FC2ブログ
09.28
Sat
IMG_7250.jpg
美ヶ原高原 令和元年9月5日写す。以下同じ

美ヶ原高原は松本市の東にある高原。
名に釣られてか度々訪れる。四季折々の花がきれい。
広々とした草原の牧場に牛がのんびりと草を食んでいる。
牧場の反対側に土産物屋、レストラン、美術館、遊園地などがあるが
これらは東京にだってある。入る気になれない。
やはり牛と一緒の美味い空気を吸いオニギリを食べ、きれいな花を探したい。

IMG_7241.jpg
ウメバチソウ(梅鉢草) ユキノシタ科

見晴らしのいい草原に咲いていた。水気を好む花だと聞いていた。
辺りを見回し数回首を傾げた。水などなさそうな草原だった。
ここは高原、霧もかかれば雨も降る余計な心配だろうと独り合点。
真っ白で草丈にしては大ぶりな花が目を引く。
家紋の“梅鉢”からの命名だという。
梅鉢草は江戸初期の書物にも登場するそうだ。日本人好みの花。

IMG_7236.jpg
ハナイカリ(花碇)リンドウ科

全草薄緑、少し黄色がかった花、よほど気を付けて見ないと
花だかどうだかわからない。少し大げさかもしれないが。
神様がお茶目に作ったのかも知れない。
花が錨の形、名付けて妙。野草好きには応えられない花の一つ。

IMG_7244.jpg
マツムシソウ(松虫草)スイカズラ科

透き通るような薄紫の花びら。花の姿が魅力的で胸飾りにしたいと
思うのは女性だけではないと思う。
マツムシソウの名の由来は色々あるようだ。
花弁が松虫の羽根に似ているからの説。
これに反論、松虫が鳴くような草むらに咲くからという学者の説を読み
思わず噴き出したことがあった。一休さんの上をいくナ~と。
坊さんが読経の時に叩く松虫鉦に花が散った坊主頭に似ているから
の説には成程と頷く。松虫鉦はチンチロリンと鳴る。
だがやはり松虫の羽根説がいいナ。
松虫の鳴く音を聞いていると、物悲しく色々あったナ~と在りし日が
思い出される。貴方も思い当たる節がありますよね?とはヤボ。

寂しくもの悲しい情景描写には松虫の鳴く音が断トツに相応しい。
能「野宮(ののみや)」で六条御息所は、昔を偲んで“露、打ち払い訪われし我もその人も、
ただ夢の世と経りゆく跡なるに、ただ松虫はりんりんとして風茫々たる野宮の
よすがら”と謡う。

能「野宮」は源氏物語「賢木の巻」の物語。
無意識のうちに彷徨い出た御息所の生霊は恋敵の光源氏の正妻、葵上を襲い取り殺す。
しだいに気付くとこととなった御息所は煩悶の末、源氏との恋を諦め精進潔斎の
娘宮に付き添い野宮に籠る。
長月(旧暦、九月)七日、光源氏が野宮に御息所を訪ねる。
光源氏は優しい男なのだ。御息所への愛は去ったが御息所の心中を思いやり訪ねる。
当時は都の外れの超田舎、遥々貴公子、光源氏は訪れたのだ。
死後も御息所の霊は長月七日の日、あの世からこの世の野宮に甦り源氏を偲ぶ。
御息所の生来の強い気性、元皇太子妃としての自尊心、諦めても猶付きまとう
源氏への恋慕が絡み合いこの能「野宮」は語られる。

野宮を訪れた僧に「行方も知らぬ御事なるが来たり給うは憚りありとくとく帰り給え」
“何処の誰とも分からぬ人が来るのは憚りだ帰れ”
御息所の激しい気性を見せる。
クセでは源氏との出会い、源氏との恋を諦め娘宮に付き添い伊勢神宮に
下った経緯が源氏物語「賢木の巻」の文章を採り入れた美文で語られる。
前場はしっとりと御息所の心情が語られるが後場はガラリと変わり
御息所の狂気の様をも見せ語られる。在りし日の高貴な姿で現れた
御息所は“車争い”の恥辱を語り妄執となったと僧に助けを乞うが、
心を鎮め長月七日を回想して舞う舞が哀れを誘う。
再び気は嵩じてあの世とこの世を行き来する自分を伊勢の神は
許さないだろうと哀れを舞い、留める。
「火宅の門を出でぬらん」留めの詞章が過酷に迫る。

野宮
「伊勢の内外の鳥居に、出で入る姿は生死の道を、神は受けずや思うらんと」
生死の道に迷う苦しみを見せる御息所

能「野宮」の詳しい解説はこちら


comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top