FC2ブログ
11.17
Sat
IMG_6177.jpg
乙女高原から望む南アルプス連山 2018年10月19日写す。以下同じ

南アルプスは山梨県から静岡県まで連なる連山。南アルプスの最高峰、
富士山に次ぐ標高の北岳が見える絶景の場所だが雲に覆われ見えなかった。
ガッカリで枯れススキを掻き分け咲き残りの花を探した。

IMG_6163.jpg
リンドウ(竜胆)リンドウ科

♪白樺揺れる高原に、リンドウ咲いて恋を知る♪幼い頃、姉が唄っていた。
幼心に恋など解る訳ないのに未だに忘れないのは何だろう。
リンドウの花の色、形に秘密があるのかも知れない。

IMG_6176.jpg
マツムシソウ(松虫草) スイカズラ科

名の由来は難かしくて聞いてもピンと来ない。
松虫の音のように優雅で美しい花と思う事にしている。
かなりの群落があったようで枯れ残りが無惨だった。
ただ一もと、割と形の整った咲き残りが胸をギュツと。

千利休が朝顔の盛りに秀吉をお茶に招待した。秀吉は乱れ咲く
朝顔を楽しみに利休庵を訪ねたが利休は朝顔を全部摘み取り、
秀吉を茶室に招じ入れた。茶室に一輪だけ活けてあったと聞いたことがある。
やはり後世に名を残す人は違うナと。鈍感な身でも一輪の朝顔の美しさが浮かぶ。
咲き残りを見て利休になった気分だった。
実のところは無理にそう思った。

IMG_6168.jpg
アキノキリンソウ(秋の麒麟草)キク科

黄金色に豪華に咲く花なのに盛りが過ぎれば斯くの如し、哀れ。
人の一生もかくやとばかり。あまり思いたくないが。
麒麟は中国の想像上の動物。全身から五色の光を放つ霊獣。
麒麟草は間違いで黄輪草だという学者がいる。
だが学者でない者には麒麟草が断然いい、空想が膨らむから。
黄輪草では花の形を云うだけでつまらない。
学者は既成の説にイチャモンをつけたがるようだ。
諸説あるとよく聞くがイチャモンのせいだろう。

兄弟分に悪名高いアメリカ渡来の“セイタカアワダチソウ(背高泡立ち草)”がある。
隙あらばと土手や空き地を占領して我が物顔に蔓延る嫌われ者。
よくよく見ればきれいな花だが度を超すと嫌われる。
人間も同じだなとつくづく。

IMG_6185.jpg
野菊 キク科

野山に咲く色々な野生の菊を総称して野菊と云うそうだ。
色や姿形がそれぞれ少し違う。それぞれの名前を覚えるのは面倒。
全て“野菊”と呼ぶ事にしている。
人間だって顔形は違うが同じ人間。

菊ほど日本人に親しまれた花は少ない。
日本の国花でもある。酒を”菊の水”とも云う。
平家の武将、平盛久は処刑を免れ頼朝の祝いの杯を受け
「種は千代ぞと菊の水」と祝言の謡をうたい喜びの舞を舞った。

“死”に赴く人間の心境を綴った能「盛久」は舞の要素は少しだが
人の生死を考えさせられる名曲。

鎌倉に護送される盛久は輿を清水観音の方角に向けさせ手を合わせる。
盛久は日頃から観音を深く信仰していた。
観音様が極楽浄土に導くことを信じ手を合わせる静かな姿に、
死の恐怖が和らいでいく風情がただよう。
何ものも持たない無信心な己を思い合せ死の恐怖は如何ばかりかと戦慄が走る。

輿は京を離れ鎌倉に向かう。鎌倉には“死”が待っている。
輿は東海道の名所を通過する。地謡が名所の数々を謡う。
ただ名所の美景を謡うというだけではない。死を覚悟しこの世の名残に見て
気持ちの整理をしているであろう盛久の心中が謡われているようで感動の波がドット押し寄せる。

鎌倉に着いた盛久はこの世の名残にと観音経を読み、少しまどろむ内に夢を見る。
夢に白髪の老人が現れ「汝年月、多年の誠抽んでて発心人に越えたり。
 心安く思うべし我汝が命に代るべし」老人は清水観音だったのだろうか。

盛久は由比ガ浜の刑場に引き出され座に直り経巻を開き、刑の執行を待つ。
処刑人が太刀を振り上げる、経巻、光を発し処刑人の目を射、太刀を取り落とす。
太刀は段々に折れる。

即刻、顛末が頼朝に報告される。
盛久が刑執行の前夜見た夢と同じ夢を頼朝も見た。
盛久は許され、頼朝は酒宴を催す。
盛久は鎌倉までも聞こえた舞の名手だった。
頼朝の所望に盛久は舞を舞う。
「種は千代ぞと菊の水」と祝言の謡をうたい喜びの舞を舞う盛久の舞姿に
万感迫らない訳がない。

盛久
斬首を免れ喜びの舞を舞う盛久。
シテ 二十五世金剛流宗家 金剛巌

能「盛久」の詳しい解説はここちら



comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top