FC2ブログ
12.15
Sat

IMG_6301.jpg
高戸の浜 2018年11月23日写す。以下同じ

茨城県高萩市にある。日本の海岸百選に選ばれたとか。
この辺りの海岸は断崖絶壁続き。
何故だか知らないが断崖絶壁が好きらしく悪条件を物ともせず咲く花がある。
浜菊と小浜菊。高萩海岸辺りから青森の海岸に咲く珍品。
一番近い高萩海岸に毎年見に行く。今年はなんだかんだと野暮用に負けて
花の盛りに遅れた。
今年は諦めようかと思ったが、いつの間にか高萩海岸の岩壁をよじ登っていた。
岩の窪みに溜まった土に根を張ったススキやチガヤなどの頼りない雑草に片手で
必死にしがみつきシャッターを押しているうちに不安は的中、浅く根付いた草の根が
剥がれズルズルドシン。安物だが大事なカメラを無意識に守ろうとしたのか身体を
丸めたらしく大事には至らなかった。落ちた海岸は大小の石がごろごろ、向う脛と
後頭部を打った。かっこう悪く恥ずかしいので誰にも云わず黙っていた。
二週間ほどで痛みは取れた。

IMG_6300.jpg
ハマギク(浜菊)キク科

岩壁の浜菊 盛りは過ぎ数輪だけの咲き残り

IMG_6305.jpg
波打ち際に崩れ落ちた岩の隙間にも咲いていた。

背丈はそれほど大きくないが幹が太くて硬くまるで木。
太い幹から枝をだし大きな株になり真っ白い花を盛大に咲かせ見事。
こんな厳つい木に、これ程のかわいい花が咲くのだ、信じがたい。
花好きが、これほどの花を見逃す訳がない。庭にも植えられている。
だが海岸の絶壁に咲く浜菊は一味も二味も違い、荒々しい海の景色を
背景に美しさこの上もない。

IMG_6293.jpg

IMG_6294.jpg
コハマギク(小浜菊)キク科

小さいハマギクと云うのだろうがこの二つは印象が全く違う。
美女と野獣と云ったらハマギクに叱られるだろうか。
コハマギクは全く知らなかった。数年前、ハマギクの群生の中に
4,5株咲いているのを見つけ図鑑で調べて知った。
今回は岩壁の窪みに生えた雑草の中に咲いていた。
盛大に咲きその姿を誇示するかのような浜菊とは全く違い雑草の中に
ひっそりと咲く美しい小浜菊に能「落葉」の落葉ノ宮の面影を重ねた。

落葉の宮は朱雀帝の二ノ宮。左大臣の息、柏木に降嫁したが柏木は
二ノ宮の妹三ノ宮に心を奪われ、二ノ宮は捨てられる。
宮は失意の内に母宮と小野の山里に籠る。
前場では小野の里のもの寂しい情景を描き、後場のクセでは落葉ノ宮に
想いを寄せ、想いを募らせて行く光源氏の子息、夕霧の心情を情緒豊かに
描く。終曲のキリでは夕霧の激情に耐え兼ね狂乱の域まで追い詰められる
落葉ノ宮の心中を描く。

落葉
能「落葉」 「さやけき月に妄執の夕霧、身一つに降りかかり目も紅の落葉の宮は」
有無もなく迫る夕霧の熱情に煩悶する落葉の宮

能「落葉」の詳しい解説はこちら


comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top