FC2ブログ
03.23
Sat

IMG_6496.jpg
多摩川 2019年3月9日写す。以下同じ

多摩川は秩父の山奥から東京湾まで流れ下る東京一の大河。玉川とも云うらしい。
玉のように美しい川と昔の人も云ったのだろう。
清流の魚、アユなどが住んでいる。猛魚ブラックバスや巨大な鯉、恋も釣れ。
堤防や広い河川敷も整備され野球、サッカー、遊歩道、サイクリングロードも
整備されていて男女老若の歓声の絶え間がない。
河口には羽田空港がある。

IMG_6508.jpg
クサフジ(草藤) マメ科 
クサフジは初夏に咲く花。我が目を疑った。是政橋の下に咲いていた。
日溜りの暖さに騙されて慌てて咲いたのだろうか。一週間程前の寒気は
どう過ごしたのだろうか。兎に角ビックリだった。
花のごく少ないこの時期の、しかも季節外れの花の鮮やかな紫青の色が
“この世の物ともおもわれず”

IMG_6520.jpg
カラシナ(芥子菜)アブラナ科
厚い葉っぱを幾重にも蕾を包み寒さを凌ぎ春の日差しを待っていた。
もうすぐ黄色い小さな花を山盛りに咲かせる。
アメリカから来た野菜だそうだ。アメリカでは野生らしいが日本では畑に
植えている。辛子の香りと風味が売り物の野菜。
土手や河原の芥子菜は畑から逃げ出したものらしい。
お浸しや浅漬けで食べた。畑のものより香りと風味があり旨かった。

IMG_6517.jpg
ノゲシ(野芥子)キク科

わずかなコンクリートの隙間に根を張り咲いていた。
目を見張る生命力。珍しい花ではないが思わずシャッターを押した。
あやかりたいものだと。
若葉はおいしいらしい。摘むと白いネバネバの液体が出る。
気持ち悪く食べる勇気が出ないので食べたことはない。

IMG_6506.jpg
イヌガラシ(犬芥子)アブラナ科

IMG_6525.jpg
ナズナ(薺)通称ぺんぺん草 アブラナ科

イヌガラシもナズナも道端にも生えていて踏ん付けられても平気で生きている。
どう見ても美味そうには見えないがナズナは春の七草。
イヌガラシとナズナはよく似ている。見分けがつかない。
実で簡単に見分けられる。イヌガラシの実は丸く細長い。
ナズナは三角、三味線のバチに似ているのでペンペン草だそうだ。
昭和の中頃までは三味線は最も親しまれた弦楽器だったが今は西洋の楽器の時代。
沖縄では今でも最も親しまれている楽器。ニシキヘビの皮を張っていて呼び名も
“三線(さんしん)”。

その昔の弦楽器は琵琶と琴。琵琶は男の楽器、琴は女性のものだったようだ。
琴の名手は高倉天皇が愛した人、小督。能にも作られた「小督」
その一節“峯の嵐か松風か、訊ぬる人の琴の音か”が黒田節でも唄われよく知られている。

高倉天皇妃は平清盛の娘、後の建礼門院徳子。清盛の迫害に身の危険を感じた小督は
嵯峨野の奥に忍んで暮らす。恋心をつのらせた天皇、源仲国に命じて嵯峨野の奥に
隠れ住むと噂される小督を探させる。帝に賜った名馬に鞭を上げ颯爽と嵯峨野へ
駆ける仲国。嵯峨野は今では観光スポット。身動きできない人混みだが当時は
都外れの超片田舎。探しあぐねた仲国。折しも十五夜、美しい琴の音が聞こえて来る
“峯の嵐か松風か”まぎれもない琴の名手小督の爪音だった。

仲国の喜びが美文で謡われ、颯爽と舞う仲国。「駒ノ段」といわれる。
高倉天皇は源平の戦いで三種の神器と共に檀浦の沖に沈んだ幼帝、安徳天皇の父。
色白の美男子でそのうえ頭がよかったが平清盛には頭があがらなかった。

琵琶の名手は平経正。十六才で須磨の浦の戦いで散った平敦盛の兄。
少年と青年の間の年齢だったようだ。能「経正」では少年の面「十六」又は
青年貴公子の面「中将」いずれでもよいとする。
経正は仁和寺御室の御所の仕えていた折、御所の宮に唐伝来の琵琶の名器「青山」
を賜ったほどの名手だった。

能「経正」は武将ではあっても優雅な貴公子、経正を描く。
仁和寺の宮の命で西海に散った経正の供養の管弦講が行われ、経正が愛玩した
「青山」が手向けられる。
琵琶の音に引かれておぼろおぼろと現れる気品ある若武者姿が絵のように美しい。
経正の霊は自らも手向けの琵琶を弾じ、舞い在りし日の夜遊を見せ舞い遊ぶ。
“第一第二の弦は索々として秋の風、松を拂って疎音落つ。第三第四の弦は
冷々として夜の鶴の子を思って籠の中に鳴く”
経正の琵琶の音は楽器の音色という域を超え遥か彼方の空想の世界に誘う。

経正

在りし日の夜遊を見せる経正の亡霊

能「経正」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top