FC2ブログ
07.27
Sat
IMG_7002.jpg

裏高尾の清流 令和1年7月13日写す。以下同じ

ハイカーのお気に入りの場所らしく唯一開けた場所。
板橋の上で年配の人がスケッチしていた。鉛筆の芯の細の太いの
色々箱に並べてあった。繊細な絵にビックリ。鉛筆だけで描いた美しい絵!
感動!感動!“画家ですか?”“いや、趣味で描いている” 絵は独学だと云った。
風貌から社会的にかなりの地位にあった人の様に見えた。
黙々と忘我の境地に入っている姿に、世に在りし時、困難に会い絵に没頭して
己を慰めたのではないだろうかなどなど勝手に想像した。
「久方の光のどけき春の日に静心なく花の散るらん」
古今集、紀友則の歌だそうだ。百人一首にも採られている。
反藤原氏の企みに誘われ悩んだ時の紀友則の歌だと聞いたことがある。
板橋の上で黙々と絵に没頭するその姿に若き日の彼に思いを馳せ紀友則に
重ねた。絵の写真を一枚撮らせて頂きたかったが言葉が出なかった。


IMG_7005.jpg

IMG_5553.jpg

アブラチャン(油瀝青)の実と花 クスノキ科(花は2018年3月写した)

満山枯れ木の中、春一番に咲くのが嬉しいしきれい。
それよりも名前が気に入っている。
この花の名前を始めて知って枝を肩に“アブラチャン♪アブラチャン♪”と
ふざけたことを思い出す。
能「小塩」で在原業平の霊の爺さんが、うららかな春の日、桜の枝を担ぎ
“弱ぼいさぞらい”現れるそのまねだった。

残念だがアブラチャンのチャンは愛称のチャンではなく瀝青(油の固まり)
の中国語読みだそうだ。
だがどんな意味であろうとチャンはチャンだからから気に入っている。
美味そうな実に見える、どんな味か齧ってみようと思ったが昔は灯火用の
油をとったというし仲間のクスノキは樟脳の材料、強烈な刺激味が口の中で
火事になるかもとやめた。

IMG_7006.jpg
ヤマユリ(山百合) ユリ科

山百合は夏咲く花の女王様。
先月の中頃、鎌倉の山では満開だった。
一ケ月後、ここ高尾では未だ蕾だったが満開を一つだけ見つけた。
鎌倉とここ高尾では何かが違うのだろう、山百合だけではなかった。
日本には色々なユリが咲く。日本の固有の花だそうだ。
オランダの人達は日本のユリが大好きで交配が盛んでコンテストがあり
優勝すると名誉全国に及ぶとか。
交配種のユリは逆輸入され日本の花屋の店頭に並び庭先にも咲く。
野に咲くユリの方が交配種種より断然美しいのに花屋の百合を買う。
目移りは人の常、仕方がないか。
竹馬の友も糟糠の妻も馴れてしまえば価値を忘れる。

IMG_7020.jpg
オオバギボシ (大葉擬宝珠)キジカクシ科

竹竿に小さなチョウチンを幾つもぶら下げたような風情。
美味しい山菜。東北ではウルイと呼び主要な山菜。
欧米にはない花で愛好者が多く自生地見学のツアーがあるそうだ。

擬宝珠は橋の欄干の飾り。ギボシの花の形が似ていることが名の由来だそうだ。
最近の橋はコンクリートで擬宝珠は滅多に見られない。
神社やお寺の庭園の池に架かる橋などで見られる程度。

京の五条の橋の上で弁慶と牛若丸が散々に戦った。
牛若は擬宝珠の欄干に飛び上がり飛び下り、鬼神変化の如く虚空を飛び回り
弁慶を翻弄、終に弁慶は降参、牛若の家来になった。

橋弁慶
“ここと思えばまたあちら燕のような早業に鬼の弁慶、謝った”童謡にも歌われた。

IMG_7016.jpg
竜頭が滝

白装束の若い男女が滝行の順番を待っていた。
滝行は神仏がやどる滝に打たれて煩悩を払う修行だそうだ。
若い人が煩悩を払うと脱け殻では?煩悩などとっくに希薄になった身の呟き。
聖域には間違いないので神仏の罰が当たるかも知れないと震える手で一枚だけパチリ。
高尾山には滝行の場が数ケ所あり山伏が滝行するそうだ。

山伏の元祖は役行者。人間離れの修行で神をも罰する神通力を得た。
修行の山伏達のため葛城山から根本道場の大峰(金峯山)まで橋を架けよと
葛城明神に命じた。神様のことをこのように言うのは畏れ多いが分かり易いかと
ご勘弁頂いて、今様にいえば“ブス”だった。
昼間は恥ずかしいと工事は夜だけ、ついに納期に間に合わなかった。
怒った役行者は明神を蔦鬘でしばり岩穴に閉じ込めた。

能「葛城」はこの奇怪な物語を背景に展開される。
葛城山参りの奥州、羽黒山の山伏一行が突然の大雪に立ち往生している。
柴を背に女が現れ、山伏達を憐れみ我が家に案内する。
雪景色を詠った漢詩を引いた美しい地謡にとぼとぼと家路を辿る情景が美しい。
女は葛城山の名の由来となった“しもと(小枝)”の話をし、しもとを焚いて
山伏達を暖め鈴懸を乾かす。クセも山伏達を労わる舞。
女は葛城明神の化身だが神の気配は全く見えず里の女の温情が滲む。
僧達は夜の勤行を始める。女は僧達に勤行の序でに祈り加持してくれと頼む。
岩橋工事で役行者に縛られた事を語り葛城明神であることを仄めかす。
山住の女から葛城明神への変貌をじわりと見せる、能の魅力。

山伏達の夜を徹しての祈りに神の本体を現わした葛城明神が、神代の
髙天の原の舞を模して舞う。月明かりの雪原の舞が美しい。

葛城山は奈良と大阪の県境の山。三月の中頃友人と二人でお参りに行った。
友人の服装を見てびっくり、冬山登山の姿だった。
こちらはスーツに革靴ネクタイのサラリーマン姿。
“チョモランマにでも登るの?”と散々揶揄った。
ロープウェイの乗り場にスノーボードの親子、オヤ?
ロープウェイの終点は一面の雪景色。スーツにネクタイのオレを下から上まで
眺めて友人、“どちらの会社にお勤め?こんな山の上に会社などあったかナ?”
と反対に散々揶揄われた。
昼飯を食べた食堂の小母さんが気の毒がってゴム長を貸してくれた。
奈良、大阪にまさか雪の積もる山があるとは夢にも思わなかったのだ。
山中で雪にまみれて集めた小枝は能の小道具“しもと”に今でも有難く使っている。

葛城
「松が枝添えて焚こうよ」“しもと”を焚き山伏達を暖める山住の女


能「葛城」の詳しい解説はこちら

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top