FC2ブログ
12.29
Sat
IMG_6315.jpg
塩屋岬海岸 2018年11月23日写す。以下同じ

理由は幾つかあるがこの辺りに来ると必ず寄る。
高萩海岸からほとんど岩壁続きの海岸から突如広い砂浜が現れる。
心がぱっと開ける。去年訪れた時は東日本大震災の津波で惨憺とした景色だった。
灯台への道も崩れて閉鎖だった。

IMG_6304.jpg
ツワブキ(艶蕗)キク科

又々、お祖母ちゃんだが。暴れ坊だったのだろう打撲や火傷が絶えなかった。
ツワブキの葉を火にあぶり当ててくれた。
暖かい地方では主要な山菜。蕗はシャキシャキだがツワブキはしっとり。
南西諸島のツワブキは大ツワブキと呼び大きい。
テカテカの丸い大きな葉、根元からニョキニョキと花茎を伸ばし真っ黄色の
花を派手に咲かせる。派手さ加減はほんとに日本の花?と思わせる。
外国の人の目も引くらしくニューヨークの植物園の一番目を引くところに
飾られていたと読んだことがある。

IMG_6314.jpg
ヤツデ(八手) ウコギ科

“ぱっと開いた赤ちゃんのお手てのようにかわいいな”と紅葉を歌った
童謡があるが形はそっくりでもこちらは天狗のお手てか天狗の羽団扇。
田舎のトイレの近くには必ず植えてあった。
臭気を天狗の羽団扇で煽ぎ飛ばそうというのだろうか。
塩屋崎灯台の登り口に我が物顔に咲いていた。
庭木でよく見るが、異様な姿から日本のものではないと思っていたし
海岸近くに多い木とは知らなかった。

IMG_6321.jpg
トベラ(海桐)トベラ科

子供の頃、臭い木だと思い込んでいた。小鳥が実を食べるのが不思議だった。
実が熟すとメジロが実を食べに来た。おとりの鳥かごを枝に掛け鳥モチを塗った
小枝を仕掛け、大袈裟に鼻を摘まんで息を凝らしてメジロを待った。
トベラは枝を折るか葉を揉むと臭いが木から臭気を発散しているわけではない。
鼻をつまんで待ったのは子供特有のフザケ、いわゆる稚気だったと思う。
メジロはきれいな鳥で鳴き声が美しい。美しく鳴くのはオスでメスの鳴き声は単調、
ウグイスは飼ってもなかなか鳴かない。メジロのメスやウグイスが鳥モチに
かかっても石油で丹念に鳥モチを拭き取り放した。
数年前、故郷の片田舎に帰ったが子供の姿が見えなかった。
聞いたら子供は塾か習い事で忙しく、野山や海川を駆け回るなどバカげた
事をする奴はいないとの返事だった。

トベラは密に白い小花をつけ香りがいいらしい。
秋に薄黄色の皮が割れ赤い実が現れる、木の実の中でも屈指の美しさだと思う。


IMG_6320.jpg
美空ひばり歌碑

塩屋崎灯台の下の海辺に建っている。近づくと美空ひばりの晩年のヒット曲
「みだれ髪」がいきなり流れてきた。
東日本大震災以前も建っていたが津波で壊れたのだろう、新しく立て替えてあった。
美空ひばりは知らない人はいない程の昭和の歌姫。
♪春は二重に巻いた帯、三重に巻いても余る秋🎶 冷たい浜風の中に響き渡った。
何時までも耳に残り、ちょっとシュン。誰でも身に覚えはあると気を取り直した。 
痩せ細るほどの恋、能の世界ではさしずめ静御前いうところだろうか。
静御前は平安後期の白拍子、源義経の愛人だった。
能に「船弁慶」「二人静」がある。
同じころ平清盛の愛人に同じ白拍子の祇王と仏御前いた。
この二人も能に作られた。「祇王」「仏原」。だが「船弁慶」が人気ダントツ、
上演頻度も上の三曲は遠く及ばない。

船弁慶は前場に白拍子である静が義経との別れに義経の再起を祈念し勇気づけようと舞を舞うが別れに堪えられず涙を湛えつつ舞う舞が絶品。
後場では義経に討たれた平家の猛将、平知盛の幽霊が船で西国落ちの義経一行を襲う活劇を見せる。前、後場共に演劇性抜群。人気曲の所以だろう。

船弁慶3
義経に襲いかかる平知盛の幽霊

能「船弁慶」の詳しい解説はこちら


comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top