ねて都から遥々隅田川に辿り着く。
隅田川河畔の柳の木の下辺りから念仏が聞こえる。
命日に人々が集い供養する念仏の声だった。塚の主は我が子だった。
親子の悲劇を描き、聞こえた名作。

コスモスはギリシャ語だそうだ。整然と秩序あるという意味だという。
宇宙と云う意味もあるという。
宇宙の星はばらばらで無秩序に見えるが星座の名が示すように学者には星は
整然と秩序正しく並んでいるのだろう。
花のコスモスも同じだというが何が秩序正しいか分からない。
無学の者には星も花のコスモスもバラバラで無秩序に輝き、また咲いているのが
この上なくきれいに見える。

DSC_0196.jpg
トランポリン

小山のように小高い面白い形のトランポリン。子供達が大はしゃぎだった。
人気の施設のようで順番待ちの付き添いお父さん、お母さんで長蛇の列。
男の子も女の子も入れ混じり飛んだり跳ねたり転んだり。

戦後(二次大戦)しばらくまでは、こうした光景は見られなかったという。
男の子は表でメンコ、チャンバラごっこ、女の子は部屋でお手玉、お人形遊び。
「男女七歳にして席を同じうせず」儒教の教えだそうだ。
人の心の中に深く沁み込んでいたのだろう。
儒教的教育の名残が戦後しばらく消えなかったということだろうか。

平安の昔、上流階級の女性は立って歩く事さえ、はしたない事だったという。
常に部屋にこもり、草紙など読んで暮らしたという。
ご対面も几帳を隔て、それでも足りず袖で顔を隠すこともあったそうだ。
源氏物語、若菜の巻で女三宮が蹴鞠見物したのも簾越しだった。
実に不健康な生活だった。高貴な女性の平均寿命が三十五才だったと云うのも尤も。

男も短かった。源氏物語の主人公、光源氏は四十半ばにして己を翁呼ばわりにした。
源氏の邸宅、六条院の蹴鞠の折、源氏の正妻、三宮の飼い猫が逃げ出し猫の引き綱が
簾を巻き上げた。蹴鞠中の左大臣の息子、柏木は三宮を簾なしで見る。
たちまち恋の病に狂い、ついには無理に契りを結んでしまう。
源氏物語絵巻に柏木と三宮の間の罪の子を抱き物思いに沈む源氏が描かれている。

源氏は柏木を呼びつけ、己を翁呼ばわりにして若い柏木の不倫を知らぬふりをしながら
ネチネチと匂わせて責め立てた。柏木は罪の重さに悔恨著しく床に就き終に亡くなる。
当時は身分の上下、貧富の差を問わず短命だったようだ。
だがいつの世でも驚くような例外もある。
平安末期の歌人藤原俊成は90才、その子、持病もちで癇癪持ちの変人だったと云う
定家は80才まで齢を全うした。定家は十代から和歌の天才的才能を見せたという。
後の世の詩人たちの尊敬を集めた歌人西行は定家の才能を高く評価、選歌を頼んだという。

能「遊行柳」では柏木の恋や西行の歌の次第が語られる。
「遊行柳」は閑寂の情趣の世界を描き出した能とされる。
西行が奥州行脚の途中、白河の関の手前で柳の古木の下で休息した。
その古木を詠んだ歌
「道の辺に清水流るる楊蔭、暫しとてこそ、たちとまりけれ」
歌に詠まれた柳の精が遊行上人の前に現れて柳の故事を語り仏の道を語る。
仏語が多く語られ難解だが、難解が神秘に変わり神秘を加味した閑寂の世界に誘う。
クセに柳の故事を語り、大宮人の蹴鞠の場に四角に植えられていた木の一つ柳から
柏木の恋に及び、閑寂に彩を添える。
作者は閑寂の世界とは無縁の「船弁慶」「安宅」など活劇の能の作者、観世信光。
世阿弥の「西行桜」に触発されて作ったと云う。

遊行は坊さんが布教のため行脚することを云うそうだ。
中でも時宗は遊行による布教を重んじた。時宗を遊行宗とも云ったという。
総本山、清浄光寺(遊行寺)は神奈川県藤沢市に今もある。閑静な情趣ある寺。

游行柳
“手飼いの虎の引き綱も”柏木の恋を語る柳の精

能「遊行柳」の詳しい解説はこちら
「隅田川」はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top